中級マナー(6)

レッスンメモです。

今日は曇りで、レッスン前の散歩もゆっくり出来てよかったです。

教室にはいる時、先週よりかなり落着いていました。やっぱり、先週は暑すぎたんだろうなぁ。

1. 緊急Sit・Downの練習

呼び戻す必要がないときに便利なものだと思います。

動物を追っている時など、緊急リコールより、緊急Sit・Downのほうが簡単だといわれています。

トリーツを遠くへ投げて、それを食べて戻ってくる時にSitを指示。

ちょっと近づいたけど、一発でできました。

次は、同じ方法でDownの練習。

私の前まで来て「バウ」。(ハンドサインがDownに似てるからだと思います。)

Downのハンドサインは、犬を引き寄せやすいからといって、手をあげるハンドサインに変えて練習しました。

このハンドサインは、Comeで使っていたことがありますが、Downに使うほうが一般的なのかなぁ?

先生と練習して4回目に出来たと先生が喜んでました!

私との練習でもそこそこ出来てていました。

ちょっとかっこよかったので、練習も楽しかったです。

2.  足踏み

あまり応用例はなさそうですが、自動的に座らなかった時に、軽く足踏みして、Sitだとよと教えるシグナル。

いつもやらないくせに、先生と練習した時は、なぜか自動的に座っていたので、足踏みの練習にならなかったねといわれました。(汗)

座らなかった時に、強く足踏みすると罰になることもあるとおもうので、注意を引く程度に軽く足踏みするのも難しかったです。

今週はオスワリがよく出来ていました。

3.  外にでて練習

教室の外の芝生のエリアにでてみました。

自動車の走る音も大きい場所です。

クラスメイトのピットちゃん、本当何も気にならないようです。外に出たぐらいではストレスにならないみたい。

ココは、こういう場所では、状況をいろいろ分析するのに忙しいので、ソワソワしてしまいます。

ちょっと不安だから、アイコンタクトとかの判断をすることもありますが、必要に応じて、環境を無視して、ハンドラーに集中するようにもっと練習したほうがいいかなぁ。

はじめて行ったしつけ教室では、レッスンに参加するだけで大変で、宿題もこなせてませんでしが、ちょっと時間をおいて、ココも成長したところで改めてレッスンを取って効率よく学べたように思います。

脱「まだ若い犬」を目指しているココに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

中級マナー(5)

レッスンメモです。

キャンプでレッスンお休みしたので、久々のマナーのレッスンです。

今日はとても暑かったので、レッスン前の散歩途中、影をみつけて急に休憩にはいってしまったココ。

DSC02380e

ちょっと心配になったので、しばらくそのままにさせました。

その間、私はずっと炎天下で待ちました。(汗)

これが影響したのか、教室にはいってからもいつもよりエキサイトしていました。

1. 人との挨拶の練習

人と人の挨拶と他人が犬を撫でる練習。

ココは撫でないで、他人役の手にタッチで練習しました。

ココも先生に慣れちゃったので、挨拶できるよっていう態度になってきたので、本当はもっと多数の人と練習したほうがいいのかも。

先生が体触るのも大丈夫でした。

2.  ディストラクション下で歩く

おもちゃ、トリーツ、犬の匂いのついたアイテムなどを床にばら撒いて、それらを無視して歩く練習。

DSC02383e

‘Leave it’じゃなくって、’with me’ (先生はヒールの意味でつかってます)を使うように奨めていたようにおもいますが、説明ちゃんときいていなくって、’Leave it’と注意音をつかいました。

クラスメイトは”Watch me”を使っていました。

食べ物へ行った時に’Leave it’が使えましたが、’Leave it’を使わないといけない状態まで行ったということなので、注意音か、ヒールなどで早めにハンドラーのほうへ注意を引いたほうが良かったかなぁと後で反省しました。

最後の方で気を許した時にトリーツ食べちゃいました。

3. ディストラクション下のStay

ココが真ん中に座ってStayの状態で、ピット組がグルグル私たちの周りをまわります。

ラピッドファイヤーでトリーツあげまくりました。

後ろに来た時にちょっと気になったようですが、すぐになれたようで、まぁまぁ出来たと思います。

次は、ココを外側にして、ピット組の周りを歩きます。

すぐに落着いて歩けたと思います。

4. 距離をつける練習

ロングリードで指示が通る距離を調整しながら、SitとDownの練習。

ハンドシグナル有りで練習しました。

立ったままStayで待つのは難しいみたいです。

何の練習をやっているかわかったら、そこそこ出来ていたと思います。

5.  ハンドラーが視界からでる

Stayをさせたまま、ドアの後ろに隠れたりして練習しました。

思っていたよりもよく出来ました!

隣の部屋に隠れた状態で、Comeで呼び戻す練習もしました。

これもバッチリ!

6.  リーシュウォーク

コーンをL字に並べて、右折、左折、停止の練習。

やっぱり左折が苦手。

7.  20フィートでのSit・Down, 10フィートでのCome練習

20フィート、10フィートの距離感をつかむだけの練習です。

8.  犬連れの人との挨拶

はじめに、先生とダミーの犬で練習。

ダミー犬のこと変だと思ったみたいで、ダミーの犬に警戒して、ちょっと逃げちゃいました。

先生は逃げるのは良い判断だからOKと言っていましたが、もう少し無視することも学んでほしい。

クラスメイトのピットちゃん、ダミーでも本物の犬でも関係ないってかんじです。

次は、ピット組と人同士が握手を交わします。

ピット組とやった時の方がダミー犬よりスムーズに行きました。

でも、挨拶の時Sitで待つのが苦手のようです。これは、立った状態で待つ練習をしていたからかもしれません。

9.  人の間を歩く

先生のヘルパーが教室にはいってきたので、ちょっと警戒モードになってしまいました。

細かいことは無視して欲しいけど、何でもチェックして状況判断を自分でしないと気がすまないようです。

先生とヘルパーが立っている間をハチの字で歩くだけです。しばらくすると落着いたみたいで、ヒールで歩けました。

フードの影響か、泳ぎをマスターしたからか、最近ちょっぴり落着きがなくなってきたココですが、あと残り1週、「まだ若い犬」は卒業できるかなぁ。

脱「まだ若い犬」を目指しているココに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

マットの練習

マットは、マットをターゲットに使って距離をつける練習をしたり、カフェなどで落着いて待つための基礎訓練によく使われていると思います。

レッスンでは、2,3mはなれたところから、ひとりでマットまでいけるようにということでした。(ついつい飼い主が後ろからついていってしまう)

トリックのレッスンでも、マットを取り入れていたので練習はしたんですが、マットの上で気をぬいて休憩するのは難しいようです。クラスメイトが何しているとか観察に忙しい。

Control Unleashedという手法(落ち着きのない犬に、集中力と自信をつけさせる)を考案したLeslie McDevittさんのビデオでトリーツをあげるタイミングが細かく説明されていたので、それを参考に、一瞬でも力が抜けたときにトリーツをあげるようにして、ちょっとは力抜けてきたましたが、まだまだトレーニングモードです。

もっと快適なマットレスにしようと買った新しいマットも、なんか遠慮してる。

mat-1

ココがよく横になっている場所にマットレスを置いてみました。

mat-2

ココ、反抗期か?

私がいやがらせで場所とったみたいじゃない。

指示されるまでのっちゃいけないと思ってる?

いろいろ難しい3歳です。

脱「まだ若い犬」を目指しているココに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

中級マナー(3)

レッスンメモです。

心地よいものにしたら、マットの上でリラックスしやすいかなぁとおもったので、今回から、新しいマットレスにしてみました。

DSC02170e

なんかのトリックだと思っているので、なかなか力を抜いてくれません。

おっとりの大型犬はまたお休みで、ピット組が遅れてきたので、その間、私が一番練習したい項目からスタート。

1. 人との挨拶の練習

先生も、ココの場合は、Sitからポジション崩せないと追い込んでもいけないので、人がある程度近づいたとき(Sitが崩れる前)に解除して、後はココの判断に任せるところからはじめることになりました。

次は、先生の手にハンドタッチする練習。

何度かやったら、先生の手にタッチして、トリーツは私から渡されるっていうのがわかったみたいです。

次は、ピット組の飼い主さんと同じことをしましたが、トリーツもらおうとその場で座り込んで、呼ばないと私のところに戻ってきません。先生とのときはできたのに。たぶん、彼女が「タッチ」って言って手を出していたので、彼女のキューに従ったから、彼女から褒美はもらうぞってことかなぁとおもったり。

今度は、ココを先生に預けて、ピットちゃんと挨拶の練習。なでなで一杯してもへっちゃらです。ココもこれぐらいだと安心なんですが。

2.  Come

6mの距離でのリコールの練習。

リードをつけた状態でのリコールなら、これぐらいの距離で出来たら充分でしょうってことでした。

3. Around (Finish?)

今週も応用例の説明がいまひとつだったんですが、食べ物の誘導なしで、ヒールポジションにつく練習をしました。

ココの場合、私がトリーツを右ポケットに入れているので、いつもヒールポジションを通り越して、右側に回りこんでしまいます。

4. StandのStay 

これも応用例がよくわからなかったんですが、立った位置でのステイです。数秒できたらご褒美で練習しました。

5.  SitとDownのStay

Stayの状態で、距離をつける練習です。

どのぐらいの距離が限界なのか、探ろうとして急に距離つけすぎたみたいで、何度か失敗させてしまいました。

5、6mが限界のようです。

徐々に距離つけるように練習しなおしました。

DownのStayのほうが得意のようです。

6.  マット

距離をつける練習をしました。

距離があると、すぐに私のところに戻ってこようとするので、マットを踏んだら、トリーツ投げてみました。

もう少し練習しないとだめかなぁ。

7.  停止でSit

ハンドラーが停止したら、指示なしでヒールポジションでSitになる練習です。

これはマナーでは必要な項目なんですが、ココはやらないでいいとかなり前に決めてやらせてなかったものです。

とりあえず、レッスン中は練習しておきました。

レッスンの途中、先生がトリーツを減らしていく話をした時、ココが、「えー、信じられへん。今の聞いた。」って言った声が聞こえた気がして面白かったです。

残りの3週間は応用になるそうなので楽しみです。

脱「まだ若い犬」を目指しているココに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

中級マナー(2)

レッスンメモです。

教室に早くついたので、先生からココのこと質問されました。一通りトレーニングはやった犬に見えてたみたいです!

その時に、シャイなところもあることも伝えました。

ココの場合、石橋をたたいて渡っているだけで、パニックになって我を忘れるってことはないので、性格といってしまえばそれまでなんですが、世間的にはもうちょっとリラックスしていたほうがいいのかなぁと思います。

教室ではいつもやる気マンマンのココですが、マナーのクラスはちょっぴり退屈みたいです。

DSC02016e

やっぱりココはアジリティみたいにパフォーマンスする方がすきなのかもしれません。

先週休んでいたピットブルの組が来ていて、大型犬がお休みで、今週も2組でのレッスンになりました。

1. 人との挨拶の練習

ヒールポジションで座らせて、先生が近づいて撫でる練習です。その間、ずっとSitでいるのが理想です。

やっぱり、ピットってすごく一途な性格なのか、Sitが崩れない。先生が頭グチョグチョに触ってもへっちゃらです。

ココはというと、先生が近づくとすぐに立っちゃいます。先生もココはあまり触れないのわかっているから軽く流して終わり。(涙)

次は、先生がリードを持っている間、飼い主が相手の犬を撫でに行きます。(他人がリードを持って待つという練習も兼ねています。)

今度こそ、ポジションを崩さないようにさせようと、人が近づいてくる間ずっとトリートあげ続けました。(爆)

理想的ではないけど、まぁ、大きな問題もなく終わりました。

2.  Sit  / Down / Stand

主にDownの練習。Standになった後、すぐにSitになるので、Standのポジションを意識させる練習。

3.  Around (Finish?)

一般的なコマンドはわかりませんが、ハンドラーの後ろを回るか、左側でしの字を描くようにヒールポジションにつく練習です。

応用例の説明があまりなかったんですが、やりやすい方、どちらか一つ出来ればよいってことでした。

4.  Comeのゲーム

トリーツを遠く(3mぐらい)に投げて、Comeで呼び戻すゲームです。

投げたトリーツを食べてから呼び戻すので簡単です。ココは何回かやったら、真剣にとりに行かなくなりました。(笑)

先生もそれはよくあることっていっていましたが、まぁ、リコールの良い経験を積むという目的みたいです。

5.  ルーズリーシュウォーク

並べられたコーンをウィーブしながら、歩きます。

ココが内側の時がやっぱり苦手みたいです。

6.  マット

「マット」で、マットのところへ行き、Downになる(コマンドなし)練習です。

あと、距離をつける練習もしました。

7.  Stay

SitとDownでのStayの練習。ハンドラーが後ろ向いたり、犬の周りをまわったり、変な動きも入れてずっとSit/Downになっている練習です。

それにしても、クラスメイトのピットちゃん、本当動かない。。。先生の説明の時もずっとSitです。ココ、ちょろちょろ動きすぎです。

DSC02022e

まぁ、一応、それマットやね。

脱「まだ若い犬」を目指しているココに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

課題:手の動きになれる

昨日のレッスンで、Sit-Stayが以前より出来なくなっていたようなので、庭で軽く練習をはじめました。自宅だと出来ると思ったんですが、想像していなかった問題が浮上しました。

コマンドで問題なくSitになったので、私が手足を動かしても、Sitのままでいる練習です。

昔は問題なく出来ていたんですが、私が手と足を動かすとウォーと2,3歩後ろにさがってしまいました。

園芸の道具を手に持っていたからかなぁと思ってそれを地面に置いて、もう一度やっても同じです。

もしかして、手袋?と思って手袋をはずしてもダメ。

距離が近すぎた?と思って2,3m離れてみましたがダメ。

これじゃ、虐待されている犬みたいじゃないって感じです。(泣)

ハンドリングの練習もかねて、Tタッチとかもしていたんですが、それが嫌だったのか、昨日のシャンプーが怖かったのか。

とりあえず、家の中で出来るか確認しようと庭での練習はひとまず終了。

家の中では、はじめちょっと反応しましたが大丈夫のようです。クリッカーも使って練習。

手をゆっくり動かすと大丈夫のようです。

そして、デッキの上でまた練習。

5mぐらい離れて、手をゆっくり動かせば大丈夫みたいです。

すぐ側でも超スローモーションだと大丈夫になってきました。

おばさんに首のあたりを鷲掴みにされて以来、1年ぐらいたってやっと、知らない人も大丈夫になってきたなぁって思って、マナーのクラスもはじめたんですが、こんな問題があったなんて。

夕方、ココと遊んでいて気づいたのは、もしかしたら、これはボール投げでついた癖かもってことです。ボール投げの時はリリースキューなしでボールをとりにいっていたので、私の手が動いたら体が動いちゃう癖ができただけで、私の手が怖いんじゃないって。

そうであることを願っています。しばらく、手の動きになれる練習を続けたいと思います。

DSC01971e
プールを大きなボウルと勘違いしているココ (レッスン帰りのドックパークにて)

まだまだ飼い主に頭を使わせるココに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

中級マナー(1)

レッスンメモです。

マナーのクラスをいまさらどうしてとっているのか、自分でも目標が定まってないんですが、シェルター付属の先生のお奨めで、お手ごろなレッスン代だったので、レッスンとってみることにしました。

先生は、サイトみると、テリアや頑固な犬のトレーニングを得意としているとなっていました。

今のココには楽勝かなぁっておもっていたけど、やっぱり、狼に育てられた少女状態のところがあるので、マナーのクラスへ行くとまだまだと思われがちです。

inter_manner1-1

3組のクラスですが、1組休みで、来ていたのはボーっとした大型犬だったので、もう少し多いほうが練習になったかも。

1. Sit

Sitは、コマンドでも、ハンドシグナルでも出来ますが、リリースされるまでSitを保つというのが出来ていないというのが、見抜かれてしまいました。(汗)

座らせる -> 先生が近づく -> 「あっ、なんかくれる!」ってすぐにたってしまいます。

自制の問題ですね。

2.  Down

ロールオーバーしようとしたり、バウになったりして、笑われてしまいました。(苦笑)

でも、ハンドラーが前にかがまないでもDownできるのは先生にみてもらえました。

Downは緊急リコールの代わりに、緊急Downとしてつかえるぐらいまでしたいという話もされていました。

こんな感じだと思います。難しそう。

The BEST and FASTEST way to teach STAY

3. Stand

立ったままのStayの基礎になるみたいなので、4本足動かさないでしっかり立っている感覚を理解させる練習みたいです。

4. Stay

30秒Sitを維持するのを目指してと先生が説明を始めて、私の意識が先生の方へいくと、Downになりました。

Downになるのはいいじゃないのと思いましたが、先生から、これがSitの限界ねと言われてしまいました。

5. ヒール (with me)

先生は、ヒールという言葉が嫌いなので、with meを使っているそうです。この機会に、別の言葉に代えてもよかったんですが、とりえず、今日はヒールをつかいました。

ヒール(with me)の意味を教える練習。

コーンを並べて、コーンとコーンの間をヒールと言ってから、ヒールにつけて歩く、先生がコーンをドンドン減らしていくので、最後は教室の端から端まで一回のコマンドで歩くことになります。

6. Come

これも先生に、何かに夢中になって呼び寄せるのがむずかしいじゃないといわれてしまいました。

inter_manner1-2
牧羊犬ですから

ココのリコールは並以上だとおもうけど、周りを観察しすぎでハンドラーへの意識がなくなってしまうのはたしか。でも、自分で判断して動いている範囲が広いっていうだけで、ハンドラーのことを無視しているわけでもないと思います。

それにしても、ボーっとした大型犬って、最近の流行で、犬種の特徴を無視して、見た目だけ維持して、ボーっとした性格の犬をつくっているとしか思えない。ボーっとしすぎでちょっと心配になります。

逆に、ココは周りを気にしすぎるけど、これが本来の犬なんじゃないかと思うことがありますが、なんか、沢山課題が出来てしまったココです。

脱「まだ若い犬」を目指しているココに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村