真剣です

天気のよい週末で人も多かったので、ココだけ連れてビーチ散歩。

ジェイクなしビーチで、Chuckit!ありだったので真剣すぎる。

ひと時の喜びを味わうココ。

やっぱりココとの1:1の時間大切だね。

もっとたくさんココと楽しい時間を過ごさないとね。

犬って待ち時間長くって申し訳ないなぁって思います。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

再稿:愛犬家の意見:ゴールデンの事故

事件後時間がたちこの事件についていろんな意見がでてきたので、また、考えてみました。

[注:前回、いただいたコメントは、そのまま移行しました。]

ゴールデンの事故

愛犬家が最も恐れている悪夢が現実になったとしか言いようがない悲しい事故が起こりました。

亡くなった赤ちゃんのご冥福をお祈りします。

ニュースでは、ゴールデン・レトリバーがいかに優れた犬種であるかがクローズアップされて報道されているようですが、どんなに優れた犬でも人に致命傷を負わせる力をもっていることを忘れてはいけないことをもっと強調した報道をしてほしいと思いました。

* そして、安全のために引き戻したというプロのトレーナーのコメントが的を外しすぎているということで注目を浴びてしまったようです。

個人的には、アグレッシブな行動だとかネガティブなコメントを控え、悪際はなかったというソフトな意見にしたかったから言っただけだと思いました。

* しつけがおろそかだったからという意見は、プロのトレーナーさんたちの間では、あまり指摘されていません。

「ダメ」というと犬は大人しくなったと報道されたことやドアダッシュをして外にいる子供たちに跳びついて、そのときも叱られて家に戻されたという証言もあったので、犬の行動の予測に難しいところはあって、それを起ってから止めるという習慣はあったのではないかなぁと思います。噛む加減の問題でも、大人しい、噛んだことがないというだけで、噛みを何処までコントロールできるかというリスクをはかるのに情報不足だったんじゃないかと思います。

アグレッションがどこまでエスカレートするかは、アグレッションの種類によっても異なるといわれています。普通は使われないような深さで噛んだり、警告をだしたり段階をふまない犬は、リスクが高いといえるじゃないかなぁって思います。反射的に出るアグレッション(プレッシャー/リリース)の場合は、どんな犬に対しても状況を避けたほうが安全なように思います。

大人しい=安全ではないと思うし、難しいことを分析して考えるより、犬が赤ちゃんに接触できないように環境を整える方法のほうが簡単で確実なんじゃないかと思います。

* 捕食行動ではないかという意見について

赤ちゃんの動きや声に刺激されての捕食行動がでたという意見が多いようですが、捕食行動にしては、「ダメ」という声にすぐに反応しているし、噛みが浅いという意見もありました。

今年に入って、マウスの実験で、捕食行動の「追う行動」と「殺しのスイッチ」が誘発される2つの経路が明確になり、特定の神経細胞を刺激することで食べ物でないものも狩の対象として捕食行動を誘発することが出来たという発表がありました。(医学誌Cell)[むやみに捕食行動の神経が刺激されないように行動抑制は効くもののようですが、病気などが原因で、行動が乱れてきたときの治療の方法の開発のための実験のようです。]

神経細胞が刺激されると論理的な説明なしに捕食行動が誘発されるというのは犬の飼い主なら体験的に分かっていたことかもしれませんね。

でも、犬の場合、捕食行動の誘発のされやすさには個体差がかなりあるんじゃないかなぁっておもいます。どこまで抑制できるものなのかも興味があるところです。

* 犬種は関係あるか。

犬種は関係ないという意見の方が多いですが、ゴールデンのオーナーさんたちからは噛み方などゴールデンぽくないという意見もあるようです。

科学的なことはどうなのかわかりませんが、私は、捕食行動やその他の反射的な噛みの出やすさや噛みの深さは犬種と多少関係があるじゃないかなぁとおもいます。犬種より個体差でしょうけど。

フレンドリーで有名なゴールデンでも、アグレッシブなゴールデンがいるということで、遺伝子との関連を調べたリサーチもあります。

Genetic variation in aggression-related traits in Golden Retriever dogs

このような突発的な事故の真の原因をしることは出来ないにしろ、愛犬に事故を起こさせてしまうっていうのは、何があっても避けたいと思うのです。

これは犬を飼う上での社会的責任でもあると思います。それが大人しい犬種を飼えば免除されるものではないということを考えさせてくれるきっかけにしてほしい事故だと思いました。

そして、社会性や刺激に対する常識的な反応を成長過程で身に着けることの重要性についても考えてほしいと思います。子犬の成長に重要な時期に、母犬や兄弟犬と一緒に健康的な環境で育てられることでより安全な犬になることを忘れないでほしいと思います。

ブリーダーの意見も聞きたかったです。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村