ビーチでレトリーブ遊び

ココに無視されたコング Bounzerは、ジェイクが気に入ってくれました。今では、ジェイクのクチャクチャにも耐えてくれて重宝しています。

おっさんがおもちゃで遊びたいと言って、コング Bounzerに紐をつけたおもちゃを持ってビーチへ。

おっさんが投げたものは、プレミアムつくみたいで、ココも一生懸命おもちゃを取ろうとします。

DSC04280

でも、やっぱりこのおもちゃに執着がないので、すぐにはなします。

DSC04282

これはココのおっさんへの良い子アピールだと思います。

DSC04283

ジェイクは遊びたいだけ。

DSC04286

リコール練習したからか、レトリーブも速くなったかも。

DSC04287

はやくジェイクも、ココがいなくってもおっさんに集中できるようになってくれないかなぁ。

DSC04290

おっさんには、ジェイクにとってもっと魅力的で面白い存在にならなきゃって言っているんですが、難しいようです。

おっさんのトレーニングが一番難しい。汗

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

ジェイクのロングリード練習

ジェイクは、リーシュスマート(リードをつけているとお利口さんになる犬)なところがあるので、ロングリードでも拘束されていると感じるようで、トロトロ歩きになります。

離れすぎたら呼び戻したり、自発的に私たちのところへ戻ってきたらトリーツをあげたりしました。

DSC04268

先日買ったロープも試してみました。

DSC04277

30フィートあるので、オフリードの感覚に近づいたようです。

でも、おっさんには色が目立ちすぎると不評。

DSC04276

私が独りの時はうまくいきましたが、おっさんと一緒の時に、ちょっと気を許したスキにリードを付けたままダッシュされてしまいました。

私たちの集中が切れた時=自由時間とすでに学習してしまったようです。

ジェイクは一度成功したことは、どんどんスキルアップするのでもうこれ以上失敗させられない。

はじめからどの程度私たちから離れても良いかなど決めていなかったのも敗因。

朝の2頭引き散歩の途中でもジェイクが激しく暴れたので、散歩の距離を半分にして、トリーツを使うことにしました。

距離を短くしてから、だいぶ落ち着いたようです。

興奮しそうになった時に、知っているキューを使って別世界に行っちゃうのをなんとか防ぐことができました。

しばらく様子みて、距離を伸ばしていきたいと思います。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

今年が最後のうちの子記念日、たぶん

昨日、2月23日は、ココのうちの子記念日でした。

忘れていたからというわけでなく、うちの子記念日は今年で最後だとすでに決めていました。

ココがうちへ来た頃は、年齢よりうちに来てからの日数が重要な数字に感じていしましたが、3年という月日がたち、ココとの関係がしっかりと出来てきて、重要性を感じなくなってきました。

G0160496e

そして、この一年のココは、私の予測や期待をはるかに超える成長を見せてくれました!

一生無理とおもっていたトリックをマスター!

bow-1

トリックタイトルも取得。

ココには難しい項目があり、諦めていたCGCにも合格!

DSC02500e

水が怖くって、足もつけるだけでもやっとだったのに、水泳もマスター。

相性が合わないともいわれ、一癖あるジェイクも受け入れてくれました。

DSC03136e

これもまたタイプじゃないといわれたフライボールレビューも果たしてくれました。

DSC03536e

ココ、楽しい1年をありがとう!

これからも、いっぱい冒険しようね!

ココに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

念願のフライボールレビュー

近所で練習しているフライボールクラブが初心向けのレッスンを始めたので行ってきました。

ココをアダプションした時、フライボールなどドックスポーツができるブリィ系の犬を探していました。

こんなイメージを持っていました:ピットブルのフライボールチーム(音量注意!)

多少ハイパーでも構わないという条件で探していたんですが、縁がなく、犬探しにも疲れたので、たまたま犬舎にいたココをアダプトしました。

その時「フライボールっていうタイプじゃない」といわれたココですが、フライボールレビュー果たしました!

フライボールは、各地にあるフライボールクラブがオファーするレッスンから始めるのが一般的です。

地元のクラブは、年に3,4回初心向けのレッスンを行っていて、クラブの人たちが教えるのでレッスン代も犬の教室より安いのも助かります。

生徒は、小型犬数匹、ラブやジャーマンシェパードなど8-10匹でした。雑種犬はココだけだったかも、でも、説明が面倒だったので今回はケルピーで登録しました。

フライボールは、高スピードで犬同士がすれ違ったり、犬も人も興奮しているところで行われるので、ドックスポーツの中でも高い社会性が必要なスポーツです。はじめの説明でも、攻撃性に対しては厳しく対応することなど注意がありました。

練習も、ソーシャルゼーション、ジャンプ、ボックスの3つの分野にわけて練習していくそうです。

並行にならべれたジャンプで、横でジャンプしている犬になれる練習。

これは楽勝でした。

この後から、順番待ちの時間が長くなり、外で車のアラームが鳴ったり、周りの犬がおもちゃなどで遊んだり、子供が走ったりしたので、ココもだんだん緊張してしまいました。

flyball_01

次の練習では、インストラクターが犬を抑えて放すというのがあります。

アジリティのレッスンでも、首輪をもってハンドリングされることはあったので大丈夫だと思ったんですが、インストラクターのことを怖がって逃げ腰になってしまって、トリーツをもらってもまだ怖いみたいで(トリーツはちゃっかり食べてました)、とうとうワンワンワンと吠えだしてしまいました。

わー、どうしよう、レッスンやめさせられるかなぁとか心配になったんですが、犬に理解のある人だったので、寛大に対応してもらえてホッしました。この経験だけでも、レッスン来てよかったと思いました。

4つ並べたハードルを飛ぶのは、ココは一番うまくできていたと思います。

アジリティをやっていた経験をいかせたのか、自分でハードルの距離や高さなんかを計算して、効率よく飛べるみたいです。

走りもかっこよかったです~。ココも、何度かダッシュで走れたので気持ちよかったみたいです。

ボックスの練習は、ターンの方向を調べたり、ボックスになれる程度でした。その後、アシスタントの男の人とボールで遊んでもらって嬉しそうにしていたので、ココ本当にボール狂になったのかしら。

レッスンの最後には、だいぶ慣れたみたいねと、声をかけてもらえました。

ココもだんだん楽しいことする場所だとわかってきたようでした。

ココ、フライボールをやりたいという私の夢をまたかなえてくれてありがとう!

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

繁殖は芸術?

年末年始に、犬のドキュメンタリーをいくつか見ました。

その中でも、「NOVA – DOGS AND MORE DOGS」が面白かったんですが、この番組にでてきた、アメリカのパピヨンブリーダーの女性の発言がすごく不快でした。NHKでも放送されていたBBCの「イギリス 犬たちの悲鳴 ~ブリーディングが引き起こす遺伝病 」を見た時の不快感に匹敵するほど。

番組では、犬の発展は人間が必要とする機能を重視した繁殖で起きたものという説を検証していて、犬種の枠を超えて、現代のペット向きの犬を生み出す繁殖の必要性の提案があったりと共感できるところも多かったです。

ドックショウの普及で、見た目重視の繁殖が行われるようになり、インブリードが盛んになったという流れで、このブリーダーがでてきました。

インブリードの場合、人間の好みの見た目の犬を代々生み出すことができます。リスクは、遺伝的な欠陥が出やすいというこです。

彼女は、現代の科学を活用し、インブリードによる病気のリスクを下げているとしながらも、そこまでしてインブリードしたい理由は、繁殖が自分の「芸術表現」だからだそうです。

遺伝子は絵具、それをいじって「私が作り出した」美しい芸術品を代々残したいそうです。

話し方も魔女のようで、膝に乗っけていた犬の顔も硬直していました。

彼女は気づいてないけど、視聴者がブリーダーに反感もつように、ドキュメンタリーの製作者が意図的に仕込んだんじゃないかと思いました。

ネットでこのブリーダーのことを調べてみると、AKCとも関係も強い人で、繁殖の自由を守るため(インブリードする自由?表現の自由?)のロビーもしていると批判されていました。(事実確認していません)

繁殖やドックショウは、人の趣味であって、今後も自分たちの楽しみを奪われたくないというポジションのようです。

私は繁殖反対の立場ではありませんが、共感できるブリーダーと出会うのは難しいとつくづく思いました。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

自主トレメモ (12) 呼び戻し練習

ジェイクの呼び戻し練習用に30フィート(約9m)の紐を買いました。蛍光イエローで「トレーニングしてますよ!」っていう色でいいかも。

呼び戻し練習は、アジリティで有名なスーザン・ギャレットの無料冊子を参考にしています。

ココは、改めて呼び戻しトレーニングする必要はないんですが、ジェイクと練習する前に、ココで試しています。

呼び戻しトレーニングは、「呼び戻しの概念」の理解と「呼び戻しの選択」の2段階あるのかなぁとおもいます。

コマンドの意味を教えるだけではなく、自らの意志で呼び戻しを選択するという経験を沢山積むことが大切なんだと思います。

ココは、庭での練習がスムーズにいったので、今日の散歩の途中で、ロングリードと呼び出し練習。

ココは、私の位置を確認しながら歩きますが、ちょっと遠くに行き過ぎの傾向があります。

DSC04248

用意した強化子は、トリーツカクテル15粒とボール。

無視できるだろうというディストラクションがあるときに、「カム」で呼び戻し。(汚染されていない言葉を選ぶ。)

DSC04251

犬が戻ってきたらお祝い(言葉で)をして、ご褒美。

ハンドラーの位置も逆に向かって走ったり、その場で待ったりと変化をつける。

DSC04255

ビーチに誰もいなかったのでちょっとだけオフリード。

DSC04256

ロングリードは自由度が高いとおもっていたけど、やっぱりオフリードとは違うようです。

ここでも、「カム!」

DSC04259

雨上がりで、芝生がぐちょぐちょだったので、嫌みたい。

お座りもしませんでした。

DSC04260

紐も汚れてしまいました。

ボール遊び出来るところで、ボールを使っても練習。

終盤には、横を歩くようになりました。

DSC04264

今日の練習は、ニアミスが1件、失敗が1件で、88点。

電柱の匂いとりをしようとしている時に、無視されました。

電柱にまけたのはちょっと寂しい。

聞こえなかったか、距離が近すぎたので危機感がなかったのかも?

1回失敗すると、20回練習を増やすシステムです。成功歴を積み上げていくのが目的です。

ご褒美でつらないように気を付ける。

ロングリードは取扱いが難しいので、おっさんが使えるようflexi購入を検討中。ペットシップでサンプルが置いてあったので初めてflexiを触ってみた。想像以上にスムーズに伸び縮みして驚いた。でも、ジェイクはひっぱり癖がないのに、flexiでひっぱり癖がでないかちょっと心配。メーカーサイトの使用上の注意を読んだらちょっと怖くなった。

ジェイクは落ち着くのが優先なので、呼び戻し練習はちょっと先になるかも。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

楽しいかなぁ?

雨の日が続いたのと朝かまってあげられる時間がないので、朝食をエンタテイメントにしてみました。

朝食のフードをボウル2、スナッフルマット2つ、マジックマッシュルームにわけて、ベットルームに置いておきました。

DSC04188

始めにマジックマッシュルームを倒して中に何か入ってるか確認後、スナッフルマットへ。

スナッフルマットで食べる時はいつもボウルなしだから、ボウルにもフードが入ってるのにまだ気づいてなさそうです。

こういう試みって犬は楽しんでくれてるのかなぁ?

面倒くさいと思われているかもと思うこともあるので、お腹すいてそうな時は、サッサとボウルにまとめて出しています。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

その後のメジャードック

クリスマスプレゼントのメジャードックですが、期待していたほどつかみがよくなかったです。Chuckit!ほど犬がクレージーにならないように考慮しているかもとも思いました。笑

フリスビーは、室内で軽く投げられるので便利です。

ぬいぐるみはジェイクにわたしたらすぐに壊されました。

買ったときに、生地:ドイツ、縫製:中国のステッカーが貼ってあったんですが、そんな壊れ方でした。

DSC04245

さすがドイツ製の生地は無傷でした。笑

ジェイクはおもちゃをクチャクチャして痛めてしまうんですが、かなりクチャクチャしてましたがまだまだ持ちこたえています。

DSC04246

折角の生地なんだから、弱いところが出来ない縫い方してほしい。

メーカーをかばうわけじゃないですが、メーカーのプロモーションビデオみるとジェイクの遊び方が悪かったかもと思います。

このビデオにでてくるワンちゃん、遊び方が知的すぎる。

アメリカの雑種犬バリバリのジェイクにはちょっと合わなかったかなぁ?

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

ココ@パーク

ドックフードを買いに行く予定があったので、お店と同じ方向にある大きなドックパークへ行ってきました。

最近のココはボール狂になりすぎて、Chuckit!を持っていると他のことしなくなるので、今日はChuckit!なしです。

それでも、いきなりボールを見つけたココ。

DSC04193

大きなボールは怖がって遊ばないかなぁと思いましたが、何度か蹴ってあげると楽しくなったみたいです。

蹴って遊ぶボールもオーダーしなきゃ。

DSC04200

フィールドを離れるとウロウロし始めるココ。

DSC04202

坂が急なところは独りで行ってもらいました。

DSC04207

よい運動になりそう。

DSC04208e

一度見つけて無視したボールのところへ戻ってきました。

DSC04210

また、ボール遊び。

DSC04216
投げろ

まぁ、ボール狂にしたのは私なので、蹴らせていただきます。

DSC04217

テニスボール拾ったので、さっき遊んだ大きなボールに興味なくなってしまったようですす。新しいボール、注文しなくてよかった。(汗)

DSC04219

でも、他の犬が大きなボールに興味を示したのでまた興味がアップ。

DSC04220

ドックパーク、楽しい!!

DSC04221

ちょっと走ってみたり。

DSC04226

やっぱりココは、牧羊犬なんでしょうか、常にキョロキョロと周りをチェックしています。

DSC04230

ココも、人間、犬ウォッチングを楽しみました。

DSC04229

ドリャー

DSC04232

ウォーー

DSC04233

歩いている途中であったボーダーコリー?カレリアンベアドック?な子犬とも遊びました。

DSC04238

帰る頃にやっと人や犬が増えてきました。

DSC04239

楽しいドックパークも終わりに近づきました。

DSC04240
右上が駐車場

駐車場前でボケたふりをしてまたドックパークへ戻ろうとするココ。

DSC04241

よく道知ってるね。

DSC04243

この階段はおりたくないから戻ってきて。

今日は満足感が高かったのか、すんなりと戻ってきてくれました。

また、来ようね!

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

ココパピィ

ココは、アダプションしたときに1歳半だったので、パピィ時代の写真がないので、時々、ココのパピィ時代の写真見てみたいなと思うことがあります。

ですが、アダプションのリスティングサイトでココパピィを見つけました!

ケルピーミックスの女の子。マーキングも同じです。

coco_looklike_puppy-1s
ココ似のパピィ。

ちょっとシャイな感じも似ている。

いつか自分の記憶がフリップして、本当にココパピィの写真だと思っちゃいそうです。

ついでに、ココパパも見つけました。

ボーダーコリーのアジリティ大会のビデオに出てました。

coco_papa-1
ココパパ:イメージ

ココのDNAテストでボーダーコリーMIXとでたので、ココのようなボーダーってどんな犬だろうと思っていましたが、ショートヘアのトライカラーの犬もいるようです。

ココパピィがたくさん~。かわいいです。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

人の教育法は犬にも適応できるか?

犬オタクネタで、ダラダラしてます。

何を検索していたのか忘れましたが、興味深い記事をみつけました。

Inquiry Based Learning for Dogs

リサーチサイエンティストの個人のブログのようです。

IBLは、問いかけをベースにした生徒参加型の教育法で、日本でもアクティブラーニングなどと呼ばれているようです。

EUの教育法を研究している団体によるIBLの紹介ビデオ:

先生の話を聞いて、覚えるという従来のレクチャー式の授業ではなく、生徒が自分たちで答えを見出していくというものです。ヨーロッパや中国などですでにとりいれられている教育法で、今後のグローバル化した社会により適した人材を作り出せるとも言われています。

記事の最後にIBLは犬にも適応できるかと問いかけがあったので、ちょっと考えてみました。

探究心は動物共有のサバイバルのメカニズムで、人間も犬も、好奇心や探求心を満たしたいという欲求をもっていると思います。

犬のトレーニングも、自分自身で答えを見出して、上手くいったときに、「ヤッター!」と感じることが大切だと感じていました。

わたしは、これを「ヤッター!感」と呼んでいて、このヤッター!感を感じやすい方法をいつも考えていました。

問題が解決した時のよい感情はユリイカ・エフェクトと呼ばれているというのを後で知りました。

それが、犬にもあるというリサーチがあります。

コマンドを教えて、それを正確に実行させるしつけだと、正解は常に人が握っていることになります。

他人が考えている正解を覚えるのって難しいし、賢い犬でも、不正解を出さないための行動(行動を起こさない)が出る可能性があります。これを大人しくってよい犬だと思ってしまうのはとても不幸だと思います。

[この点に関しては、オペラント条件づけを体系化したスキナーが当時から罰の弊害として指摘していたことで、学習は建設的に何かを生み出す形で行われるべきと語っていました。]

IBLでは、生徒自身が疑問を持ち、その答えを探求する、その過程で、他の生徒とのコミュニケーションや協力していくことを学ぶことに重点が置かれています。そして、生涯にわたって学ぶ姿勢をみにつけることが、先生の持っている答えを覚えることより重視されています。

犬のしつけでも、暗記にたよったり、わからないことには消極的になるよりも、自分で考える機会が与えられていることが必要なんじゃないかと思います。

フリースタイルのインストラクターとして有名なMichele Pouliotさんは、盲導犬訓練にポシティブトレーニングを導入した人ですが、トレーニング法を変えた理由として、従来のやり方では、複雑化した現代の社会に対応できる順応性のある盲導犬が作れないからと話していました。

それでも、内部で従来のやり方に固執している人たちがいるそうです。この点は、IBLの問題点と似ていると思いました。IBLの授業を効果的に行える先生がいない、IBLを導入するのが難しい教科もあり、新しいスキルや創造性がかなり問われるので、先生たちにとってはうざったい試みだと思います。

犬のしつけと照らし合わせても、犬の自主性を重視したトレーニング法を飼い主が正確に行えるかという問題があるので、そこでも共通点があると思います。

それでも、今必要なことを教え込むことよりも、生涯にわたっての犬の態度や行動、QOLによい影響を与える教育に重点をおくことが大切だと思います。

アジリティのクラスでも怖がりでもない犬が障害を拒否するので、先生が「だれがしつけしたの?」ってきくと、「俺だ!」っと自慢げに答えていた人がいました。自分が押しつけ教育したことに気づいてもいない。

アジリティの障害拒否するぐらいどうでもいいことかもしれませんが、拒否している理由が不健康に感じました。

このタイプの犬はトリックのクラスにも来ていて、2匹とも年配の方が飼い主のセラピー犬でした。一人は、クラスではフラットカラーかハーネス使用と指定があったのに、細いチョークチェーンでした。

ココの同級生のおっとりラッシーちゃんは、コンファメーション(ドックショウに必要なトレーニング)をやっていたので、アジリティでもつねにヒールの位置(これはこれで綺麗なんですが)で、ハンドラーから離れて走れなくなっていました。上のクラスの最後の方で、ちょっと走るようになってみんなから拍手がでたほど。

自由奔放にそだっているジェイクはどう育つんだろう。

お座り1本だけど、自分で選んだ方法で生きていくのは幸せかもしれません。

でも、スローなイメージのジェイクですが、冷蔵庫を開けたり、食事の準備をしている気配を察知すると、おねだりのベストスポットに瞬間移動するんです。移動しているところを目撃出来ないぐらい速いです。だから、学習能力は高いと思うので、必要なことは覚えてくれる日がくると信じています。

そして、「人の教育法(IBL)は犬にも適応できるか?」の答えは「YES」だと思います。

世間にはいろんな犬のしつけ法がありますが、一つの方法にこだわったり、検証もしないで否定することは建設的でないと思います。

飼い主が自分の犬にベストな方法を探求し、答えを導く姿勢も大切だと思いました。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

自主トレメモ (11) Settle Step1終了

場所を移動しても、1からやり直しにならないですぐにSettleの姿勢になるようなったので、ココのSettleの基礎練習終了。

DSC04186e

まだまだ、頭はトレーニングモードですが、リラックスした姿勢になれることも大切。

今までは誘導を主に使っていましたが、シェーピングだけで教えることが出来て感動!

ジェイクは、2度偶然マットの上で伏せました。これをしっかり覚えておいてくれるかなぁ。

トレーニング中、ストレス行動がみられるので、やり方をもう少し工夫してみようといます。

ココは次はトリガーを使っての練習。

昨日、公園で子犬の社会化トレーニングしている人をみかけて、子犬だと簡単だなぁとうらやましく見てしまって、心が折れそうになりましたが、ココもジェイクもよいこなので、がんばらなくっちゃ。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

ワケアリなので

近所にあるワケアリのドックパークは、いつも貸し切り状態で使えるのでジェイクがいる時に利用するようになりました。

でも、お天気がよい日だったので、2グループで、4,5匹がすでにドックパーク内にいました。

お利口さんのボーダーコリー。人の言葉を理解できて、サービス犬として登録しているそうです。

トレーニングはあまりされていないようですが、飼い主への集中とか素質がいい感じ。

DSC04172e

おっさんも、自分がボーダーコリー好きなの思い出しちゃったみたい。

でも、ジェイクにはジェイクの良さがある!

DSC04170e

ボーダー君もジェイクに興味持ったみたいです。

DSC04171e

おっ、パープルの輪にも興味を示しました。

DSC04173e

ちょっと遠慮がち。

DSC04175e

ココはちょっと後ろで様子み。

DSC04176e

ココは自分でリングを首にかけてパープルの輪を独占。

DSC04179e

口に何か加えているとジェイクもちょっと落ち着くようです。

DSC04181e

ジェイクが興奮しすぎになってきたので、帰ろうとしたとき、2匹連れのグループが入ってきてまたひと暴れ。

ボーダー君のパパさんに捕まえてもらって、退散できました。(苦笑)

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

自主トレメモ (10) ジェイクのSettle

ココは、マットでフセて頭を床につけるようになったので、ベットルームとウッドデッキの上で同じ練習を始めました。すでに何をするか理解しているようで、場所を移動しても、すぐにフセて頭を床に置くようになりました。

練習以外でも、掃除機の音などをフセてやり過ごそうとする行動が増えてきました。

ジェイクもゆっくりですがSettleの練習を開始。

ジェイクは、トレーニングの経験があまりなく、お座りの一本勝負で生きていくと決めたようで、フセもできません。

マットの上でお座りまではすぐに出来ましたが、そこからがどうしてもわからないみたいです。姿勢を崩してはいけないとおもっているのかもしれません。

途中でミィミィ泣き出してしまいました。

フラストレーションになってしまったようなので、リセットするタイミングに気を付けたいと思います。

ジェイクがいるといつも自分の頭の良さをアピールするココ。

20160209_190657e
ココは、まだ何か期待しているけど後ろ足も崩していて視線も強すぎないでいい感じ。

要求を通そうとグッと近づいてくるジェイク。

20160209_190719e

ジェイクは自分なりに考えた世渡りの方法をすでに持っているので、新しいことを教えるのに時間がかかります。

Settleも理解してくれる日は来るのかなぁ~。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

ジェイク参上

雨上がりの週末だったので、いつもより混雑していたドックパーク。

ジェイクがいる時は、混んでいる時間は避けているんですが、ココを遊ばせたかったので、気を張って入場。

ジェイク参上とばかりに、入場と同時に、興奮度MAXのジェイク。

側にいたセントバーナードとグレートデンが標的に。

DSC04160e

超大型犬って自分より小さい犬たちから普段怖がられているのか、何の躊躇もなく「遊ぼう!」ってやってきたジェイクのことを嬉しく思っているように見えました。

でも、飼い主の方々はあまり遊ばせたくなかったようですが。

ココもジェイクからしばし解放。

DSC04161e

ジェイクは場を読まないで誰にでも同じアプローチをするので、8割ぐらいの犬に嫌がられていると思います。(苦笑)

相手が嫌だとコミュニケーションとればすぐにわかるようですが、意思表示が弱い犬が相手だとOKだと思っちゃうようです。

DSC04162e

この後、怖がりの小型犬を追いかけて、ヒンシュクかって、退場になったジェイクです。

本来ならジェイクみたいな犬とプレイグループで気兼ねなく遊ばせてあげたいところですが、相性の合う相手を探すのもなかなか難しいし、おっさんにママ友出来るかなぁ?

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

警官による犬への発砲死亡事件の和解に262,500ドル

アメリカコロラド州で、警官による犬への発砲死亡事件の和解に262,500ドルが支払わることになりました。この手の事件の賠償として最高額になるそうです。

Colorado city to pay $262,500 for dog killed by officer

キャッチポールで捕まえられて暴れている犬に発砲したビデオが公開され、市民からも警察に対する抗議の声が殺到しましたが、ポリシー違反はナシということで。おとがめなしとなっていました。でも、こういうメンタリティの人が銃もって警察官しているというのが健康的でないと思います。

まぁ、人でも捕まった時に暴れたら撃たれますが、犬のほうが世間は怒る。

この市の法律で、犬は飼い主の所有物で、破損した物の賠償、雑種のこの犬には200ドル程度しか支払うことが出来ないことになっており、それを不服として今後民事裁判を起こさないことを条件に和解。

市への負担も1千万円ちかくになり、今後、公費への負担を防ぐため、警察官へのトレーニングを推し進めるきっかけになるのではないかと期待されています。

ジェイクは、レンジャーや制服来た人が大好きで、いつか撃たれないかちょっと心配しています。

すでにレンジャー(公園内の保安なので銃を携帯しています)には飛びついたし、、、。(汗)ココは吠えまくってたけど、レンジャーは自然が好きなのか、犬にも寛大です。

犬怖かったら警察官にならないでと思います。

AKCでもこの事件にふれ、警察官に対するトレーニングの必要性を強調していました。

カンザスシティで導入されたトレーニングでは、警察官による犬への発砲死亡件数を81%減らすことができた例が紹介されていました。

Colorado city to pay $262,500 for dog killed by officer

犬のしつけに必要なことは、人をトレーニングすることだと改めて思いました。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

自主トレメモ (9) Settleの経過

ココのSettleの練習の経過です。

1分程度のセッションを1日数回、1週間が目安です。

マットの上にフセるのはすぐにできたココですが、なかなかリラックスするということに気づけないみたいです。

DSC04151e

クリッカーの音に興奮しやすい時は音を変えるようにとあったので、ボールペンでも試してみました。結局、口でyesにしました。

三日目ぐらいから、知ってるトリックをみせているだけって感じですが、横になることも。

DSC04156e

セッション以外では、体の力を抜いてリラックスしている姿をよく見るようになってきました。(今ジェイクがいないからかもしれないけど。笑)

五日目に試しに肉導入。期待が高まり過ぎるので、トリーツは変えない方がいいと思いました。

ココも頑張って考えていますが、マット=くつろぐというのがまだわからないようです。

ココをみないようにしていたら、視線をそらすようになりました。

DSC04152e

マットみると喜んでくつろぐのが理想ですが、六日目には、つまらなそうになってきたので、久々に庭でアジリティの練習をして、楽しみました。

徐々に頭を床につけるようになってきて、七日目には、写真に撮れる長さになりました。(といっても、まだまだ一瞬ですが)

DSC04154e

「もしかして、これ?」

DSC04155e

やったー!!

リラックスのサインがみえたらクリックで、地道につづけるとわかってくれるもんなんですね。

まだ、頭はリラックスしてないですが、建設的なことを考えたり、体の力を抜くだけでも、いつも緊張しっぱなしという状態よりよいのではないかと思います。

次は場所を変えて練習です。

ココに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

ドックパークでトリック

ドックパークに落ちているボールを拾ってまでも、ボール遊びするようになったココ。

トリックを披露してボールを投げてもらおうと、何か考えているようです。

DSC04141e

これは、踏み台に前足を乗せるトリックの応用かなぁ。

家具に触れないココに教えるのに苦労したトリックです。出来るようになってからは、便利だとわかったのか、日常生活にも活用するようになりました。

オスワリでスタンバイ。

DSC04143e

興奮気味だったのか、スピンといっても、バウをしていました。

遊んでいる時の興奮度をはかるのに、時々トリックさせるのもいいかも。

平らでないものの上にもピョンと乗れるようになりました。

DSC04148e

身体感覚を高めることで、自信がついてきたんだと思います。

DSC04145e

何よりもドックパークでトリーツ持っている人を見つけるトリックが得意なココでした。

ココに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

ジェイクの日常

ジェイクは主におんじの小屋で暮らしているので、おっさんの車の助手席もジェイクが陣取ってます。

DSC04127e

分離不安気味で、おっさんがいなくなるとちょっと暴れますが破壊行動なしに車内で待っているのでよしとしているようです。

おっさんはジェイクの要求を全部聞くので、必要なことがあればミィーミィーと鳴きます。

要求といっても、トイレ行きたい、お腹すいた、一緒に寝たいぐらいなので、教えてくれて便利だと言っていました。

近すぎるおねだりもジェイクの日課です。

DSC04031e

要求もおねだりの機会もない時はぐっすり寝ています。

DSC04008e
後ろ足を枕にねるジェイク

私もちょっとジェイクを見習って生きてみようかなぁ。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村