アジリティ101: 7回目 シーソー

レッスンメモです。

101の最後のクラスです。

毎週定期的にクラスに通ったので、場所や周りの犬に大分慣れて来たようです。先生のことも大好きになったみたいで、ナデナデのときも嬉しそうにしています。先生も、ココが、一回目の時に比べて、今はもっとハッピーそうなので嬉しいと声かけてくれました。

ココも楽しんでいると思うし、私も楽しいしので、家計がくるしくなってもなんとか続けていこうと思います。
1.  シーソー

シーソーが傾き始める前に犬を止まらせて、シーソーの動きが止まってから、おりるという練習をしました。

これはココにとって苦手種目になるだろうなぁと思っていました。やっぱり私のその思いがダメだったのか、他の犬たちがスイスイこなしているのに、ココだけシーソーから飛降りてしまいます。

そして、ココにだけ、先生がチーズを使いました。

トンネルがダメな犬でもシーソー平気だったりするので、ココだけ出来なかったのが残念だったけど、苦手意識もたせないようにがんばらないといけない種目になりそうです。

2.ハードル + 曲がったトンネル + ハードル (フロントクロスの練習)

フロントクロスでは、犬がいる方向をみて、移動します。

先週のブラインドクロスの練習で、間違ってフロントクロスをやっていたので、これは自然にできました。

でも、ココが速過ぎてなかなか移動できない。トンネルの出口でココとぶつかりそうで私もちょっと躊躇してしまいます。最後に一度、なんとなくできまました。

3.ウィーブ + A フレーム + ジャンプ + フープ

犬がハンドラーの右側で、ウィーブにアプローチする練習をしました。最後の方で、ちょっと乱れちゃったけど、スムーズに誘導できるようになってきたと思います。

してしまいます。最後に一度、なんとなくできまました。

4.ジャンプ+ ドラム缶 + ドックウォーク

スタート地点から、ドラム缶を回って、ドックウォークの最後にトリート皿です。

スタート地点から障害全部無視して、トリート皿に直行してしまいました。(そういうゲームじゃないんだけど)

ドラム缶の誘導がわるいと注意される。

ドックウォークに乗るときのポジションが悪かったので、ちゃんとドックウォークに乗っていない状態で、ココが走っていて、ふらふらしていると指摘される。

5.ブラインドクロスの練習

やっぱり、フロントになっているって注意される。

ブラインドクロスは、フロントより早く移動できるので、大切なんだそうです。

最後、どっちでもよいといわれてたときは、「今のはフロントだったけど、よくなってた」と言われました。

今は家での練習やってないけど、私が練習しなきゃだめだなぁ。

シーソーがんばったココにポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

 

アジリティ101: 6回目 ハンドラーの方が大変になってきたぞ

レッスンメモです。

先週休んでいたハイパーなゴールデンパピィ(1歳すぎてるけど)が今日来ていたので、ココも影響されたのかなんか落着きありませんでした。このゴールデン、ハイパーなんだけどやることはやるってタイプで結構上手です。

レッスンもだんだん複雑になってきて、私の方が注意受けることが多くなってきました。

今日、ブラインドクロスっていうのを習ったんですが、私がやっているのはフロントクロスって言われちゃって、中々出来ませんでした。まだまだ、コース全体の流れを考えて動くってことしていないから、目の前にあるものをみちゃうから、フロントになってしまう。

これは、混同しやすいので正しく覚えるようにとのことでした。

1.  ドラム缶 +  ハードル + トンネル + ハードル

ドラム缶の周りを回らせた後、私の立ち居地が悪かったので、ハードルをとばして、トンネルに向かってしまいました。

つま先の向いている位置に気をつけて、空間をあまり開けないようにしたら、すんなりハードルに向かいました。

2.ハードル + 曲がったトンネル + ハードル (ブラインドクロスの練習)

説明を理解していなかったわけじゃないけど、反射的にココがいる方向を見てしまいます。bcross

犬が右でトンネルに誘導、ハンドラーの視線は左肩ごしでトンネル出口に移動、そこで犬がハンドラーの左側になる。

私はトンネル側をみながら移動しているのでフロントクロスなんだそうです。。。

自分でもロボットみたいな動きになってるなぁって思ったけど、なんとか最後に出来ました。

私の次の女性も同じ間違いしていたので、英語力の問題でもなさそうです。

別の犬とアジリティの経験があるという女性がスムーズにこなしていました。

やっぱりハンドラーも学ぶこと多そうだなぁ。

3.タイヤ

はじめてのタイヤくぐりです。これは怖がるかなぁって心配していた種目です。

ジャンプしなくてよい高さでの練習でしたが、怖がっている様子もなくこなしていました。

案外、プライドが高く勝気なところがあるので、グループで周りのワンズがやっているのみるとこわくなくなるのかなぁ。ゴールデンパビィは何も気にした様子もなく何でもこなします。

4.Aフレーム + ハードル + フープ + ドックウォーク のコンビネーションでいろいろ

これも私が先に行き過ぎたりして、ココをうまく誘導できてないの指摘されました。

今日は、ココ、ちょっとハイパーだったので勝手にどんどん障害こなそうとして、ちょっとでも空間が開いたりすと勝手に判断して別の障害に行ってしまいます。もっとボイスコマンドに反応して欲しいけど、やっぱりハンドラーの誘導が大切だよね。

5.ウィーブ

もっとポールに近いところで誘導するように注意されました。

ウィーブはDIYで作って家で練習する予定です!

このクラスもあと一回で終わりです、私たちも含めて3組が次のクラス行く予定ってことで、なれたワンズとレッスン続けられると楽しいなぁ。

アジリティのクラスにも慣れてノリノリなココにポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

アジリティ101: 5回目 やっと写真撮れたと思ったけど、、、

レッスンメモです。

今日は珍しくおっさんが土曜日の朝起きていたので、レッスンの写真を撮るために見学でついて来ました。

おっさんはスマホのカメラのせいにしていたけど、テントの中だし、リングの外からだったのでよい写真とるの難しかったようです。この状態だとGoProの方がよかったかも、なんていったって1秒で30枚撮れるから。(今は家でホコリかぶってます)

ココはというと、5回目で場所にも慣れてきて、今日はおっさんもいたので、いつもより落着いていたと思います。

巨大テントの中なんですが、二つにわけているのでなんか狭い感じがします。

お互いの犬を接触させないように順番を待ちます。

アジリティのレッスンで一番よいトレーニングになっているのは、この待ち時間じゃないかと思っています。

初日のときに比べ、キョロキョロすることも少なくなってきました。

agility101_04

1.  トンネル +  トンネル + ハードル のコンビネーションでいろいろ練習しました。

座らせて、ハンドラーが前にでて、呼び寄せます。

agility101_03

[初心のクラスなので、ひじより低い高さのハードルを使っています]

私の場合は、「ジャンプ」などで解除しています。

普通の解除と違う点は、解除されたら飛び出すってところでしょうか、用意ドン!に似た感じだと思います。

解除の練習は家でトリート皿を使ってやっています。

[解除の練習: 座らせて、ちょっと遠くにトリート皿を置いて、Go!でトリート皿に向かって走り出す]

トンネルをぬけると視野に入るところに先生がたっているので、2つ目のトンネルに入らず、先生 (=トリート)の方へ向かっちゃいます。ココに影響されたのか、他のワンちゃんも同じことしていました。

2つ目のトンネルに向かう指示が遅いと言われました。1つ目のトンネルの中にいる時に次もトンネルと伝える様にとのこと。

途中からまっすぐ次のトンネルへ向かうよう補助で仕切りをして、ハードルを増やして、再トライ。

今回は、2つ目のトンネルもうまくいって、最後のハードルもちゃんとついてきてくれました!

agility101_01

2.ドックウォーク + 曲がったトンネル + ハードル

あまり記憶に残っていませんが、今日は初回からミスなしで出来ていました。

写真もビデオもなかった。。

3.ウィーブ + フープ + Aフレーム のコンビネーションでいろいろ

ウィーブは誘導で練習しています。これは、家でも練習しないと難しそうです。

フープは問題ないと思っていましたが、犬にとっても人間にとっても存在の意味が分からないからか、フープをとばそうとします。

ドックウォークやAフレームでは、いつも勝手に走っているとおもっていましたが、ビデオでみると私がついてきているかチェックしているのが分かりました。

agility101_07

私が焦って速く行こうとするから、ココがそれに影響受けて必要以上に速く行こうとするから、もっと落着いてと注意されました。

[このあたりで注意に耐えられなかった人が退場してしまいました。いじめだったわけじゃないとおもうけど、クラスに入るときや順番待ちの時も注意受けていて、つらかったのかも。ネガティブにならないでと先生に言ってました。]

Aフレームの下りで止まる練習。

agility101_02

綺麗なタッチにならないんですが、飛降りていないのでよしとします。

私、ココに遅れをとっています。笑

おっさんは寒いと文句言っていましたが、私はちょっぴり汗かいて暑かったです。

私はクラスがすごく楽しいけどココも楽しいかなぁ~、競技の初心ぐらいのレベルまでいけたらいんだけどなぁ。

これからもアジリティがんばってのポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

 

アジリティ101: 4回目 難易度が上がったぞ!

レッスンメモです。

急に難しくなったので、メモ書くの大変になってきました。

今回のクラスのメンバーは犬もハンドラーも出来ているから、ちょっと進みがはやいとのことでした。

私が会社で嫌なことがあって、気分が↓だったので、朝からココもちょっと挙動不審でしたが、クラスはなんとか楽しめました。

でも、優等生と思っていたココが今日は曲がったトンネルに手こずってました。

1. 曲がったトンネル + 曲がったトンネルハードル + ハードル + ドラム缶 いろいろコンビネーション変えて練習しました。

曲がったトンネルに入るのは問題なかったので出来たと思って、出口のほうへはしったら、入り口から出てくることが何回かありました。 あと、ドラム缶の周りを回らせる誘導が中々出来なかったです。はじめ、後ろ向きに歩いちゃったので注意されました。

結構いろんなパターンを練習しました。

2.ハードル + Aフレーム + トンネル これもいろんな組み合わせで。

どうするのか忘れているのか、毎回一回目は近道しようと途中で飛び降りてしまいます。 慣れたらだんだんできるようになりましたが、今日はトンネルが難しかったです。 私の誘導も悪いみたいです。

3.ドックウォーク

2回目からちゃんとできました。

4.ドックウォーク + ハードル + Aフレーム + トンネル

一匹づつリングに入って、通しで練習しました。ドックウォークとAフレームにトリート皿が置かれいたので、そこで一旦停止させてやりました。 今日は、1回しかやらなかったけど気持ちよいぐらいにスムーズにできました!

6.ウィーブ + トンネル

初め誘導に手こずりました。トンネルに誘導するときのタイミングを注意される。もっと前で次はトンネルですよと教えないと、入り口のところで言われてもなかなか入れないとのことでした。 注意されたとおりにやったらすんなり入ってくれました!

今回は勝手に走り出さないように注意しながらやりました。 でも、今日はあっちこっちいってなんか落ち着きないココでした。私の気持ちがわかってのかなぁ?

スムーズに通しでできたココに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

アジリティ101: 3回目 用意ドン!

レッスンメモです。

今回は、オスワリかフセで待たせて、ハンドラーが前に出てから、指示を出すという練習が加わりました。

1. ハードル + ハードル + テーブル

解除されるまでちゃんとオスワリで待てたので、花マルです!でも、ハードルを飛ばないで、横に回ってしまいました。 ハードルと私の立っていた位置がちょっと開いてたからと注意されたので、やり直ししたら、後はスムーズに出来ました!

興奮しすぎてマテが出来ないからってマテをさせない人が注意されていました。そのワンちゃんもちょっと時間かかったけど、レッスン中に出来るようになっていました。 これは家で合図で走り出す練習をしていたので、ココは出来ていたほうかなぁ。

2.ハードル + 90度曲がる + ハードル + ハードル + テーブル 

初めの練習で要領をつかんだみたいで、問題なく出来ました。 ちょっと心配なのは、障害ははずしてないけど、自分で勝手に走っている感じもします。 出来るだけ、合図のタイミングをはずさないように気をつけました。

3.ウィーブ

前行っていた教室では、ポールずらしてトリート皿を途中において練習していました。 ここでは、食べ物使って誘導で教えていました。 これは、一番練習がいる科目のようです。2年かけても出来ないワンちゃんもいるとか。

犬は人の感情をすべて知ってるから、苦手意識を持たないで、楽しくを心がけましょうというアドバイスでした。 (先日みたドキュメントでも、犬が人の感情を読めるという話をしていました。犬ってすごいですねぇ~。)

4.ドックウォーク

ココ、フライボールかって言うぐらいやる気満々で前に出ようとするので、中々私が前にでるのが難しいです。 一回目は、最後の方でドックフォークから飛び降りて、トリート皿目指していました。でも、すぐに戻ってきて、ドックウォークを反対に走り出したりしていたので、怖くて飛び降りたというのでもないそうです。 ドックウォークの途中にトリート皿を置いて、一度とまって降りたら、次回からはうまくいきました。

5.Aフレーム

これも一度目は避けていましたが、2度目からはうまくいきました!

6.フープ

こんな感じです(写真借り物です。)
こんな感じです(写真借り物です。)

あまり面白みを感じない障害ですが、これを使っているアジリティ団体があるみたいです。大きなゲートボールぽい感じです。ジャンプなしで、遠隔で指示に従っているのを見せるものなのかなぁ、たぶん。

問題なくクリア!

7.フープ + Aフレーム

ちゃんと待たないで、走り出してしまいました。

ココは、ハンドラーが追いつけないぐらい速くなるから、私が前に出るようにがんばれといわました。 「(ココは)私のことをとてもよく聞けているから、流されないで、先に出たらやり直しさせるように」と注意されました。 傍からみて、ちゃんと聞けてるっておもわれたのはうれしい!

8.ウィーブ

3番と同じ練習の繰り返し。 これは自宅で練習法を考えないと。

今日は、中で小をしそうになったので、Noって言っちゃいました。 屋根があるし、室内と思っているかなぁと思っていたけど、やっぱり、地面だからり室内という感覚がないのかなぁ。 でも、間に合ったので中ではしませんでした。ホッ。

それにしても、ココが予想以上にがんばってるので、私がもっとがんばらないとなぁ~。

いつもよいこのココに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

アジリティ101: 2回目 優等生かも?

レッスンメモです。

新しい教室になって2度目です。今日はソワソワした様子もなく、早く建物の中に入りたくってエキサイトしていました。小するのも忘れてるみたい。

早く建物に入りたくって仕方がない様子で、グイグイひっぱるんですが、なんだったんでしょうか?

おやつ狙いなのか、障害こなすのがすきなのかわかりません。まぁ、楽しんでいるようなので動機については深く考えないようにします。

1.ハードル + トンネル +ハードル

トンネルを少し曲げて、反対側が見えなくなりましたが、一度も躊躇することなく、駆け抜けてました。私もちゃんとコマンドを出すことを意識して練習できました。今日のこの練習は楽しかった!

2.シュート

トンネルのように出口をあけて反対側からハンドラーが顔出して呼ぶっていう練習からはじめました。何度か出口をあけた状態で練習して、出口を開けないでも練習しました。これは初めてなので、怖がるかなぁって心配でしたが、出口の辺りではちょっとスローダウンしてましたが、怖がらないで出来たのでよかった!新しいものにも慣れるのがはやくなってきたのかなぁ。

もしかしたら小されるかもって思ったので、外へトイレ休憩に出ました。(中でやっちゃうと土を外に捨てて匂いけしみたいなのもかけないといけないので面倒。) トイレが終わると早くクラスに戻ろうとしてドアめがけて走り出してました。やっぱりおやつの機会を逃したくないのかなぁ。本当、すごいフードドライブ。戻ってみるとコリーが中でやっちゃったみたいで、飼い主が後片付けにおわれてました。よかった、外にでて。

3.ドックウォーク

やっぱりこれが得意種目になるのかなぁ。私が意識して早く走らないと追いつかないぐらいのスピードで走りってました。先生に、もっと早く走るように私が注意される。低い高さからはじめて、高さを変えても練習しました。途中で降りちゃうわんちゃんには先生が補助したりしてたんですが、ココの時は補助なしでトリート皿だけでした。高くしてははじめてでしたが、なんかやる気満々でトリート皿目指してました。

4.Aフレーム

一度目はスムーズに行きましたが、上り下りが面倒ってわかったのか、2度目から横から行こうとしました。トリート取られないようにしてやり直し。他にも横からいこうとするワンちゃんが多かったです。

練習を続けているうちに私の集中力も落ちたのか、ココが高いところから落ちてしまいました。先生に私がリード放したからと注意されるが、私も無意識にやっちゃったみたい。ココを捕まえようとしたけど、反対側からAフレームに勝手に登ろうとしているので、呼び戻したら、また先生に注意される。半分以上登っちゃってるから、そのまま続けさせた方がよかったってことでした。落ちたの見て怖くなったのは私のほうみたいで、ココはその後も平気そうに続けていました。

今回は、私もうっすら汗かきました。

クラスには関係ありませんが、隣で教えていた先生に、ココのこと、ケルピーかって聞かれました。ケルピーに見えるけど、ボーダーコリーミックスですと答えると、「ケルピーよ。」って断言してました。(笑)

DNAテストやった会社にメール出してみようかなぁ、オーストラリアのデータベースでテストをやり直してもらえるという噂も。

先生にいっぱい褒められて優等生なココに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

 

アジリティ101: 1回目

レッスンメモです。

前から興味のあったアジリティスクールでやっと週末のレッスンが出来たのでまたはじめのクラスからはじめることにしました。

温室ハウスみたいなところで、下がマットではなく地面です。(外と間違えてトイレしないかちょっと心配です。)

前回行ったところは、道具ごとに敷居があって、生徒も少なくって貸切状態で練習してましたが、ここは定員6組ちゃんと来ていました。(キャバリア、ゴールデン、オーストラリアシェパード、コリー、オーストラリアン・キャトル・ドッグに雑種ココでした。)

今日は初回ということで、注意ごとや自己紹介などゆっくりとしたペースでした。

キャバリア君が経験者ということで、お見本役で小型犬が一生懸命走る姿が可愛かったです。

他の犬に挨拶させないよう並びながら自分たちの番を待ちます。

1.ハードル + ハードル + テーブル(トリート皿)

トリート皿が登場した途端、リード抑えるのが大変なぐらい興奮して大変でした。リードを持って練習していましたが、速過ぎて離してしまいました。

2.トンネル

先生が犬を押さえて、飼い主が反対側から顔を出すのからはじめました。私の顔見たら勢いよく走って来てくれました!次は、反対側にトリート皿で飼い主と一緒に走ってトンネルぬけ。他の犬がやっているのをみるのがよい影響になっているのか、食い意地なのかわかりませんが、これも躊躇することなく勢いよく走ってくれました。走るのが増えたからか、この辺りから、しっぽフリフリに。

オーストラリアシェパード、トンネルを抜けて大喜びで飼い主に飛びついてました。何が嬉しいのかわからないけど、かなりエキサイトしていました。

キャトルドックがちょっと神経質みたいで、飼い主も年配の男性で静かな人だったので、いろいろ注意受けてました。カップルも女性がハンドルしていたし、高い声で褒めたりするの苦手なのかなぁ。

私もトンネルの反対側の狭いところを走って注意される。

次は、反対からアプローチ。これもノリノリでこなす。どうしたんだろう?トンネルは毎回練習しなおしだったんだけど。

3.ドックウォーク

反対側にトリート皿で、はじめは首輪をおさえて、練習。ココが速過ぎて、最後の方で落ちちゃいました。私ががっかりしたのがわかったのか、先生が、リードを長くするか、リードなしにしたら大丈夫だからと声かけてくれました。次は、ウォークの途中にもトリート皿を置いて、一度止まって降りるようにしたら、うまく降りることが出来ました。

リードなしでは、私が追いつけないぐらいのスピードでトリート皿を目指していました。(汗)

コリーが飼い主の歩調に合わせてゆっくりあるいているのが綺麗だったけど、歩行練習のやり過ぎて走れなくなっちゃったのかなぁ。それに比べ、ココ、ワイルド過ぎるかも。落着きなし。

先生がトリート皿にトリートを置いてくれたので、大量に用意したトリート、ほとんど使わずに終わりました。

順番待ちもあるので、実際に動いている時間は少なかったけど、その時間をちゃんと落着いて待つよいトレーニングになると思います。今日は始めての場所ということもあって、興奮しすぎで、大変でした。

他の犬に挨拶したい、トリート皿を常にねらっているわで、リード引きまくってチョークしてました。

フライボールもいけるじゃないかと期待させるほと、ハッスルモードのココでした。

クラスの最後に配られたプリントでよいこと習いました!トンネルの発音が難しくって中々声出せないでいましたが、トンネルのコマンドの例としてTunnel / Through / Pipe が出ていました。パイプ!これなら簡単。もっとちゃんと声だすぞ!

トンネルを駆け抜けたココに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村