最近の試みのメモ (2) 馬のトレーニング

ホースマンシップ、馬術っていう言葉は使われますが、犬にはドックマンシップとか犬術とか言わないから、それが必要ないぐらい人の側で暮らすことが自然な動物なのかなぁと思っていました。

そして、クラウス・ヘンプフリングの馬のビデオみて以来、自分の犬学に対する考えがかなり変わりました。今まで言葉に上手くできなかったことを示してくれたと思いました。

ナチュラル・ホースマンシップは、自然界での馬の行動を理解し人が馬とのコミュニケーションを高めることで、不必要な力に頼らないトレーニング法です。

1980年代ぐらいから広まってきたそうなんですが、基本的な考え方は古来から伝わっている方法とかわらないじゃないかという批判もあるそうです。

ホースウィスパラーとも呼ばれているみたいだけど、ドッグウィスパラーはここから来たのかなぁ?

犬道を究めようとして、たどり着いたのが結局シーザーってなんか興味深いですが、初めからシーザーなのとクラウスを通すのではちょっと違いがあるような気もします。

特に今参考にしているのは、「Sacking out」という馬のトレーニングで使用されている脱感作です。恐怖心を絞り出すという意味ですが、ストレスがかかりすぎるのではという懸念からポシティブなトレーナーからの批判もあります。

「Sacking out」では「Think Like A Horse」というyoutubeのチャンネルを参考にしました。

慣らすという目的で馬にトラウマになるようなことをするのではなく、恐怖を感じた時に馬が人とコミュニケーションをとることで恐怖を取り除くスキルを人が身に着けることがポイントなんじゃないかなぁと思います。

馬が怖がっている物を人が100パーセントコントロールしているので自分に危害は及ばないというハンドラーへの信頼を馬から得ること。危ないことを無理やりさせることはないし、馬が出来ないとおもっていることを出来るんだよと導くことのようです。

これが「挑戦」なのか「ストレス」なのかは、ハンドラーの態度次第なのかなぁと思います。

もともと怖がりな草食動物が戦火の中でもパニックになることなく、ハンドラーに従えることを考えると自然界では得ることができないレベルの安心と信頼を人から得ているってことじゃないかなって思います。ペットとして飼われている犬も、この安心と信頼を人から得ることが出来なければ人と一緒に住んでいる意味がないように思います。犬と人の関係が食べ物だけっていうのも味気ないし。

「Think Like A Horse」でも指摘されていましたが、食べ物を使った方法の是非より、食べ物がなくても対応できるようにしておくことも重要だと思います。

年取ってきて方向性が変わってしまったようなクラウスですが、高い身体能力で馬からリスペクトを得られるというところは犬でもそうかなぁと思っていたので共感できました。

棒さえ自由に操ることができないのなら、馬とより確かなコミュニケーションをとるだけの体を使った表現はできないという考えかなぁと思います。

余談ですが若い時はこんな感じでした。犬たちも楽しそうですね。

この考えをココとのブラッシングや爪切りに応用してみました。

ココが受け入れやすい方法を探る。そして、グラインダーをちょっと離れたところにもって、電源を入れたり切ったりして、私が操作しているところを見せたりしました。

ブラッシングの時も、ブラシを扱うテクニックを見せるようにしてみました。

今までは手際悪いヤツって思われていたと思うけど、これでココは私のことを「達人」とおもったかなぁ。

Dogmanshipってどの程度認知度があるのかも調べてみました。シドニー大学でDogmanshipと題して人のふるまいの犬の行動への影響と犬とのコミュニケーションを高める方法のリサーチが行われているそうです。

犬をトレーニングするのではなく、飼い主が修行するのが次のトレンドになるかも!

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

やっと終わった予防注射

昨年の予防注射の時の大失敗があったので、後押しになっていた予防注射やっと終わりました。

以前は口や目のチェック、ココだけ別室へいっての検査も問題なく出来ていましたが、病院へ行く回数が増えるたびにドンドン診察が苦手になっていったようです。(なぜか建物にはリード引っ張って入りたがります。)

苦手だからとほっておけるレベルでもないと自覚し、この一年ハズバンダリートレーニングに励みました。

ブラッシングは、ブラシを見ると「やったー!」となるぐらいになりました。

爪切りは、まだまだですが自分から「どうぞ」と手を出せるようになりました。私が手早く爪を切ることができればもっとスムーズに出来るようになると思います。

歯磨きも、まだちゃんと磨けてませんが、受け入れるようになりました。

この一年でココのちょっと嫌なことを受け入れるキャパは大きくなったと思います。

もう一つの課題は、口輪のトレーニング。

口輪も、バスケット型とグルーミング用のものがありますが、使うのは病院だけなのでグルーミング用の口輪にしました。(長時間着用するのにはあまり向いていないともいます。)

口輪のトレーニングはこのビデオを参考にしました。ハズバンダリー系のトレーニングが得意なトレーナーさんだと思います。口輪のトレーニングもたくさん画像がありますが、このビデオが一番よいと思いました。

いきなり口輪にトリーツ入れて誘導するのではなく、口輪を見せたり、隠したりして、口輪を見せたときにトリーツというのでコンディショニングしているのがとても参考になりました。何も持ってない手を見せてトリーツなしというのもいれて、口輪を見たときだけトリーツがもらえることを強調しているのも上手いと思いました。ポイントは、口輪を先に見てから、フードのタイミングです。はじめは見せるだけでつける必要はありません。

口輪をつけることに対してよいイメージがないようですが、今回の経験でよかったと思いました。

怖がっている犬に近づくのは犬に慣れている獣医とはいえ怖いことなので、その恐怖をやわらげる為に口輪をすることにしました。

私もココが咬む可能性は極めて低いと思っていても、「今回はどうなるかなぁ」と心配することもないし、ココを信頼していないとかというのとも違うと思います。

今回は、女性の獣医師をちゃんと指定するところから改めました。

診察室に入って、口輪をすると、係りの人も察したのか体温とるのはパスしてくれて、先生もシリンジに入れたチーズとフードを持ってきてくれました。

ココも口輪なくっても大丈夫だったかもって思うぐらいリラックスしていたときもありましたが、口輪をしていたからこそみんなが落ち着いて時間をとってゆっくりと行動できたと思いました。

先生も、ココの様子をみながらゆっくり時間をかかけて、アプローチしてくれたのでよかったです。

アシスタントがフード、私が保定で注射もスムーズに終わりました。

最後は、先生にペロッとしてました。

こんなことなら、女性の獣医師+口輪をデフォルトでしていればよかったと思いました。

ココ、がんばったね!

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

最近の試みのメモ: 犬用音楽療法CD ドライブ版

最近試したことのメモです。

1. 犬用音楽療法CD ドライブ版

練習用の曲で、「音楽+リラックス」になるよう昼寝の時間などにかけて、音楽に慣れさせました。

ココは車苦手度が中度ぐらいかなぁと思っていたのと手間だったので、停車している車での練習なしで長距離のドライブの時にドライブ版の曲を試しました。

エンジンをかける前にCDをかけ始めます。

落着いていたようなので、エンジンをかけると頭をあげました・・・。

ずっと走っている時だけだと思っていましたが、エンジンの音や振動がダメなのかも。(もしかしたら、電気自動車なら大丈夫なのかもという思いがよぎりましたが、予算的に無理です。)

走行中は、ゼイゼイ、ハーハーといつもと変わりないような、音楽なしよりましだったかなぁ。

スピーカーがココがのっている場所の側にあるのでそれもよくないかもしれないと思いました。あと、走っていない車での練習も必要だったと思います。

[CDには苦手度ごとの説明がついてます。]

強い雨と遠いカミナリの時にも、練習曲をかけてみました。

ドライブ版はテンポの速い曲が入っていますが、練習曲はリラックス系の曲なので家で使う曲として使えます。リラックス系の曲はドライバーも眠くなるので注意しなければいけないようです。そういう理由もあってドライブ版はテンポが速いのかなぁ?

スマホから音が出るのを不振に思っているようだったので、音楽を止めたり、ボリュームを変えたりして、私が出している音だと見せてみました。

それが効果あったのか、ずっとかけていたら、しばらくしたら寝ていました。

昼寝の時は、ジェイクのほうが音楽の影響を受けやすいタイプに思いました。

ちょっとした刺激で興奮しやすいタイプのほうが、反応が良いのかもしれません。

音楽だけで問題解決するというものではありませんが、それなりの効果はあると思えたのでCDを買って損はなかったと思います。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村