ワンちゃんスペシャルの反響

このネタは気分が悪くなるし、もっと楽しいことを考えたいのですが、モヤモヤしたものはこの際吐き出しておこうと思います。

プロフェッショナル 仕事の流儀 ワンちゃんスペシャル

先日の記事の続きですが、この訓練士を擁護する意見が増えてきていて、番組への意見も苦情のほうが少なかったと書いているところもありました。

擁護派の主な意見はというと:

1.他の訓練士は受け付けない。
2.他に方法ではダメだった。出来るなら自分でやってみろ。
3.なおせないと保健所送りになる。犬を引き取っている。
4.犬が怖がっていたら、寄っていかないら、訓練士のことは殴られても受け入れている。

これは、番組が暴力的な訓練法を美化することに成功したということだと思います。

単にこの訓練士さんの仕事への姿勢に感動したという人も多そうでした。

かれのホームページに「もしそれ以上の訓練士をご存じの方がいましたらお知らせください。是非お友達になりたいと思います。」とかいてあったんですが、本気で向上心がある人なんでしょうか?

まめ蔵よりひどい噛み犬を矯正した陽性強化のトレーナーも日本にいますけど、委託じゃないです。

委託できないというところも問題にしているようでした。

行動学も知っているけど、褒めるだけ、ストレスかけない方法ではダメなんだ的に書いていました。

そりゃそうだけど、行動学って褒めるだけ、ストレスかけないっていう方法ではないと思います。

[本能が抑えられない状態にあるため、食事の時間にムチで大きな音を出し、最低限の痛みを与え、我慢の経験を積ませる。]

ということなんですが、感情や行動をコントロールするためには前頭葉を使います。でも、命令されたり、抑圧されていると前頭葉は刺激されず、動物が自ら選択し、行動をおこしたときは、前頭葉の報酬システムが刺激されることが分かっています。

暴力を我慢できても前頭葉を鍛えることはできません。

だからら抑圧的な方法で犬たちが変わったというなら、別の理由(学習性無力感など)で変わったと考えるほうが妥当だと思います。

リコーラーのスーザンも一般的な陽性強化のトレーナーからは批判も受けていますが、スキナーの弟子の弟子にあたる人で本当に行動学を理解している人です。彼女も褒めるだけの方法ではダメなこともある、でも、自分は暴力的な方法を選択しないと言っていました。

彼女の手法は、「グーとパー」や「ドアの開け閉め」で「待つこと」、「自制」することを教えます。(動物園の動物にも使われています。)

叩かなくっても、欲しいものにアクセスできないようにすれば、教えたいことは伝わるし、簡単な動作を使うことで、短期間で、待つ経験を何度も積ませることができます。

待つ選択をすることで報酬システムが刺激されるようになるので、脳が本能を抑えられるように変わっていくんです。

生徒さんの中には、遺伝的とおもわれがちなひどい光フォビアを改善させた人もいます。

待つ行動が自発的でなければいけないので、「マテ」と言ってしまったら意味ないと思うのです。

1秒でも自主的にマツという選択をさせることも教えられないんでしょうか?

一年もネチネチ犬をいじめる忍耐力があるなら、地道に1秒から時間を延ばすことできるとおもうけど、自分のスキルを捨てたくないし、ビジネスとして成り立っているから続けているんじゃないでしょうか。

「もう少しやらせてください」ってこれ以上まめ蔵に何するの?

でも、飼い主さんからの手土産らしきものを持っていたので飼い主さんは頼りにされているんでしょうね。

自分で出来ない人が委託するビジネスを頼ってもよいと思うけど、こんなに誇らしげに放送する必要はなかったと思います。

あと、罰を与えている人に犬が好意的な態度を示すことは、「パブロフの犬」の実験の時にも観察されています。トラウマティック・ボンディングってやつだと思います。

心を折るのに1年かかる和犬って本来は素晴らしい犬たちだなぁと思いました。

戌年だからこそ、未来に向かった建設的な話を取り上げてほしかったです。

それでも、この番組が、飼い主のひとりひとりが自分のスキルをステップアップすることを考えるきっかけになればと思います。

力には1秒で折れたふりするジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

しつけのいきすぎ (2)

先日のしつけのいきすぎの記事のすぐ後でびっくりしましたが、29日放送のNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介されていた訓練士の調教方法が虐待だ、まめ蔵が可哀そうという声があがっているそうです。

「プロフェッショナル仕事の流儀」ってその道のプロを紹介する面白い番組だと思うのですが、誰も手を付けない危ない犬を扱うというところで仕事人の魅力があるってことでの人選だったんでしょうか。

「悪者になっても、命を守る」だそうです。

驚いたことに訓練所には100頭ほどの犬がいるということでした。それだけ、犬の危険行動で悩んでいる飼い主さんも多いってことなんでしょうね。

実際、彼の訓練法を批判する声もあるそうですが、人が嫌がる仕事をしているだけで、批判されて辞める気にはならなかったそうです。

ネットに出回っている静止画像をみるより、動いているとそんなにひどくもないんじゃないかなぁとは思いました。それでも、これが一年ちかく続くのとやっぱりまめ蔵くんの部分はちょっと疑問に思う点がありました。

犬が普通に食事しているときに近づいてしつけ棒みたいなので叩いたり、8歳になるまめ蔵くん、半年以上訓練しているのに改善してなくって、バシバシ、ボコボコ叩かれていました。これだったらeカラー使ったほうがいいんじゃないかなぁって思ったけど、素手で叩くことにも意味あるのか?

クレートに頭突っ込んじゃってます。根性あると思うけど、「痛て」って噛まれてました。苦笑

今まで8割の成功率で、リハビリできなかった犬たちは引き取っているそうです。

この覚悟があるから、叱れるし、難しい犬を引き受けられるということだそうです。

[私としてはこれは、生かしておくだけで、命を守るとは言わないと思います。]

仕事人としての姿勢や経験は素晴らしいと思うのですが、シーザーの番組と同じで、人物を美化することでやっていることがマネされてしまうという点がやっぱり問題なのかなぁと思いました。それもNHKが放送するっていうところに犬の福祉へ理解のなさを感じます。

あと、教えようとしていることは、私が今やっているリコーラーと似ていました。

素人の飼い主が、犬に触れくことなく、フセやマテなどの合図も使わず、同じこと教えられるんですけど・・。

ナレーションではほかに確立された方法がないように言っていました。行動学の存在も否定するのか?

犬のしつけは、意見が多すぎてどれもそれぞれの状況で正当化できてしまうこともあるのが難しい問題だなぁと思いました。

これからはいぬのしつけはエンリッチメントですよとあらためて思いました。

[追記] NHKに感想送りました。

彼の方法が残された最後の方法でないことと噛みのようなアグレッションの問題は犬の訓練士ではなく、行動学に精通したビヘイビアリストが扱う方向に向かっていることを伝えました。あと、非暴力な方法で難しい犬に取り組んでいるトレーナーや保護団体、これからの犬のしつけの行方など取り上げてほしいことも添えました。

NHK プロフェッショナル 仕事の流儀 ご意見・ご感想

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

ココと新しい場所を訪れる

今年の抱負というか、月に一度程度、ココと一緒に新しい場所や街に出かけるようにしようと思い立ちました。

ココも今年で7歳になるし、昨年の末始めたリコーラーのゲームとかでメンタルも強くなってきたと思うので、月に一度ぐらいいつもと違うことをすることで元気なシニアの基礎作りになるかなぁと期待しています。私にとっても、初めての場所まで車を運転したりってよい刺激になると思います。

1月も残りわずかだったので、慌てて街中にある公園へ行ってきました。

やっぱり、初めての場所だとはじめは緊張するみたいです。

行った時間帯が悪かったのか、オリンピック選手みたいな体系の人たちがプロって感じのスピードで走っていて落ち着かない。

ココは興奮してズンズン進み始めました。

はじめだけかなぁとおもったけど、なかなか落ち着けない様子で、パピー状態。

情報収取に真剣です。

リス発見。

することはどの公園でも同じですね。

また、リス・・・。

ちょっとだけリス追い。

リスさんもお疲れまでした。

そして、大砲をバックに記念撮影。

ココは撮影中は動かないでいてくれるけど、モデルはまだまだです。

帰り際にやっとちょっと落ち着いてきました。

また、すぐにここに来たほうがいいのかなぁ?

来月は新しい場所へ行くときはトリーツ用意して、落ち着くのが早くなるのか試してみたいと思います。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

ビデオ:棒と舞うジェイク

Windows10でPhotosというのつかってビデオ編集できることをごく最近知ったのでたまっていた犬たちのビデオを編集して遊んでいます。

これは家の裏で棒で遊んでいるジェイク。

ココは棒で遊んだり、無駄な動きでエネルギーを消費するようなことはしませんが、ジェイクのほうが犬らしいところが多いです。

最近は、棒で遊ぶのは危ないからと棒に似せたおもちゃなども売られていますが、安全に遊べているから大丈夫かなぁと思います。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

オンライン教室続々

オンラインの犬教室の流行りなんでしょうか?

取りたいレッスンがいっぱいで困ってしまいます。

今まで画像を作ってもビジネスに結び付けるのが難しかったけど、ドックトレーナーにもネット利用して自分たちのスキルをビジネスとして提供する方法が浸透してきたんでしょうね。

興味のあるクラスの紹介です。

1. Handling 360: 今とっているリコーラーのスーザンがやっているアジリティのコースです。ちょっと高いので今年は断念しました。リコーラーやっている人たちはお金持ち層が多いのか、スーザンのファンで両方やっている人が多いです。教室に通わなくってもこのコースだけで全国大会目指せるぐらいになるみたいなので、近所に教室がない人におすすめです。

生徒さんのビデオコンテストとかプロモートもうまいし、コーチも上手な人です。

2. Weekly Manners: youtubeで人気のkikopupことエミリーがやっているペットのためのマナーのコースです。都会の犬向けかなぁ。この他にも、パピー用とゲームのコースもあります。値段もお手頃でいいと思います。

3. The Fenzi Dog Sports Academy: Fenziさんが始めた陽性強化のトレーニングを使ったドックスポーツのオンライン教室です。Fenziさんの人柄か優秀なトレーナーが集まってると評判です。Fenziさんが教えているゲーム関係のクラスに興味があります。ビデオの提出とか、質問もできないコースだと一クラス$65で、お金がないけどどうしてもクラスがとりたいという人は自己申請で$32.50にしてくれるという配慮もうれしいですね。通貨が低い国からだとこれでも大きな差だと思います。

4. The Herding Game 1.0: ボールを使った羊追いのゲームのクラス。長いコースじゃないしDVDでいいじゃないのっておもうけど、質問したりできるのかなぁ?

プロモーションビデオ

5. On-line RUNNING CONTACT: マリノアのアジリティのビデオが好きで見ていたので興味がありました。サイトのほうが準備がちゃんとできていないようですが大丈夫なのかなぁ?ドックウォークやAフレームで降りるときに止まらないで走り抜ける方法を習得するためのコースです。

他にもKaren Pryor Clicker Trainingとか沢山あります。

やっぱりゲーム系が流行りですねぇ。

ココはどれがいいかなぁ?

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村