シニア前に出来ること

シニア前の犬フィットネスのウェビナーをとりました。

どうしてシニア前かというと、シニアになって体の機能が衰えてからでは機能を回復させるのは難しいので、シニアになる前にフィットネスを始めるのが重要なんだそうです。

今まで、フィットネスにはあまり興味なかったんですが、車やベットの乗り降りなど一生機能をたもてるものだと言われたら、なんか興味がでてきました。

リスの匂いを追うココ

具体的な年齢には触れられていませんでしたが、おっとりしてきて、若い時ほど運動させる必要も感じなくなってきたころがシニア前とされていました。

マッサージや触感を使った合図を教えたり、室内でのフィットネス運動と野外で出来る運動などの説明がありました。

触感を使った合図は、目や耳の機能が落ちる前なら、すでに知っている言葉やジェスチャーの合図から簡単に教えられるという利点があるそうです。

野外での運動は丘や階段を昇ったりなど散歩中に取り入れられそうなものが多かったです。

室内の運動は、ターゲットや競技スタイルの「スワレ」」「フセ」など教えないとできないものが多かったので、精神面でのフィットネスにもなるようです。

ココにもジェイクにも難しそうなものがあったけど、頑張ってみようね~。

フリーのebook: ゲームベーストレーニング

Naughty But Nice (NBN)というゲームベーストレーニングのebookがフリー配布されていました。

ファーストネームとメールアドレスだけでOKでした。メールアドレスの確認はありました。

Optimism Rocks Free Book

24ゲーム含まれていたのでフリーにしてはなかなかのボリュームでした。

リコーラーのスーザンの元生徒さんかなぁともおもったけど、評判を調べたらスーザンの方が上だという評がおおかったです。(苦笑)キャラクターもスーザンの方が濃くって人を惹きつけるかなぁ。考え方的にはこっちのほうが受け入れやすいと感じました。

トレーナーのTom Mitchellさんは、ドックトレーナー、ビヘイバリスト、獣医師という肩書です。

メソッドも今私が考えていることと方向性が同じで受け入れやすいです。

脳神経科学を絡めているところもいいなぁと思いました。

これからは、脳神経科学者が犬のトレーニングに参入してくれるといいなぁと思います。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

The Fenzi Dog Sports Academy: 遊び

オンライン教室の紹介でもちょっとふれたThe Fenzi Dog Sports Academyのクラスをとりました。

Fenziさん自身が教えているFE101: Relationship Building Through Playという、関係づくりのための遊びのクラスです。

Fenziさんはオビディアンスをやっている人の間では支持者の多いトレーナーのようです。

シェルターボランティアの時に役立つアイディアもあるかなぁと期待していたんですが、シェルターの犬とは難しそうなものが多かったです。

自分の犬ともっと楽しく遊びたい、犬と人が一緒に楽しめるようなドックスポーツを目指しているならよい情報が沢山あったと思います。

Fenziスクールは、1クラス事ごととれて、質問が出来ない銅メダルコースだと65ドルとお財布にも優しいです。どうしても質問したくなったら銀メダルコースにアップグレード出来るそうです。

金メダルコースは抽選で当たった人だけで、ビデオやFenziさんとのやり取りをグループとシェアする形になってます。銀と銅の生徒は、教材と金メダルコースの生徒さんとのやり取りをみて学ぶという形式です。

この形式なれた後は、内容もクリアで学ぶことも多かったと思います。でも、文章が多いかなぁ。

リコーラーとダブル内容もおおかったので、リコーラーの代わりにこのクラスとfenziさんのエンゲージメントのクラスをとるだけでも良かったかなぁと思いました。まぁ、何でも突き詰めたら同じになるってことかなぁ。

The Fenzi Dog Sports Academyでは、65ドルでも生活を圧迫するぐらい大変だけどどうしても学びたいという人には半額になる制度があります。私も使いたかったけど、貨幣価値が違う国からの生徒用かなぁと思ったり、乱用しちゃいいけないとおもったので使わなかったです。こういう気づかいがあるところがいいなぁと思いました。

人の体の下にフードを隠すサーチで、キッチンへ行ってしまったジェイクがちょっぴり心配になったけど、ココもジェイクもそれぞれ遊びへの興味や好みもちがうので、それらを意識して考える機会が持てたこともよかったと思います。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

オンライン教室続々

オンラインの犬教室の流行りなんでしょうか?

取りたいレッスンがいっぱいで困ってしまいます。

今まで画像を作ってもビジネスに結び付けるのが難しかったけど、ドックトレーナーにもネット利用して自分たちのスキルをビジネスとして提供する方法が浸透してきたんでしょうね。

興味のあるクラスの紹介です。

1. Handling 360: 今とっているリコーラーのスーザンがやっているアジリティのコースです。ちょっと高いので今年は断念しました。リコーラーやっている人たちはお金持ち層が多いのか、スーザンのファンで両方やっている人が多いです。教室に通わなくってもこのコースだけで全国大会目指せるぐらいになるみたいなので、近所に教室がない人におすすめです。

生徒さんのビデオコンテストとかプロモートもうまいし、コーチも上手な人です。

2. Weekly Manners: youtubeで人気のkikopupことエミリーがやっているペットのためのマナーのコースです。都会の犬向けかなぁ。この他にも、パピー用とゲームのコースもあります。値段もお手頃でいいと思います。

3. The Fenzi Dog Sports Academy: Fenziさんが始めた陽性強化のトレーニングを使ったドックスポーツのオンライン教室です。Fenziさんの人柄か優秀なトレーナーが集まってると評判です。Fenziさんが教えているゲーム関係のクラスに興味があります。ビデオの提出とか、質問もできないコースだと一クラス$65で、お金がないけどどうしてもクラスがとりたいという人は自己申請で$32.50にしてくれるという配慮もうれしいですね。通貨が低い国からだとこれでも大きな差だと思います。

4. The Herding Game 1.0: ボールを使った羊追いのゲームのクラス。長いコースじゃないしDVDでいいじゃないのっておもうけど、質問したりできるのかなぁ?

プロモーションビデオ

5. On-line RUNNING CONTACT: マリノアのアジリティのビデオが好きで見ていたので興味がありました。サイトのほうが準備がちゃんとできていないようですが大丈夫なのかなぁ?ドックウォークやAフレームで降りるときに止まらないで走り抜ける方法を習得するためのコースです。

他にもKaren Pryor Clicker Trainingとか沢山あります。

やっぱりゲーム系が流行りですねぇ。

ココはどれがいいかなぁ?

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

本:Do As I Do (模倣学習)

犬の社会的学習法の考案者クラウディア・フガッツァ博士の「Do As I Do: Using Social Learning to Train Dogs」を年末に購入しました。

Do As I Doは、これやってと犬にお手本をみせて教えるトレーニング法です。犬の行動学の研究で有名なハンガリーの大学でクラウディア博士が開発したものです。

Do As I Doのルールを教えているセミナーの様子です。

昨日の話のつづきじゃありませんが、クラウディア博士、PHD&美人という条件みたしているのでもっとDo As I Doが広まればよいのにとおもうけどやっぱり英語圏からの人じゃないとなかなかブレイクするの難しいものなんですね。

昨年は日本でもセミナーをされたようです。

新しい行動を教えて、それに合図をつける方法の説明です。

本のほうは、写真、DVD付きで説明もわかりやすく、これだけで「Do As I Do」をはじめられる内容でよかったです。

じつはだいぶ前にDo As I Doのビデオみて簡単にできると勘違いして何度か試して失敗していました。トリックを中々教えらえないときとか、こうだよってやってみせてドン引きされたりとか。ココ、アフォなんかなぁと勝手に決めつけていました。ゴメンよ。

本にそった方法でやったら、3セッション後ぐらいには「Do it!」で私の行動を真似ることができるようになりました。

はじめは、知っている行動をつかって「Do it!」の意味を教えるので、犬はトリックなどいくつかすでに学習している必要があります。

犬が模倣しているって感じられたとき、クリッカートレーニングで教えるのとはまた別な感動がありました。

観察するのに集中力をつかうし、観察した行動を再現するのに記憶力もつかうので脳の刺激には良さそうです。私が必要なぐらいです。苦笑

クリッカートレーニングに代わるものというより、新しいツールとして取り組むのによいなぁとおもいました。

トリックタイトルでもDo As I Doを活かしてみたいと思います。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村