アジリティ102: 7回目

レッスンメモです。

クラスで使うトリーツ、チキンばっかりでマンネリ化したので、鶏レバーちょっとたしてみました。

treats

ココは何でもいいみたいですけど。(汗)

102の最後のレッスンです。みんな一緒に103に行くみたいなのでよかったです。かといってクラスの人と交流はしてないんですが、犬たちはお互いなれている感じがします。

今日は、私が注意されてもなかなかできなくって、時間を使いすぎてしまってプレッシャーを感じました。右左も間違えて恥ずかしかったです。2回言われないとわからないって、なんかココと同じだったりします。

注意されたとおりにやるとすんなり出来ちゃうので、失敗は95%ハンドラーの責任と言われるのもの納得です。

1. ウィーブポールの練習

agility102_7-1

前半のウィーブポールを中心に練習しました。家では誘導なしで練習していますが、クラスではフードを使って誘導しています。まだ、正しいエントリーが確実ではないです。でも、先生は、ウィーブポールで何をするかココは理解していると言っていたので、これは地味に自宅練習を続けようと思います。

このコースで難しかったのは、スイッチのところです。私がココの前に出てから、スイッチというから、ココの進む方向を邪魔して、ジャンプできなかったみたいです。(落着いて考えれば当たり前ですが)

2. コースの確認、長めのコースの練習

agility102_7-2

リードをポールにくくりつけて、ハンドラーだけで、コースの確認をしました。

私は確認しているフリしてただけですが、もっと自分でここはクロスだなぁとかコースをみて判断できるようにならないとだめなんでしょうね。私がついていけなくなって、ドロップアウトするってことがないようにがんばらないと。

注意受けたポイントがちゃんと出来れば、スムーズについてきてくれました。ハンドリングが悪いとコースから外れたり、止まっちゃうので、自分勝手に走っているようにみえても、ちゃんとハンドラーのことを細かくみているんですね。

コースが長くなって、楽しくなってきましたが、暑くなってきたし、走るのがしんどいです。

来週から、新しいクラスです。また、がんばらなくっちゃ!

走る距離がのびて、ハイパーになってきたココにポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

アジリティ102: 6回目 ジャンパー

レッスンメモです。

今日は、ハードルを使ったコースが多く、テンポよく楽しそうに飛んでいたので、「ココはジャンパー」だなぁとみんなから言われました!見学に来ていたおっとりラッシーママからも、「前見たときより、上達がみえる。」って声かけてもらえました。ママさん、「うちのこ、遅いわね、、」ってぼそり。そこが魅力ですとつっこみたいところでしたが、家では走ってるのか?

ココのやる気が出てきたのはよいことですが、それで、ステイがまた弱くなってしまい、先生に抑えられという補助つきのステイになってしまいました。

1. クイックターン

agility102_6-1

トンネルから出てきてすぐ横にあるドックウォークへ誘導する練習です。

一番の問題はスタートの時のステイで、クイックターンはかっこいい!!って思うぐらいよくできていたと思います。

2. スイッチの練習

agility102_6-2

スイッチの意味がいまいちよくわかりませんでしたが、私が落着いたハンドリングをすればちゃんとついてきてくれました。

難しいのは、2つ目のハードル後、遠くにあるトリーツが犬の視界にはいるので、それを無視して、ハンドラーの指示にしたがうという点です。

おっとりラッシーちゃん、何度もトリーツの方へ走っていっちゃって、ハンドラーが「トリーツ」っていって気を引いていました。これがすごい効き目でした。

ココも、1度トリーツの方へ走っていきましたが、近道してもトリーツがないとわかったらちゃんと私のほうへついてくるようになりました。あせって走らないようにって私が何度も注意受けてしまいました。

3. ハードル

agility102_6-3

ハードルばっかりで楽しかったのか、とてもスムーズによくできたと思います。

走る距離が伸びてきたので、トリーツの回数も減ってきて、先週と同じくトリーツ半分の量で大丈夫になってきたようです。

アジリティの練習がんばってるココにポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

 

アジリティ102: 5回目 トリーツ減量してみました

レッスンメモです。

今までは、レッスンの日はトリーツ分を差し引いた朝ごはんでしたが、今日は、朝はいつもの量でトリーツを半分にしてみました。いつも通りかなぁと思ったけど、他の人のところにオネダリ(汗)に行ったりしていたので、トリーツの出し渋りしていると気づかれたかも?

トリーツを減らして、出来るだけ、褒め言葉を取り入れようと思いましたが、なかなかそこまで気がまわりませんでした。

1. Go On の練習

agility102_5-1

直線で犬のスピードにハンドラーがついていくのが難しい時に、「Go On」と言って、今やっていることを犬だけで続けさせます。

先生が一番最後に立っているので、それに背を向けてスタートさせるのが難しかったです。

一度、集中するとスムーズに出来ました。

2. リードをとってスターする練習

agility102_5-2

説明聞いていたつもりだけど、順番待ちしてる間にすっかり忘れてしまって、リードをとらないでスタートして、ココに置いてきぼりをくらいました。先生に、二つ目のフープ辺りから始めるように注意されて、「あっ!」と思い出しました。これって、その練習だったんだと。。。

3. フロントクロスの練習

agility102_5-3

この練習を始める前に、先生がみんなに質問をしていて、私は質問も答えもよくわからなかったので、「なんにしろ、私はいつも一つの方法しからやらないからねぇ。」なんって答えたら、「(ココみたいに)早い犬相手だとハンドラーも動転しやすいから、難しいけど、なかなか出来ているわよ」なんって励ましをもらっちゃいました。

1回目は、頭が真っ白になって、方向感覚失ってしまいました。ホレ、ホレとめちゃくちゃながらも、ハードルを指したらすべてこなしてくれました。2度目辺りから先生が気になり始めたみたい。

2つ目のハードルの後のトンネルに近づきすぎているといわれました。ココは、独りでトンネルの方へ行っているから、トンネルの側まで付き添わないで、クロスで反対側に走って、出てくるココを迎えないといけません。トンネルも短いの焦ってしまいます。

4. リアクロス

3番に、もう一つハードルを追加して、リアクロスの練習です。結局、みんなできていなかったのか、はじめの説明と違うことをやっていた気もして、何やっているのかもう一つつかめませんでした。

ココは走れて楽しかったみたいです。

今日は、トリーツはいつもの半分もあまってました。

トリーツ出し渋り反対のココにポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

アジリティ102: 4回目 はじけたぞ

レッスンメモです。

代理の先生やお休みがあったので、3週間ぶりにあった先生に、フレンドリーに挨拶するココ。先生からも変わったねと言われました。

私のほうは、一週間の疲れがどっと週末にでて、お疲れモードで先生の説明もちゃんと聞けてなくって、走る順番が覚えられなかったりとダラダラとしていました。ココはというよと、今日は指示が出る前に走り出したりと、独りで爆走して楽しんでいました。

先生から、散歩中に練習して、ディストラクションがあってもちゃんとステイ出来るように練習するよう注意されました。レッスン中に、トリート使ったりして、私の体が動いても動き出さないようにちょっと練習したら、最後の方にはましになりました。

1. 遠隔でのハンドリングの練習

agility102_4-1

ハンドラーから離れて、犬だけで障害をこなす練習です。腕を平行に手のひらを見せて、離れてと指示します。そして、ハンドラーの位置に戻して、トンネルの方へ送ります。

遠隔といえば遠隔だったんですが、初めから独りで爆走してました。汗

方向転換させて、トンネルへ誘導するのはまぁまぁ出来ました。

2. ドックウォークへのアプローチ

ドックウォークは幅が狭いので、正しい角度でアプローチしないと、ドックウォークの上で修正できなくって落ちちゃうことがあるので、正しい角度でアプローチすることが大切だそうです。

トンネルから出てきて、直角で曲がってドックウォークですが、トンネルでスピードがついているので正しく誘導するのが難しかったです。

先生から、「easy」といってスピードを落とす練習をするように言われました。

[散歩中に歩くスピードを変えて、easyと言ってゆっくり歩いてeasyの意味を教える]

3. 障害の区別の練習

agility102_4-2

ジャンプの後、ハンドラーが指示した障害へ向かわせる練習です。

トリーツがもらえるのはAフレームなので、大概の犬はAフレームを選ぶそうです。ちょっと難しく、トンネルへ向かわせる練習からはじめました。

ココはもちろんAフレームに向かいました。おっとりラッシーちゃん、いつもAフレームは苦手そうなのに、彼女もAフレームへ行ってました。今日は、Aフレームにトリーツが置いてないとわかったら、トンネルに向かうようになりました。

ここでも今日は勝手な行動が多かったんですが、一度だけ、トンネルに向かいそうになった時に「Aフレーム」といったら修正してAフレームに向かったのには驚きました。案外言葉覚えててたんだなぁ。

4. ウィーブポール

先生から、「家にウィーブポールあるの?練習しているのがわかる。」って言われたぐらい練習の成果が出てきました。自宅練習これからもがんばろう!

はじけるほどアジリティが楽しいココにポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

アジリティ102: 3回目

レッスンメモです。

今日のレッスンは代理の男性の先生でした。

落着いた口調で話す人だったのでちょっと退屈に感じましたが、説明や注意がテクニカルだったので勉強になったかなぁって思います。

1. トンネル +  フープ +  ネット+ フープ + トンネル + ドラム缶 + トンネル

Outといって、犬だけちょっと外に出して、ネットの周りをシャープにターンするのが練習のポイントです。

agility102_3-1

なかなかスムーズにできたとおもったけど、コマンドのタイミングを少し早くと注意されました。

ちょっともたついたところもありましたが、私の手をちゃんとみて障害もこなしていました。

2. トンネル + フープ + Aフレーム

Aフレームのアプローチの練習です。どんな角度からアプローチしても、Aフレームの真ん中にのるように犬自身が調節できるようになるのが理想です。

Aフレームの最後に先生(=トリーツ)が立っていると、そっちが気になるので、ちがう方向に向かわせるのが難しくなります。

フープとAフレームの間にトリート皿を置いても、フープをスキップして、Aフレームに向かっちゃいます。
(フープって無視されやすい、、、) 先生がAフレームへのターンの位置に立ってやっとわかったみたいです。

Aフレーム降りてきた時のタッチは、前よりよくなっていました。

3. ウィーブポール

自宅練習の効果がちょっとみえてきたかもって思いました。

先生も、ウィーブポールのコツは「練習」だといっていました。これが一番好きな種目になるぐらいの気合が必要みたいです。ウィーブポールをみただけで、勝手にやっちゃうぐらいまで練習が必要なんだろうなぁ。

ココの番になって、リードを外したら、ドックウォークの方へ走っていって、勝手にドックウォークやってました。今日のレッスン、ちょっと走り足らなかったのかなぁ?(私は充分走ったんだけど)

ウィーブポールがんばってるココにポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村