世界のトレーナーの輪の補足

世界のトレーナーの輪でフォースフリーのトレーニング法について紹介しましたが、いまどき力を使うトレーニングやっている所ももそうそうみないのでどんなトレーニングなのか想像するのが難しいですが、ビデオがありましたので紹介します。

リーシュプレッシャーをつかったオビディアンス

1:00 – チョーク法でオスワリを教えています。とてもジェントルな力をかけると説明されていますが、あくびをしたりかなりのストレスを示しています。

1:20 – フセにはリーシュプレッシャーを使っていないみたいですが、男性の右足が上がっている(リーシュを踏んでフセを教えた?)ので、それでコレクションが来ると思ってフセになっているように思います。フセになった後も落着きがありません。力を使ったり、ジャークする必要もありませんと説明していますが、、、。

オスワリもフセもコマンドには反応していません。(苦笑)

後ろにいる犬たちが大人しく待っているように見えますが、よくみると50センチぐらいの白い紐でつながれています。

パワーブリードは多少のプレッシャーに平気なタイプも多いと思うので、厳しいトレーニングをしても心が折れないかもしれませんが、こんなこと日常されてまだ反抗しないってとてもよい犬だなぁと思います。

こういう方法も効果があればよいという考えもあるかもしれませんが、デフォルトで行う必要はないように思います。特にパワーブリードはこいうトレーニングが必要という意見も多く、出来ない人はパワーブリードを飼わない方がよいとかいわれますが、逆に、力で封じないと安心できないなら、パワーブリードを飼うのはやめたらいいのではとも思います。

こちら、パワーブリードもフォースフリーでトレーニングできるというビデオ:

Training strong dominant breeds with a firm hand (ヨーロッパ)

こういう遊びさせられるってすごいなぁと思いました:

Pit bull Vs. Doberman (ブラジル)

こうしてみるとアメリカが遅れているようにみえますが、これはリーシュ法がどこまで適応されているかの差なのかなぁとおもいます。公園などで、オフリーシュにできる国や地域では、オフリーシュ時の信頼性をあげるトレーニングが重視されるだろうし、ニューヨークなどの都市部だとリーシュで安全に歩けるというトレーニングが必要になるので、社会が違うので、社会化の必要性も変わってくるのだと思います。

最近では、ビデオのようなトレーニング法は少なくなってきたと思いますが、食べ物を使うことに否定的で、褒め言葉でやっているというところはちょっと要注意です。褒め言葉だけって、ノーブルな感じがしてよい印象ですが、大概は、ジャーク+プレーズ法で、ジャークしているのを表立っていっていないか、褒め言葉じゃなくって、ジャークしているから言うこときいていることにトレーナー自身が気づいていないとかだと思います。

[フォースフリーのトレーニングでも食べ物を使わなくなっているところもあるので、食べ物なのか、褒め言葉なのかっていう点が争点でなく、不必要な力をつかっていないかどうかというところが問題なんだと思います。]

こういう方法も、犬がコレクションの回避を覚えれば問題なくなるかもしれませんが、軍隊や使役犬に使われていた方法を受けいれられるペット犬もそうそういないように思います。

私の意見としては、一般の飼い主が適応できて、犬を現代の人間の社会に適応させることが出来、犬たちのクオリティ・オブ・ライフを向上させる方法が理想だと思います。そのためにも、一つの方法でとどまらないで、ドンドンいろんな方法を取り入れたいと考えていますが、今でも時々ジャーク+プレーズ法の方がいいかとか、フォースフリーで本当にできるのかとか、まだまだ、疑問は沢山持っている状態です。

今は、フォースフリーではじめて、飼い主が出来るところまで頑張るしかないのかなぁ。そこから出てしまったら、また、考えようと思います。

フォースフリーでよいこでがんばってるココにポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

アジリティ Novice Prep 4: やっちゃった

レッスンメモです。

新しいクラスになって、いまいち調子が出ないココですが、今日とうとう教室で小しちゃいました、、、。初めはおもらししないかドキドキでしたが、ずっと大丈夫だったので、地面は土だけど、屋根はあるので室内という認識かなぁと安心した矢先にやられてしまいました。

お隣が最近犬を飼い始めて、トイレの位置とかも変わったので、思っていたよりストレスかかっていたのかも。

先週辺りからおスワリしなくなってしまったり、ちょっとダラダラしたところが出るようになりました。前のクラスメイトもいなくなったのでやる気が出ないのかかも。前のクラスは平行して別のレッスンが隣でやっていたので、にぎやかでした。

競技でようって決めたのばれちゃったのかなぁ。

1.. コンタクト系のコース

コースを2つ練習しました。シンプルだったので、2つとも問題なく覚えられました。

コース覚えられるかって不安をとることが私の課題です。

部分的に練習した箇所です。

Novice-Open-Prep4-1

1回目トンネルから出てきたところをドラム缶に向かわせるのが、難しかったです。ココは何度もAフレームへ向かっていました。トンネルから出てきたときに、目を合わせたらできるようになりました。2度目はAフレームなので自然に出来ました。

Aフレームの後、スイッチと言って、ハンドラーと反対側に向かわせます。

先生に、スイッチの練習を散歩のときでもするように言われました。スイッチでハンドラーの反対側を見えるようにするだけでよいそうです。

あと、トリーツもって走っているとココが私の手元ばっかりみて気が散るので、必要なときに取り出すようにいわれました。

2. ディスタンスの練習

Novice-Open-Prep4-2

距離置いて指示をだす練習です。

そんなに離れているわけではないですが、ちょっと離れただけで、中々トンネルにはいってくれなくなりました。これはもっと練習いりそうです。トンネルから出て、独りでやるんだって分かったのか、ゴールで先生がまっていたので、すごい勢いで走ってました。

2. コンタクトなしのコース

ディスタンスの練習を中心にしました。

アウトで外へ送った後、腕を下ろしているのを注意されました。腕を下ろすとハンドラーのところに戻ってくるという意味なので、腕を上げ下げしないようにととのこと。

最近、仕事で疲れ気味だなので、私ももう少しエネルギーをパンプアップしないといけないなぁ。

新しいクラスでも頑張ってるココにポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

土曜日のドックパーク

昨日、おっさんがココとボール遊びしたそうなので、今日はプラプラと歩くことにしました。

20140927_103508

犬に会う機会もいつもより多かったです。

20140927_103609_16

このスタフィー(?)のオーナーさん、なんと、唾拭きタオル持ってました!男性でしたが、とてもソフトに話す人で、体当たりするような遊びをさせたくないのか、「ベラちゃん、お口拭きましょうね。」って、程よいところで犬を引き離してくました。でも、すでに、ココは唾液でベトベトになっていましたが、、。

ワンプロ道場の方は、何の木なのかわかりませんが、新たに植樹されてました。

20140927_105321

大きくなるまで、ちょっと先が長そうだけど。

今日も元気に遊だココにポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村