引っ張り癖にはコレだった

トレーニングメモです。(注:トレーナーでもない一般の飼い主の覚書です。)

プレッシャー&リリースのトレーニングを取り入れているトレーナーのビデオで引っ張りにはコレだと思ったものがありました。

プレッシャー&リリースは馬の調教でつかわれているテクニックですが、プレッシャーのかけ方の度合いで威圧的になることもあるので犬にやさしいトレーニングをしているトレーナーはあまり取り入れていないテクニックです。

うちでは、緊急でリードを引っ張ることがあったときに、そのプレッシャーに抵抗しないようなトレーニングをしたぐらいですが、理解していないようでした。

散歩中の引っ張りの場合、引っ張ったらリードでコレクションを入れたり(正の罰)、立ち止まって前に進めないようにする方法(負の罰)がよくすすめられていると思います。

どちらの方法も罰。でも、罰を使っても中々分かってもらえないのが引っ張り癖だと思います。

カーミングシグナルで有名なルーガスが引っ張り癖の本の中で、リードでコレクションを入れるときに、リードが一瞬緩んでからコレクションを受けるのでリードが緩むことがよくないことと学習してしまっている場合もあると指摘していました。

コレクションを入れる方法で引っ張り癖を改善できたとしても、罰を逃れようとする逃避による学習なので、それが犬に与える心的影響も心配されています。

立ち止まって前に進めないようにして、引っ張っている限り前に進めない、前に進めることがご褒美ってことですが、これを犬に理解させるのは難しいのではないかと思います。止められると余計に前に進みたくなって、おもいっきり引っ張ったら前に進めるわけだし。

「ヒールでの歩行」や「ハンドラーから離れてはいけない」、「前に進む方法」を教えているわけではないはないので、どれも犬にとって分かりづらい教え方なんじゃないかなぁとおもいます。

そして、何を教えるのかというと、「リードからのプレッシャーをどうとくか」だそうです。

リードワークのコツは、リードが張ってリードが固定したときに、ちょっとでも犬がリードからのプレッシャーをとこうとしたら(たぶん、体の力を抜いたりとかも)、ご褒美で大袈裟にリードを緩めるそうです。(引張りが強い犬の場合、ハンドラーもしっかりリードを握っていてテンションがなかなかとれないので気をつけましょうとのこと。)

リードが張ったら、「前に進む」ではなく、「体の力を抜く、プレッシャーがとれる」だったんですね。

犬が後ろに引っ張られる力をかんじたら、前に向かって力を返すものなので、やっぱり教えるのは難しいものなのかなぁとおもいますが、リードからのプレッシャーのとき方を覚えたら犬のほうが調節するようになるのだと思います。(たぶん、、最終的にはリードに軽くテンションをかけると体がリラックスするようになるなのか?一度、注意をハンドラーに向けさせるというようなことも言っていたと思います。)

うちでも教えたつもりだったけど、基準を高くしすぎて、小さな努力を評価していなかったことに気づきました。

犬の真後ろより斜め後ろに立つほうがよいそうです。(理由はなぜだか忘れました。)

ココは日常の散歩では引っ張らなくなりましたが、もっと早く気づいてあげたらよかった。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

犬笛

ビーチでの呼び戻し用に犬笛を買いました。

ACME Dog Whistle 211.5です。

犬笛のリコール練習の本では、210.5か211.5が薦められていましたが、ネットで調べると210.5がスパニエル、211.5がリトリバー向けと書かれていたので、211.5のほうにしました。(本ではどちらもどの犬種にも使えると書いていました。)

2つ買うようにアドバイスされていたけど、今回はケチって1つだけ。

でも、ココがいるので、自宅で犬笛を吹く練習ができません。

あと、ちょっと気がかりなことが・・・。犬笛のリコール練習の本を読んでいるうちに、ちょっと違うんじゃないかと引いてしまう部分がポツポツでてきました。

きっと、ココなら大丈夫だと思うけど、ジェイクだと性格曲がってしまうじゃないかとちょっと心配になってきました。

ココぐらいリコールがすでに出来る場合は、緊急用のリコールとして犬笛を使うことが出来るそうですが、ビーチで声だす代わりに、犬笛を日常的に使いたいと思っていたので、笛の音を聞くたびにココを大興奮させるようなことは避けたいのでどうしたものかと悩みます。

期待感をあまり持たせないように、今つかている合図を犬笛に変えるだけのほうがいいのかなぁ。

そして、ジェイクの問題は、犬笛では解決できそうにもないのはわかりました。(汗)

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

ジェイクのおもちゃ番付

ジェイクは、ココのおもちゃのおさがりばっかりを使っていましたが、新しいおもちゃを2つ買った機会に、ジェイクの初のおもちゃ番付のテストをしました。

いつも封印しているシープスキンのおもちゃも入れました。黄色いフットボールとコングBounzerは壊さないので出しっぱなしになっているおもちゃです。

テストするおもちゃをまとめて抱えて、ほらほら、ホイと同時に投げて、拾いに行かせます。

ココは自分のボールをすでに確保しています。

ジェイクでも、どれにしようかなぁという思考が見えました。

結果は、1番:シープスキン、2番:コングウァバ、他のおもちゃでも普段は遊ぶんですが、好きなおもちゃを見たばっかりで興奮しているのか、コングウァバ以降は残ったおもちゃを無視、すでに抜いた1番、2番のおもちゃを探し始めました。

このシープスキンなら、外でもジェイクを集中させることができるかなぁ。でも、おもちゃじゃなく、獲物扱いで、興奮が半端ないので封印しています。

ホーリーローラーボール(網のボール)は、転がる感じがウサギぽくって夢中になるかなぁと期待したんですが、他のおもちゃがない時にしか反応しないみたいです。ココ用に買ったものだけど、サイズが大きすぎてココは興味ゼロでした。紐か布みたいなものを付けたらジェイクの興味はますかなぁ。

おもちゃは室内で遊ぶものと思っているのか、外ではなかなかおもちゃで遊んでくれないジェイク。やっぱり、シープスキン導入か・・・。

ちょっと時間をおいて、シープスキン抜きで試したら、1番:コングウァバ、2番:パープルの輪でした。

ジェイクのおもちゃ番付:

1. シープスキン
2. コングウァバ
3. パープルの輪

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村