久々の水泳

水泳の写真は、いつも同じだけど、毎回撮ってしまいます。

DSC05162

泳ぎや自転車に乗れるようになる瞬間って不思議ですよね。

バラバラだった神経が一瞬にしてつながって、意識しなくっても体が動くようになるイメージかなぁ。

DSC05155

ココは、水が怖かったこととか忘れちゃったのかなぁ。

DSC05136

人見知りするのに、トレーナーのような服装の人にはトリーツもらえると思って近づきます・・・

「芸出来ますよ。」とアピールのココ。

DSC05187

今日は、アイドルポーズでボールのおねだり。

DSC05173

物理の法則に思いふけったり。

DSC05179

丸太の上を歩いて、泳ぐ距離を短かくする方法を見つけたり。

DSC05188

すごく楽しくって、帰りたくなかったココでした。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

101匹わんちゃんシンドローム

「101匹わんちゃん」のダルメシアンや「ビバリーヒルズ・チワワ 」のチワワのように映画で使用された犬種が、映画公開後、シェルターにあふれるという現象を「101匹わんちゃんシンドローム」と呼ぶそうです。

飼いきれず捨てられるという問題以外にも、稼ぎ時とばかりに安易に子犬が大量生産されることで、健康・気質などに問題がでたりなど、犬種に与えるダメージは大きいと言われています。

ダルメシアンのケースでは、シェルターに持ち込まれたダルメシアンの多くが殺処分になったそうです。(映画見た後に飼い始めて、捨てる時期も同じで、一度に多数の里親を見つけるのが難しかったためと思われます。)

人が稼ぐために繁殖され売られ、子犬の時期が過ぎたら捨てられる。一般に飼うのが難しい犬種だと「捨てる=殺処分」です。

ヒットした映画で犬が使用されるたびに、同じことが繰り返されます。

昨年公開された、ベルジアン・マリノア主役の「マックス」では、軍用犬として活躍している犬種で、安易にペットとして飼うような犬ではないので、公開前から、映画が犬種にあたえる影響が懸念されていました。

幸いにも映画はおもったほどヒットしなくってホッとしていたんですが、やっぱりドックパークなどで、子犬をちらほら見かけるようになりました。

ジャーマン・シェパードが欲しかった人がマリノアにしたという感じなので、大人気というほではないから、心配ないのかもしれませんが、ダルメシアンの繰り返しにならないことを祈ります。

映画会社も、本編の前に、ペットを飼う責任などを啓蒙する映像をながしたりできないものなのかなぁと思います。

やっぱり、動物の衝動買いはダメですね。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

家計

オンラインショッピングでセールス税をセーブしたり、タマゴを茶色から白にしたり、ちびちびと節約を始めたところなのに、スピード違反のチケットに加え、税金の申告漏れの通知が・・・

IRS (国税庁?)からの封筒を見ただけで鬱になりそうです。これって、古典的条件付けってやつかしら。

税金控除分割引になっていたものが、控除の対象にならないから割引分返金って、なんかすごく損した気分になりました。はじめから割引受けなければよかった。

ココも家計が心配になったようです。

DSC05059

大丈夫、ココたちの食事代はあるからね。

でも、ココ貯金はやめちゃったけど・・・

犬も扶養控除できたらいいのになぁ。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ