犬用音楽療法CD ドライブ版

車が苦手なココのために、「犬用音楽療法CD ドライブ版(Through a Dog’s Ear: Driving Edition)」を入手しました。

Through a Dog’s Ear: Driving Edition

苦手克服 音編にでてきたJoshua Leedsプロデュースのものです。

犬の音楽療法ってなんか胡散臭い感じがしたんですが、音楽療法にも興味があったので、ジョシュアさんのことも調べてみると、自閉症などの音楽療法の専門家で、彼のスピーチをみて職人肌で信じてみたいと思わせる人だったので購入を決めました。

ジョシュアさん自身も犬用の音楽なんかつくって自分のキャリアに傷がつくと心配だったそうですが、現代の人間社会の音環境が犬に大きな影響を与えていることに気づいて気持ちが変わったそうです。犬たちは「助けて!」と助けを求めている、自分の持っている力で10%、20%の犬を救うことができれば何もしないよりはよいと、犬用の音楽の開発に使命感を持つようになったようです。

音楽も人用のものを横流しにしたのではなく、一からシェルターの犬を使って効果を見ながら犬用に作られたそうです。このあたりでCDが欲しくなりました。

ジョシュアさんの「音楽が犬に与える影響」についてのインタビューが日本語訳になっていました。ちょっと長文ですが面白い内容です。

犬は、車のアラームがなってるから、その音の意味はなんだっていう答えが出せないので、答えの出せない音がどんどん頭にたまって神経システムに過度のストレスを与えているという見解がとても斬新で新鮮に感じました。

都会だと、音が怖いというより、音データがどんどん入ってくるのに処理できないのでストレスになるというのはわかるような気がします。

ジョシュアさんの犬用のCDの中では、Through a Dog’s EarのVol.1が一番評判良いみたいだったんですが、ドライブ版を見つけたので、今回はドライブ版のほうにしてみました。

カスタマーレビューみると犬が怖がったとか書いてあったのでちょっと心配でしたが、家で試しにCDをかけてみました。

テンポが速くって、ちょっと怖いところありました・・・。

そして、長距離のドライブに出るときに試そうとCDをそのままにしていたんですが、机の上を整理しているときにふとCDに付属していた説明書を読んでみると、CDの使い方が詳しくかいてあるじゃないですか!!!

車が苦手な犬は、自宅でCDの最後に入っている練習用の曲で練習しなきゃいけなかったみたいです。ジョシュアさんもこんなに細かい仕事してくれていたのに、ごめんよココ。

スマホに練習曲を入れて、昼寝の時にかけてみました。

ジェイクはベットの上で爆睡(音楽は関係ないと思われる)、ココはベットの脇にいて20分ほどの曲が終わったとたんにベットに飛び乗ってきました。もう、どういう意味?音源に近づきたくなかったのかなぁ?

ドライブ中の効果はまだ試していないのでわかりません。

Vol.1は人も聴きやすい曲だなぁとおもったので、こっちのほうも買ってみようか検討中です。

サンプルも14分近くあるのでおすすめです。

Vol.1のサンプル(犬用): Joshua Leeds and Lisa Spector – Through A Dog’s Ear Vol. 1 (90-Second Sampler)

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

苦手克服 音編

注:素人飼い主の覚書です。情報の検索の短縮程度に思ってください。

サービス犬を育てる団体を運営していて、新しいトレーニング法を提唱している人の本で、iCalmという商品が紹介されていました。

犬をリラックスさせたり、人との関係を強めるもの、分離不安対策、音フォビア対策用の音楽が入っているペット用のiPodのようなものだそうです。

ユニットだけだとそんなに高くないんですが、ソフト(音源)をそろえるとかなり高額になります。

同じ開発者が出しているCDもあるようです。

サンプルファイル(犬用): Joshua Leeds and Lisa Spector – Through A Dog’s Ear Vol. 1 (90-Second Sampler)

こういう商品の効果ってどうなんでしょうね?サンプルファイルのコメントは、効いたというコメントのほうが多かったです。花火の時にもきいたというコメントも数件ありました。

どこからのデータが分からないですが、150頭対象にテストしたろこと、シェルターでは70%、家では85%の犬に効果が見られたということです。普通のクラッシック音楽と比べて2倍の効果があるという宣伝文句です。

植物でも音楽の影響を受けるともいわれているけど、人の信じたい気持ちの問題もつよいかと。

youtubeにもペットのための音源があったので、ココとジェイクでためしてみましたが、音楽にはあまり反応しませんでした。ココはTVも観ないし・・・

犬のためのTVも、いろいろツッコミどころはあるかもしれませんが、ココより私のほうが一生懸命観ちゃいそうです。苦笑 出てくる犬がちょっと緊張しているようにみえるんですが、どうでしょう?

サービス犬のトレーニングを受けている犬たちがすぐに寝るというのも、音楽のだけの効果というより、音楽が寝る時間ですよという合図として覚えたからかなぁとも思います。

[追記:犬のためのTVのプレイリストをかけっぱなしで昼寝して起きたら、ココも温泉から出てきたような雰囲気になってました。音楽の影響でしょうか?]

分離不安のための音楽

犬をリラックスさせる映像と音楽のリスト(犬のためのTV):

苦手な音に慣らすための音源リスト:(犬を怖がらせないように音量は調節する必要があります。)

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

トレーニング用シャツ

トレーニング用に、こういうスタイルのシャツを探していました。

手ぶらで犬の散歩するのにもよさそう。

トリーツバックをつけるのが恥ずかしい男性にもよいかも。

出来れば、ウエットなトリーツを入れても大丈夫なように取り外せるライナーをつけて欲しかったなぁ。

でも、大人がこうやっておもちゃ隠し持つってなんか恥ずかしいかも・・・。

また、アジリティはじめたら欲しいかなぁ~。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村