ワンちゃんスペシャルの反響

このネタは気分が悪くなるし、もっと楽しいことを考えたいのですが、モヤモヤしたものはこの際吐き出しておこうと思います。

プロフェッショナル 仕事の流儀 ワンちゃんスペシャル

先日の記事の続きですが、この訓練士を擁護する意見が増えてきていて、番組への意見も苦情のほうが少なかったと書いているところもありました。

擁護派の主な意見はというと:

1.他の訓練士は受け付けない。
2.他に方法ではダメだった。出来るなら自分でやってみろ。
3.なおせないと保健所送りになる。犬を引き取っている。
4.犬が怖がっていたら、寄っていかないら、訓練士のことは殴られても受け入れている。

これは、番組が暴力的な訓練法を美化することに成功したということだと思います。

単にこの訓練士さんの仕事への姿勢に感動したという人も多そうでした。

かれのホームページに「もしそれ以上の訓練士をご存じの方がいましたらお知らせください。是非お友達になりたいと思います。」とかいてあったんですが、本気で向上心がある人なんでしょうか?

まめ蔵よりひどい噛み犬を矯正した陽性強化のトレーナーも日本にいますけど、委託じゃないです。

委託できないというところも問題にしているようでした。

行動学も知っているけど、褒めるだけ、ストレスかけない方法ではダメなんだ的に書いていました。

そりゃそうだけど、行動学って褒めるだけ、ストレスかけないっていう方法ではないと思います。

[本能が抑えられない状態にあるため、食事の時間にムチで大きな音を出し、最低限の痛みを与え、我慢の経験を積ませる。]

ということなんですが、感情や行動をコントロールするためには前頭葉を使います。でも、命令されたり、抑圧されていると前頭葉は刺激されず、動物が自ら選択し、行動をおこしたときは、前頭葉の報酬システムが刺激されることが分かっています。

暴力を我慢できても前頭葉を鍛えることはできません。

だからら抑圧的な方法で犬たちが変わったというなら、別の理由(学習性無力感など)で変わったと考えるほうが妥当だと思います。

リコーラーのスーザンも一般的な陽性強化のトレーナーからは批判も受けていますが、スキナーの弟子の弟子にあたる人で本当に行動学を理解している人です。彼女も褒めるだけの方法ではダメなこともある、でも、自分は暴力的な方法を選択しないと言っていました。

彼女の手法は、「グーとパー」や「ドアの開け閉め」で「待つこと」、「自制」することを教えます。(動物園の動物にも使われています。)

叩かなくっても、欲しいものにアクセスできないようにすれば、教えたいことは伝わるし、簡単な動作を使うことで、短期間で、待つ経験を何度も積ませることができます。

待つ選択をすることで報酬システムが刺激されるようになるので、脳が本能を抑えられるように変わっていくんです。

生徒さんの中には、遺伝的とおもわれがちなひどい光フォビアを改善させた人もいます。

待つ行動が自発的でなければいけないので、「マテ」と言ってしまったら意味ないと思うのです。

1秒でも自主的にマツという選択をさせることも教えられないんでしょうか?

一年もネチネチ犬をいじめる忍耐力があるなら、地道に1秒から時間を延ばすことできるとおもうけど、自分のスキルを捨てたくないし、ビジネスとして成り立っているから続けているんじゃないでしょうか。

「もう少しやらせてください」ってこれ以上まめ蔵に何するの?

でも、飼い主さんからの手土産らしきものを持っていたので飼い主さんは頼りにされているんでしょうね。

自分で出来ない人が委託するビジネスを頼ってもよいと思うけど、こんなに誇らしげに放送する必要はなかったと思います。

あと、罰を与えている人に犬が好意的な態度を示すことは、「パブロフの犬」の実験の時にも観察されています。トラウマティック・ボンディングってやつだと思います。

心を折るのに1年かかる和犬って本来は素晴らしい犬たちだなぁと思いました。

戌年だからこそ、未来に向かった建設的な話を取り上げてほしかったです。

それでも、この番組が、飼い主のひとりひとりが自分のスキルをステップアップすることを考えるきっかけになればと思います。

力には1秒で折れたふりするジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

しつけのいきすぎ (2)

先日のしつけのいきすぎの記事のすぐ後でびっくりしましたが、29日放送のNHK「プロフェッショナル仕事の流儀」で紹介されていた訓練士の調教方法が虐待だ、まめ蔵が可哀そうという声があがっているそうです。

「プロフェッショナル仕事の流儀」ってその道のプロを紹介する面白い番組だと思うのですが、誰も手を付けない危ない犬を扱うというところで仕事人の魅力があるってことでの人選だったんでしょうか。

「悪者になっても、命を守る」だそうです。

驚いたことに訓練所には100頭ほどの犬がいるということでした。それだけ、犬の危険行動で悩んでいる飼い主さんも多いってことなんでしょうね。

実際、彼の訓練法を批判する声もあるそうですが、人が嫌がる仕事をしているだけで、批判されて辞める気にはならなかったそうです。

ネットに出回っている静止画像をみるより、動いているとそんなにひどくもないんじゃないかなぁとは思いました。それでも、これが一年ちかく続くのとやっぱりまめ蔵くんの部分はちょっと疑問に思う点がありました。

犬が普通に食事しているときに近づいてしつけ棒みたいなので叩いたり、8歳になるまめ蔵くん、半年以上訓練しているのに改善してなくって、バシバシ、ボコボコ叩かれていました。これだったらeカラー使ったほうがいいんじゃないかなぁって思ったけど、素手で叩くことにも意味あるのか?

クレートに頭突っ込んじゃってます。根性あると思うけど、「痛て」って噛まれてました。苦笑

今まで8割の成功率で、リハビリできなかった犬たちは引き取っているそうです。

この覚悟があるから、叱れるし、難しい犬を引き受けられるということだそうです。

[私としてはこれは、生かしておくだけで、命を守るとは言わないと思います。]

仕事人としての姿勢や経験は素晴らしいと思うのですが、シーザーの番組と同じで、人物を美化することでやっていることがマネされてしまうという点がやっぱり問題なのかなぁと思いました。それもNHKが放送するっていうところに犬の福祉へ理解のなさを感じます。

あと、教えようとしていることは、私が今やっているリコーラーと似ていました。

素人の飼い主が、犬に触れくことなく、フセやマテなどの合図も使わず、同じこと教えられるんですけど・・。

ナレーションではほかに確立された方法がないように言っていました。行動学の存在も否定するのか?

犬のしつけは、意見が多すぎてどれもそれぞれの状況で正当化できてしまうこともあるのが難しい問題だなぁと思いました。

これからはいぬのしつけはエンリッチメントですよとあらためて思いました。

[追記] NHKに感想送りました。

彼の方法が残された最後の方法でないことと噛みのようなアグレッションの問題は犬の訓練士ではなく、行動学に精通したビヘイビアリストが扱う方向に向かっていることを伝えました。あと、非暴力な方法で難しい犬に取り組んでいるトレーナーや保護団体、これからの犬のしつけの行方など取り上げてほしいことも添えました。

NHK プロフェッショナル 仕事の流儀 ご意見・ご感想

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

ココと新しい場所を訪れる

今年の抱負というか、月に一度程度、ココと一緒に新しい場所や街に出かけるようにしようと思い立ちました。

ココも今年で7歳になるし、昨年の末始めたリコーラーのゲームとかでメンタルも強くなってきたと思うので、月に一度ぐらいいつもと違うことをすることで元気なシニアの基礎作りになるかなぁと期待しています。私にとっても、初めての場所まで車を運転したりってよい刺激になると思います。

1月も残りわずかだったので、慌てて街中にある公園へ行ってきました。

やっぱり、初めての場所だとはじめは緊張するみたいです。

行った時間帯が悪かったのか、オリンピック選手みたいな体系の人たちがプロって感じのスピードで走っていて落ち着かない。

ココは興奮してズンズン進み始めました。

はじめだけかなぁとおもったけど、なかなか落ち着けない様子で、パピー状態。

情報収取に真剣です。

リス発見。

することはどの公園でも同じですね。

また、リス・・・。

ちょっとだけリス追い。

リスさんもお疲れまでした。

そして、大砲をバックに記念撮影。

ココは撮影中は動かないでいてくれるけど、モデルはまだまだです。

帰り際にやっとちょっと落ち着いてきました。

また、すぐにここに来たほうがいいのかなぁ?

来月は新しい場所へ行くときはトリーツ用意して、落ち着くのが早くなるのか試してみたいと思います。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

ビデオ:棒と舞うジェイク

Windows10でPhotosというのつかってビデオ編集できることをごく最近知ったのでたまっていた犬たちのビデオを編集して遊んでいます。

これは家の裏で棒で遊んでいるジェイク。

ココは棒で遊んだり、無駄な動きでエネルギーを消費するようなことはしませんが、ジェイクのほうが犬らしいところが多いです。

最近は、棒で遊ぶのは危ないからと棒に似せたおもちゃなども売られていますが、安全に遊べているから大丈夫かなぁと思います。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

オンライン教室続々

オンラインの犬教室の流行りなんでしょうか?

取りたいレッスンがいっぱいで困ってしまいます。

今まで画像を作ってもビジネスに結び付けるのが難しかったけど、ドックトレーナーにもネット利用して自分たちのスキルをビジネスとして提供する方法が浸透してきたんでしょうね。

興味のあるクラスの紹介です。

1. Handling 360: 今とっているリコーラーのスーザンがやっているアジリティのコースです。ちょっと高いので今年は断念しました。リコーラーやっている人たちはお金持ち層が多いのか、スーザンのファンで両方やっている人が多いです。教室に通わなくってもこのコースだけで全国大会目指せるぐらいになるみたいなので、近所に教室がない人におすすめです。

生徒さんのビデオコンテストとかプロモートもうまいし、コーチも上手な人です。

2. Weekly Manners: youtubeで人気のkikopupことエミリーがやっているペットのためのマナーのコースです。都会の犬向けかなぁ。この他にも、パピー用とゲームのコースもあります。値段もお手頃でいいと思います。

3. The Fenzi Dog Sports Academy: Fenziさんが始めた陽性強化のトレーニングを使ったドックスポーツのオンライン教室です。Fenziさんの人柄か優秀なトレーナーが集まってると評判です。Fenziさんが教えているゲーム関係のクラスに興味があります。ビデオの提出とか、質問もできないコースだと一クラス$65で、お金がないけどどうしてもクラスがとりたいという人は自己申請で$32.50にしてくれるという配慮もうれしいですね。通貨が低い国からだとこれでも大きな差だと思います。

4. The Herding Game 1.0: ボールを使った羊追いのゲームのクラス。長いコースじゃないしDVDでいいじゃないのっておもうけど、質問したりできるのかなぁ?

プロモーションビデオ

5. On-line RUNNING CONTACT: マリノアのアジリティのビデオが好きで見ていたので興味がありました。サイトのほうが準備がちゃんとできていないようですが大丈夫なのかなぁ?ドックウォークやAフレームで降りるときに止まらないで走り抜ける方法を習得するためのコースです。

他にもKaren Pryor Clicker Trainingとか沢山あります。

やっぱりゲーム系が流行りですねぇ。

ココはどれがいいかなぁ?

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

ビデオ:冬のビーチ

電気代を節約しようと思って、ヒーターを最低保たないといけない温度に設定して頑張ったのに、その努力が電気代に反映されていなくってちょっとショックでした。

犬のためのクッキーなんかでオーブン使いすぎたかなぁ?

犬たちはあまり気温を気にしていないようです。

ジェイクは、暖かいほうがすきみたいだけど、熱いって感覚が鈍いのかストープや焚火にすごく近づきます。

これは、冬の暖かい日にビーチへ行った時の映像です。

後で寒そうにはしてなかったので、人よりは寒さに強そうです。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

本:Do As I Do (模倣学習)

犬の社会的学習法の考案者クラウディア・フガッツァ博士の「Do As I Do: Using Social Learning to Train Dogs」を年末に購入しました。

Do As I Doは、これやってと犬にお手本をみせて教えるトレーニング法です。犬の行動学の研究で有名なハンガリーの大学でクラウディア博士が開発したものです。

Do As I Doのルールを教えているセミナーの様子です。

昨日の話のつづきじゃありませんが、クラウディア博士、PHD&美人という条件みたしているのでもっとDo As I Doが広まればよいのにとおもうけどやっぱり英語圏からの人じゃないとなかなかブレイクするの難しいものなんですね。

昨年は日本でもセミナーをされたようです。

新しい行動を教えて、それに合図をつける方法の説明です。

本のほうは、写真、DVD付きで説明もわかりやすく、これだけで「Do As I Do」をはじめられる内容でよかったです。

じつはだいぶ前にDo As I Doのビデオみて簡単にできると勘違いして何度か試して失敗していました。トリックを中々教えらえないときとか、こうだよってやってみせてドン引きされたりとか。ココ、アフォなんかなぁと勝手に決めつけていました。ゴメンよ。

本にそった方法でやったら、3セッション後ぐらいには「Do it!」で私の行動を真似ることができるようになりました。

はじめは、知っている行動をつかって「Do it!」の意味を教えるので、犬はトリックなどいくつかすでに学習している必要があります。

犬が模倣しているって感じられたとき、クリッカートレーニングで教えるのとはまた別な感動がありました。

観察するのに集中力をつかうし、観察した行動を再現するのに記憶力もつかうので脳の刺激には良さそうです。私が必要なぐらいです。苦笑

クリッカートレーニングに代わるものというより、新しいツールとして取り組むのによいなぁとおもいました。

トリックタイトルでもDo As I Doを活かしてみたいと思います。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

犬問題の解決策とは

年明けにアメリカの犬問題についてのドキュメンタリーをみました。

バイアスが強くって、PHDの人たちがシーザーに嫉妬して不満をもらしているだけにみえるところもありました。(人種や身体的特徴をけなすような表現も使われていたからか画像削除されているかもしれません。)

学者にはカリスマ性がないから、自分たちの意見を聞いてもらえないってかんじでしょうか。

もうそろそろ、PHDでカリスマ性のある人の犬番組が出来てもよさそうなんですが、ちょっと変わった獣医の番組がいくつかできただけなので、いい人がいればアニマルプラネットなどにメールしてもいいと思います。

ドキュメンタリーでは犬問題解決策(犬人口問題)は、「純血種をなくすこと」としていました。

繁殖される数の問題だけではなく、純血種が抱えている健康や行動面の問題も医療や科学で対応できる範囲のもではなくなってきているという理由もあるみたいです。

これは種を断つわけでもなく、人間が故意に行ってきたことをやめるだけなので、BSL法など「民族浄化」的なものと考えが異なると思います。

自分もロットワイラーいなくなったら寂しいけど、必要なことだと思うと言っていた獣医もいました。

ここでブログ記事「繁殖は芸術?」と線がつながったと思いました。

今ブリーダーたちは自分たちの表現の自由を守るためにロビーをしています。

少なくとも人の手をかりないと交配できないような犬種には血統書ださない、指定された犬種の販売の禁止とかという方向にいかないかなぁと思っています。問題意識のつよい飼い主はこういう犬種は優良ブリーダーからも買いません。

もう一つの問題は、しつけ・トレーニングによる犬への虐待行為。

ドキュメンタリーではTVの影響が強く、学者がすすめる方法が浸透しない点を指摘していました。

わたしはしつけの問題のというより、「知らない」というところに問題があるのであって、TVの影響だけではないと思っています。

シェルターでみる犬たちもしつけの失敗というよりどちらかというとネグレクトってかんじが多いです。

でも、おじさんがテレビの影響で子犬を蹴るといっていた若い子もいたので、新しい時代のヒーローは必要だと思います。

今まで食べ物を使ったトレーニング方法が流行っていましたがそれも下火になり、また強制訓練のトレンドも出てきています。

私は今後はエンリッチメントベースのしつけ法に向かっていくべきだと思います。

動物のトレーニングは、動物に仕事など何かタスクを教えるための技術であって、犬とともに暮らすための知識とは関係がないと思います。それに、犬のためのエンリッチメントを考えるほうが楽しいと思います。これが楽しいと思えないなら犬を飼う必要はないし、買わないという選択で犬の人口問題に貢献できます。

犬の場合、動物園のように行動を野生に近づける必要はないとおもうけど、一緒に住む動物の生態に興味をもって調べたり、積極的に飼育環境を整えたりすることが犬道(ドックマンシップ?)なんじゃないかなぁとおもいます。そういう環境なら子供たちも犬と素晴らしい経験をしながら育つことができると思います。

エンリッチメントも、散歩での自由行動、食事の与え方の工夫、住む空間への工夫、嗅覚、聴覚など感覚への刺激、社会的な刺激など、いろいろあるのでここでも何が良いのかで犬のトレーニングと同様討論に発展しそうだけど、方向性としていいじゃないかと確信しています。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

ジェイク3歳

ちょっと早かったけどジェイクの3歳の誕生日のお祝いをしました。

うちのこになってからは2年強が過ぎました。

いつも誕生日前になにか事件がありますが、今年もジェイクが誕生日前にケガをしてしまいました。

それでもさすが3歳になったので、落ち着きが出てきたと思います。

おっさんとの絆も強くなってきたみたいで、ビーチライフを楽しんでいます。

今年はジェイクのためにケーキを手作りしました。

チーズ入りのハンバーク3段ケーキをマッシュポテトでデコレーションしました。

ポテトが足りなくなったので、一部サーディンをいれました。

準備しているときからそそうがないように気を付けているジェイク。

記念撮影のはずが、ココもジェイクも超よいこアピールで緊張させてしまったようです。

絶対外さないぞという気迫が伝わってきたので、時間かけて写真撮れませんでした・・・。

一生、パピーと思われていたジェイクも、今年はちゃんと待てるようになったし、昨年よりずっと成長したと思います。

今年もいろんな驚きをみせてくると期待しています。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

どんよりなジェイク

ジェイク、肉球を痛めて、どんよりな顔をしています。

おっさんと近所のお店まで自転車で行った帰りに草むらで遊ばせたので、その時にケガしたんじゃないかということです。

家に帰るまで気づかなかったそうで、かなり痛いの我慢して走っていたようです。

外にトイレ出るときに足が濡れないように、風船のブーツをアレンジ。

前に病気したときみたいに元気がなくなったと聞いていたので心配していましたが、3,4日後ぐらいから肉球の黒い部分が新しく出来てきて、おっさんを遊びに誘ったり元気になってきたそうです。

今日は散歩にも行って通常通りになったそうなので安心しました。

おっさん曰く、悲しい顔してたら優しくしてもらえると思って、途中から仮病使っていたかもとのこと。

気づいたらくつろいで人間のように寝ていたそうです。

常に一番の快楽を追求し続けるジェイクがいいねぇ!

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

達成感

K9 Connectablesにクッキーをつめてみました。

オリジナルとデンティストの組み合わせがココにとっては一番難しいみたいです。

終わった後疲れたと横になってました。

難易度高かったのに市販のクッキーいれるなよって感じでしょうか?

ココはコングなどのフード系のおもちゃは食べ物を取り出した後は興味がゼロになって、食べ物以外のものをカミカミすることはないんですが、なんとこのテクボーンは奥の歯でコリコリしてました!わぁ~、これだけでも買った価値あった。

でも、この後もおもちゃ片づけないで様子見たけど、たまたまだったみたいです・・・。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

しつけのいきすぎ

拡散希望となっていましたが、事実確認がとれていないようなので元記事は載せられませんが、訓練所でのトレーニングのいきすぎで犬にケガをさせてしまった記事を読みました。

この記事だけではなく、最近よく似たような記事を目にするようになっていたので、昔からの方法をずっとやっている人もいるだろうけど、一時流行った食べ物を使った方法もすたれて、また強制訓練のほうに流れが向かい始めているのかなぁとも思いました。

私も近所のドックパークで犬をひっくり返してしつけしている飼い主をちょくちょく見かけるようになってきました。アメリカも預かりでしつけしているところでは虐待が多いのでちゃんと調べないといけないと思います。

犬を台の上にのせて、短いリードで動けないようにして、人から何されても我慢させて、動くと電気ショックとか。

SM?ってみえる場所はやっぱりやばいところだと思います。似たような訓練法もありますが、トラウマを起こさないように行うには、かなりのスキルや経験が必要なんじゃないかなぁと思います。ジェイクだったら、すぐに大人しくして、逃げるスキ狙って逃げるだろうなぁ。

電気カラーが流行ってきたからか、ブリーダーが電気カラーをパピーに使い始めたという話もトレーナーの人から聞きました。子犬の時から慣らしておこうっていう考えなのか、ブリーダーのこの判断力の悪さが恐ろしい。こういうブリーダーからは子犬を買わないほうがいい。しつけ済みとかいって宣伝してるのかなぁ?

道具を使うことや訓練そのものには反対ではないのですが、正しい使い方をマスターしたり、犬飼い力を高める努力って必要なんじゃないかなぁって思います。

ひどい経験をした人たちがネットで体験をブログにしたりできる時代になったので、プロを雇う必要がある場合は、下調べもして、少なくとも危ない教室やトレーナーの見分けはつくようになって欲しいです。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

ドックパークで1-2-3 Go!

オンラインレッスンで練習したゲームの一つです。

カメラを向けていたのでいつもよりちょっと緊張してしまったようです。

私もカメラをもっていたのでボールをまっすぐに投げれませんでした。

もともとおもちゃで遊ばない犬で、オスワリもそとではしないので、ボールを投げるときコントロールポジション(オスワリやフセなど)をキープするのはココにはできないだろうなぁって思って、今まで試してませんでしたが、スーザンの方法がよいのか案外簡単にできました。

今では、ドックパークでなんども合図を連呼している飼い主をみると、横でこれを見せびらかしています。

このゲームのすごいところは、ビデオに映ってませんが、ハンドラーの体の動きでコミュニケーションをとって犬にセルフコントールを教えているところです。よそ見をしたりするとゲームが止まるので、ゲームを進めたい気持ちが強いとハンドラーに集中してGOの合図をまつようになるという仕組みです。ハンドラーの動きを犬側がコントールしていることを教えているんだと思います。GOの合図とそのあとのチェイスでコントロールポジションが強化されるので、繰り返して教える方法とは違うなぁと思いました。

スーザンのアドバイスでよかったのは、マテでも意図も分からないで犬を待たせるのではなく、「準備はいいかなぁ」とか楽しいことの始まりをつげることばを使うことで、待つことに目的を持たせるようにというのがありました。犬のトレーニングの世界もまだまだ奥が深いですね。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

期待のおもちゃ!

あけましておめでとうございます。

新年早々ですが楽しみに待っていたおもちゃが届いたので、記憶が新しいうちにブログに書いておこうと思います。

K9 Connectablesというアイルランドの愛犬家が考案したコングとレゴを組み合わせたようなおもちゃです。

第一印象は、想像していたよりちょっと小ぶりでした。ボールの形のやつはChuckitのミディアムのランチャーに使える大きさに作られています。

EUの商品にありがちな小奇麗で強度がちょっと心配になるようなデザインでした。見ていないときに遊ばせないよう注意がありました。

パワーチューワー用の噛むおもちゃではないそうです。

あと、製造は中国。今時EUブランドの商品は中国製造が多いから、品管をしっかりしていると信じるしかないですね。

使った感想は、やっぱりこれ面白いです!

上の3点セットで買いました。

まず、商品ビデオでみた組み合わせでチャレンジ!

おもちゃのクループでも、部品が外せないとアドバイスを求めている人もいたので、ココも外せるかちょっと心配。

一番簡単なセッティングだけど、カッチリとしっかりはまっています。

一つ外せた!

全部外せました!

次は、棒なしの組み合わせ。

コングよりイライラ度は高いので良いチャレンジになると思います。

でも、すぐイラときておもちゃを壊してしまう可能性もあるかもと思いました。

部品を外すために噛むぐらいは耐えられる強度はあるように思います。ココが数回使ったぐらいではほとんど無傷でした。

デザイン的にはかわいくっていいけど、凸凹が多いので洗うのが面倒かなぁと思いました。

ジェイクも使えるかはちょっと心配ですが、見張っていたら大丈夫かなぁ。

おやつをちょっとあげたりするのに使うのにいいかなぁと思いました。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村