セレブ犬アギーからのメッセージ

セレブ犬アギーからのメッセージ

「アダプトしてね!ボクもそうだったんだから」

 

映画「アーティスト」に出演し、一躍有名俳優犬となったアギー。

アギーは、ワイルドすぎるという理由で2度捨てられ、シェルターへ持ち込まれそうになっていた犬です。当時のアギーは、「クレイジーだったから、シェルターに持ち込まれてたらどうなっていたかわからないね。」という状態だったようです。

トレーナーであるオマーさんの知合いの計らいで、オマーさんが一時的に預かることでシェルター行きを間逃れたアギー。そこで、仕事をしようとする意欲と何事にも動じないという俳優犬としての素質が見出され、オマーさんのもとで俳優犬の道を歩むことになります。

アギーがきっかけで、ジャック・ラッセル・テリアのブームなんか起こったら大変だと思いますが、アギーの話から、二人の飼い主が飼いきれなかったってことやマッチングの重要性を学ぶことは大切かなぁと思いました。そして、アダプトが、かっこいいことになっていったらなぁと思います。

[アニマルプラネットのJRTのドックガイドでは、「「いろいろ楽しませてくれて、わんぱくでいたずら好きな犬と暮らしたい」という、活動的でユーモアセンスのある寛大な人であれば、理想的な伴侶犬となるはずです。 」と遠まわしの注意が出ていました。]

ココからも「わたしもそうだったんだから」。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

新しいハーネス: フロントレンジハーネス

気に入ったハーネスが見つからなくって手作りに挑戦していましたが、おっさんが嫌がるので、買いました。。。

アウトドア犬具のブランド、Ruffwearから新しく出た「フロントレンジハーネス」です。

日常使いのハーネスをコンセプトにデザインされたもので、犬札を入れるポケットをつけたり、首輪を使わないユーザーのニーズをほぼすべてみたすものです。

リードをつけるところが前と背中にあり、この手のハーネスには大概ついている背中のハンドルもなしでスッキリしたデザインです。

脇の部分もパットになっているのがポイントです。

harness-7

何をつけてもピッタリって難しいココですが、首と胴回りを調節できるのは便利です。ちなみに、Mサイズです。(色がブルーなのは、REIでセールをしていてブルーしか売ってなかったからです。やっぱりピンクのにしてあげたらよかったかなぁ。)

harness-6

パットが広すぎて、足の動きを邪魔しないか心配でしたが、ギリギリ大丈夫そうです。

(首を通して装着するので、首より頭がでかいタイプだと、脱がすのが大変かもしれません。)

harness-1

違和感はない様子です。

harness-3

散歩に出たらなんでもよいみたいです。

引っ張り防止をうたったものではありませんが、前にもリードをつけるところがあります。

harness-5

つくりがシッカリしているので、引っ張り防止用のハーネスより使いやすいかもしれません。

harness-4

逆に、シッカリ出来すぎているというのがちょっと気になりますが、Walkのイベントや混んだトレイルでのハイキングなど、犬がヒールで長く歩くイベント用によいかなぁと思いました。

試着より散歩のココに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

ココの犬種

ココの犬種は犬種DNAテストをして、「ボーダーコリーダルメシアンラブラドール・レトリーバー」にジャーマン・シェパード一滴ってことになっているんですが、この結果、もうひとつ世間に受けいれらていないんです。

ドックパークであった女の子が「ケルピーでしょ」って言ってきたので、「ボーダーMix」というと、納得できなかったみたいで、家族に「XXの犬(ケルピー)にそっくりだよね。」といっていました。

ハーディング系の犬に詳しいと思われる人達はというと:

アジリティの先生:「ケルピー?」ときかれたので、「DNAテストしたらボーダーMixでした」というと、「ケルピーよ」って断言されました。

ハーディングの先生:聞いてもいないのに「彼女はケルピーの血がつよいねぇ。」だって。。。ボーダーなんていえなかった。

トリックの先生:ココのこと「ケルピーガール」って呼んでました。

グーグルで画像サーチしてみると。

kelpe-2

わー、ココだ!!

性格を調べてみると、どちらかというとボーダーよりケルピーぽいです。

ショータイプのケルピーではなく、ワーキングケルピーと呼ばれているほうに似ていて、こういう見た目で牧羊犬としての素質があればケルピーとよばれるのかなぁというので納得できないでもないです。

ボーダーMixというと面倒なので、最近では「わからない」といっていたんですが、ケルピーでもいいのかなぁと思うこのごろです。

Wikiによると:ケルピーは「イギリスに伝わる幻獣…性格は臆病で、気が荒い。…上手く懐かせられればどの馬にも劣らない名馬になる。」だそうです!

伝説の幻獣のココに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

隣犬アゲイン

外出して戻ってきたら、また、隣犬と接触がありました。

車のドアでも、いつもドア閉めようとするとそこにいるヤツです。

今日は、家の玄関までついてきて、入ってこようとしていた。。。

車を動物だと思っているみたいで、「遊ぼう!」とかやるので、危ないのわかったみたいで、その家の子供がある程度コントロールしているんですが、なにしろしつけされていないので、野生動物扱っているのと似たようなものなので難しいみたいです。

でも、隣犬は、譲ってもらいたいぐらい素質はすごくいいんです。近所の子供たちとも一緒に遊べるし、子供が走ったり、大きな声をあげてもへっちゃらです。

犬種の特徴なのかなぁ、ストレスにめちゃくちゃ強い。単にわかってないだけかもしれないけど。

こんなんだから、ココがガウってもへっちゃらみたいで、反省がないので、厄介なんですが、警戒心むき出しのココのほうがタフな犬に思われているかも。

でも、怒鳴りつけるのがトレーニングだから、いつも怒鳴られてる。

ココ、そういう音にも敏感で、事情も理解しているように見えます。

それなのに、庭に出た時、隣犬が庭につながれていると、おもちゃピーピーならして、「いいだろうー」と見せびらかします。そして、おもちゃ咥えたままゴロスリのポーズになったります。

DSC01500e
おっさん、厄介だけど、こっちの家でよかったわ~

自分のほうがいい生活しているのはわかっているよう。笑

犬生宝くじに当たったと思っているココに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

青々のドックパーク

雨も降ったばっかりで、みずみずしいリス追いの丘です。

歩いているだけでも清々しい気持ちになれました。

DSC01873e

ココもお気に入り!(ドックパークなら何処でも好きなココですが。)

DSC01886e

これから暑い季節の利用に便利な場所です。

ドックパークの管理人のバイトも考えているココに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村