今月公開の犬映画に動物虐待の疑い

今月公開の犬映画「A Dog’s Purpose」、犬の輪廻をえがいた映画です。

予告編だけで犬好きの心をわしづかみにし、劇場公開を楽しみにしていた人も多いはず。

そんな犬映画で無理な撮影が行われたと告発するビデオが公開されました。

動物保護団体の中には映画をボイコットするように呼びかけているところもあります。

おっさんは、トレーナーのハンドリングが悪いけど、ケガさせたわけじゃないし、虐待ではないといいます。

私は、動物に出来ないこと無理やりさせるって演技ではないと思うし、そのような撮影をされた映画は楽しめません。この演技のための準備やトレーナーの判断が悪いのも気になります。日常、常に無理やりなことさせてるじゃないかなって疑ってしまいます。

プールの中にもスタッフがいますが、飛び込んだ後、監督の「カット」の声が遅すぎておぼれかけたんじゃないかというみかたもあります。

監督は、撮影中にこのようなことがあったのは知らなかったそうで、残念なことだ、調査に協力するとソーシャルメディアを通してコメントを出しています。

知らなかったって・・・どんだけ撮影に集中してたんでしょうかね。それとも、現場にいなかったのかなぁ?

アメリカの映画で動物を使用するときは、American Humaneという団体から派遣された職員が安全のガイドラインにそって撮影が行われているかチェックするため現場に立ち合うことになっています。

そして、American Humaneから問題なしとされると、映画本編が始まる前に、”No Animals Were Harmed”というメッセージを出すことができます。観客もこのメッセージを信じて安心して映画を観ることができます。

動物の声になるがAmerican Humaneのモットーなので、どんなにお金のかかるシーンを撮影していても、動物に危害が加えられている場合は、職員は声を出して撮影を止めなければいけないことになっています。

でも、そんなこといち職員に出来るのかなぁって思います。撮影現場では疎まれている存在なような気もするし、トレーナーに意見するとケンカになりそうだし・・・

American Humaneの基準も、死ななきゃOKなのかもしれませんね。この映画に立ち会った職員もAmerican Humaneの調査の対象になっているそうです。

動物虐待だと判断された場合、映画はお蔵入りになるんでしょうかねぇ。そうなった場合、かなりの経済的な損失になりそうですね。

常に正しいことをする方が結果として得をするということだと思います。

このジャーマン・シェパードが、元気にしていることを祈ります。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ