飼い主出て来い!

5月のはじめの週末、水開きだったのか、朝から沢山の人がゼッケンつけて走っていました。(アメリカ人って朝からやたらと元気な人多いです。)いつも行っているマリーナの駐車場もいっぱいで駐車できなかったので、別の公園へ行きました。

人も少なく、先週も来た場所なので、ココの興奮度もそれほどでもなく、まぁまぁの散歩が出来たと思います。もう少し歩けるかなぁと思ったので、距離歩けるところへ行きましたが、かなり興奮してきたので、すぐにきりあげて家に帰ることにしました。

家へ戻ると、近所の犬たちがまた外に出てました。私たちを見ると2匹とも後ろ向きに伏せたので、大丈夫かなぁと思ってココを車から降ろしたら、突進しそうなかんじで、段々、犬たちの距離が短かくなってしまって、かなり焦ってしまいました。

お互いガウガウには発展しなかったのでよかったですが、後ろ向きの犬を無視できないってちょっとショックでした。自分の家の前いるフリーな犬って相当むかつくのでしょうか。

ここで大切なのもやはり飼い主の存在だと思います。フレンドリーな犬、危険な犬と犬を主体に考えてしまいがちですが、どんな犬であろうと、無責任な飼い主に飼われている犬は危険だと思う。

今日のトレーニング:暇そうにしていたので、Play Deadの練習をしました。「バン」で横になるってわかったようです。Play Deadの姿勢からロールオーバーの練習を始めようとしましたが、動きが硬いので誘導しても難しいようでした。

トレーニングの励みにしています。ポチッとお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村