リピートしたトリーツ:Tucker’s Carnibar

トリーツは作ったほうが安上がりなのでほとんど買わないんですが、Tucker’s Carnibarというのを最近リピートしました。

初めは、パッケージと値段(3ドル台だったかなぁ?)につられて買いました。

ユニークなのは、トリーツではなく低温乾燥のドックフードをバー状にしたものです。

1パッケージに2枚入っています。

アメリカらしいパッケージでアメリカ製を売りにしているようです。ビタミン類のサプリも中国製が入らないように気を付けていると書いてあったけど本当かなぁ。まぁ、そこ信じてくれというパッケージなのかなぁ。そこまでチェックする客層を狙っているってことなのかも。

でも、これを食事に使っている人いるのかなぁ?このままでも、水でふかしてもよいそうです。

うちでは、トリーツとしてチビチビ使ってます。

ナイフで切らなくっても、手で1cmx5mmぐらいの大きさ(ケチとワンズから苦情きそうですが)にできるので便利です。ちょっと脂っこいです。

ココとジェイクの反応も「ちょっと特別」ってかんじで良かったです!

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

ジェイクの弱点

人間でも怖いカミナリが真横に落ちても平気なジェイクにも唯一の弱点があります。

[おっさんが庭にいるジェイクをみていたらしいけど、カミナリにびっくりして走って家に戻ってだけで終わったそうです。]

ジェイクを家に連れてくる途中でわかったんですが、分離不安の傾向があります。

おっさんの外出中でも、遊びやおやつにはのってくるので、ハードコアの分離不安ってわけでもないと思います。

でも、何もすることがないとおっさんが戻ってこないか外をチェックします。

こんなジェイクを自転車につないで近所のお店で買いものする無謀なおっさん・・・。

お店の女の子がジェイクにトリートあげたいと外に出てみると、自転車引きずって店内に入ろうとしていたそうです。

ジェイクのハーネスはハーネス抜けしづらいやつだけど、前に一度抜けたことがあったから気をつけなきゃいけないんだけど、おっさんはそんな細かいこと考えて生きていない。

ジェイクはハーネス抜けして、おっさん探して店内に入ってきてしまったそうです。

敷地内だと離れていても大丈夫だし、留守番もほとんどないので、何も対応しないままでした。

分離不安についてもちょっと勉強しようと調べてみたら、ジェイクのは分離不安じゃなく、フラストレーションの耐性が低いタイプに当てはまるんじゃないかなぁと思いました。

自分がアクセスしたいものに、すぐにアクセスできないことで極度のストレスがかかるのだと思います。

「俺も狩りに行きたい」、でも、いけないのですぐにフラストレーションになっているのかもと思いました。

分離不安のおかげでちゃんと戻って来られる自信があるから、遠くへ探索に出る欲求も強いのかもと変に納得してしまいました。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

ケージ論争になるか!

Think Like A Horse、Think Like A Copという人気のyoutubeチャンネルを持つユーチューバーが新しくThink Like A Dogというチャンネルをはじめました。

馬もポリスのチャンネルも空間の使い方や人や馬の動きの解説の辛口批評が面白くって、犬のチャンネルも始めてくれないかなぁとずっと思っていました。

犬のチャンネルをはじめてほしいというリクエストがよく来るので、テスト的にチャンネルをはじめることにしたそうです。

いまは犬を飼っていないそうなんですが、軍用犬のハンドラーだったので、犬の経験も豊富みたいです。

期待の第一本目のビデオは「ケージトレーニング」についてです。(犬の居場所として使用するのではなく、ドアを閉めて閉じ込めることについてです。)

第一回目にこのトピックって、彼もチャレンジャーですね。

どんな動物でもオリにいれて飼うのは反対。犬がクレート大好きとか自分の信じたいことをしんじているだけじゃないか、人間にとって便利なだけという趣旨の意見です。

なぜかここ数年で急にクレートトレーニングがポピュラーになって、問題行動の対応にも、なんでもかんでもクレートが使われるようになってきて、どうしたんだろうと思っていたところでした。

おそらく、トレーニングの技術が高まってより安全にクレートが使えるようになったとか、クレート使用を認めないと犬をアダプトできないととかで動物愛護団体も半分認めているとか(反対しているのはちょっと危ない団体ぐらいです。)かなぁと思います。

動物愛護団体のサイトをみると、トイレを我慢できる時間内だとOK的な考えのようです。生理的なことを我慢させるのは虐待ということだと思います。心的なダメージが証明しずらいのでしょうね。

うちはおっさんがクレート嫌いなので、使ってませんでした。

クレートで待機させることを教えるのは特に問題はないとおもうのですが、クレートで留守番して、クレートで夜も寝るという状態はどんなに慣らしてもよくないんじゃないかなぁと思います。

まぁ、ほとんど寝てるから平気と言ってしまえばそうかもしれないけど、犬生の半分以上がクレートの中で、飼い主が犬をかまいたい時だけだすって、個人的には抵抗を感じます。

実はオンライン教室のグループでもかなり過熱したんですよね。北欧とかケージで犬を閉じ込めるのが違法の国の生徒さんたち、アメリカ人の考えについていけないようで、カルチャーショックだったみたいです。「クレートに閉じ込めなくってもよいように飼い主力を上げる努力が必要だ。」って、ごもっともだけど、犬オタクだけが犬を飼っている国と誰でも犬を飼っている国の差は大きいと思いました。

ちなみに、北欧の人たちは、いたずらとかでケージに入れないと危ない場合は、家具や飼い主がサークルの中に入って犬が自由に動けるようにしているそうです。

私は、アメリカ人のトレーナーがマジで犬が洞穴動物でクレートが大好き(Love)って言い切ったのにはドン引きしてしまいました。

クレートの外が騒がしかったり、居心地が悪い場合は、クレート内にいたほうがストレスが低いというリサーチもあったように思います。でも、それはそれで問題かなぁて思います。

ケージに頼りすぎている飼育は、健康な犬との関係を築く妨げになると思うので、すくなくともこれ標準だとか、正しい方法と勘違いしないほうが安全かなぁと思います。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

ぶらぶら散歩

月に一度ココと新しい場所へ行くという企画ですが、Do As I Do (模倣学習)で教えたトリックエンリッチメントにいれたり、2月ですでに手抜き状態になってきました。

それでも、やらないよりましだろうといつもの散歩道で行ったことない方向へ歩くことにしました。

道路だけで住宅が建つ計画が止まったような場所です。

隣接している公園も利用が少ないのでちょっと怖くって曲がったことありませんでした。

この日は金属探知機もった男性が二人・・・。

ココは、狙いを定めたような動きが多いです。

途中でUターンして、トレイルへ。

見返り美人のポーズで私の位置を確認してくれます。

反対から歩いてくる人を見つけたら、私のところまで戻ってくるように教えたいけど、ココ、ちょっと離れすぎです。

目的もなく、犬が好きなように歩く散歩が、一番簡単で有効なエンリッチメントだと思うので、今月はこれでOKとします。

次回はちょっと刺激があるようなところがいいかなぁ。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

自動販売機で商品が出てこなかったらどうする?

注意:犬の専門家でも心理学の専門家でもない、犬オタクの意見です。参考程度にどうぞ。

オンライン教室のコーチングで、「自動販売機で商品が出てこなかったらどうする?」っていう質問がありました。

日本の自動販売機だと商品が出てこないってあまりないと思うんですが、アメリカのスナックの自動販売機とかよく引っかかって出てこないことが多いです。

私は、とりあえず、自動販売機をたたくか、ゆする。でも、ガラスとか壊れないように加減するタイプです。

まぁ、これで成功したことありません。力のある男性がかなりゆすって出してるの見たことあります。

自動販売機に貼ってある住所を「けじめだ」といって書き留めている人もいました。1,2ドルでもちゃんと返金してくれるそうです。手紙出さないといけないって面倒ですよね。

私がびっくりしたのは、この質問に対して、「何もしないで、その場をさる」という人が案外多かったんです。

効果もないのに、自動販売機たたくって、案外私ってアグレッシブなのかと思いました。

出てこないことがあるから、初めから買わないという人もいるかもしれませんね。犬のしつけでいえば、ストレスを全くかけないとかこれにあたるのかも。

ストレスがかかった時の反応には個体差があるってことなんでしょうね。

みんな同じだったら、種が生き残れないので個体差はあることは自然なことでしょうが、先生のスーザンが思うよい選択は、「いつもの方法を繰り返す。(ここでは自動販売機にもう一度お金を入れてること)」だそうです。

商品が引っかかってるのがみえるタイプの自動販売機なら、もう一度お金を入れて、引っかかってしまた商品を落とすっていうのが大人対応ってことでしょうか。

でも、同じ商品2つ買うことになります。それに、販売機をゆすって成功している人をとめるのも難しいですね。

私もどうしても食べたかった時にもう一度お金をいれたことがありました。その時のモチベも関係しますよね。

教訓は、犬にもアグレッシブにならない、諦めないで、成功する確率がもっとも高い方法でもう一度チャレンジする態度を促すというお話だったんだと思います。

こういうのって個性って思われがちだけど、本当は個性ではないという、まだまだ頭をひねることが沢山です。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村