ココ用の音楽

島唄がココとジェイクに癒し効果がある(かも?)と書いたことがありますが、コロンビア大学のNim Tottenham助教授の講演でよい話をききました。

子供時代にベートーヴェンを聞かせたネズミに、大人になってから同じ音楽を聞かせるとストレスをさげる効果があるというリサーチがあるそうです。それを人で実験をするのは難しいので、学生たちの子供時代のヒット曲を使って実験を行いネズミと同じ結果が出たと確認されたそうです。

そこで、ココが子犬時代のヒット曲をしらべてみました。

2011年後半の生まれなので、2012年のヒット曲がいいかなぁとおもったけど、2012年って大きなヒットなかったのかなぁ?(UKではシングルの売り上げた良かったってかいてありましたけど。)2011年のほうが知っている曲が多かったです。

まず、2011年からLMFAO – Party Rock Anthem:

ココもノリノリになって、一緒に踊れました!

Jolly Routineに使えそうです。

ココの前の家には女の子が二人いたのでケイティ・ペリーを聞いていた可能性あるかなぁと思ったので、Katy Perry – Firework:

アダム・ラヴィーン似の男性なら自分から撫でてもらいに行くことがあったので、2012年のMaroon 5のヒット曲、One More Night:

雨の日が多くなってきたので、暇そうにしていたらまた試してみたいとおもいます。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

これ宣伝か?

今年の1月にNHKで取り上げられた例の訓練所の記事が産経新聞にでていました。

どうして?

賛否両論あるけど商売繁盛しているという内容。それも電話番号つきで!!!(だからリンクしませんでした。)

一応、日本動物福祉協会や日本獣医動物行動研究会から批判をうけていると書かれていますが、宣伝としか思えない!

ここしか選択がないと思われていた犬やここでダメだった犬をリハビリしているトレーナーの人たちもいるみたいだし、記事にするならそこまで調べて書いてほしかったって思います。

それにしても、プードルが難しい犬種として特別料金なのどうしてなんでしょうね。あと、ボーダーコリーも・・・。

プードルを竹の棒で叩くって、ちょっとハイパーのは犬種の特徴だから、そこは理解して犬を迎えてほしいって思います。

いまどきこんな体罰をリサーチで使えないから、どうせならこの機会に専門家にデータとってもらいたい。

「愛とは陽性強化を用いることの別名である。」-行動分析学の創始者スキナー

問題行動をおこしている犬にたいして、報酬をあたえることに抵抗ある人が多いと思いますが、問題行動をおこしているからこそ、よい環境で強化子を得る機会を増やす必要があるんじゃないかなぁと思います。

だからといって甘やかしているわけでもないと思います。馬のトレーナーのヘンプフリングがいっていたけど、「自分を制する」ことが大切だと思います。100%自分を制する力があれば、むやみに怒鳴ったり、動物を殴ることはないと思います。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

スクラッチボードで犬の爪ケア

スクラッチボードが犬の爪ケアに有効だときいたので、前足の爪ケアが苦手なココのためにスクラッチボードをDIYしました。

ハズバンダリートレーニングにも取り組んで、積極的に前足を出すようになったけど、まだまだ苦手意識はあるので、ココにとってより楽な方法を探していました。

爪がバターのように切れるという噂の日本製の爪切りを購入する寸前だったけど、まずスクラッチボードをた試すことに。

サンドペーパーは80番にしました。

ネットで調べたら、黒い爪は100・80番ぐらいで、柔らかい爪は目が細かいやつのほうが良いみたいです。

板は試作なので手元にあったものを利用しました。次回は、ダイソーでうっているような安いカッティングボードを使ってみたいと思います。

ココ画伯の作品発表!

写真は、二日目のものです。

昨日、夕食の一部を使って、スクラッチボードの使い方を練習しました。

ドックフードだと「これ楽しい!」とまでならなかったので、今日はチキンで練習しました。

爪切りいらないぐらい削れるかもって期待しちゃうぐらい削れました。

穴掘るみたいに、ゴリゴリしてくれるともっと効果あると思います。

PawfixみたいなおもちゃDIYできないか考え中です。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

なかなか出来ない

新しい習慣を作ろうと試みてみたけど、やっぱり難しいですね。

望ましくない習慣って簡単なのに・・・。

「一日一回、犬の名前を呼んで美味しいものをあげる。」

これができないって我ながら情けない。

習慣にしようとしていることを覚えていられないっていうのが主な敗因だと思います。おやつはちょくちょくあげるんだけど、名前呼ぶの忘れていることが多々あります。

さすがに、食事をだすのを忘れるってことはないので、食事の前に犬の名前を呼ぶっていうほうが習慣化しやすいけど(食事の前はいつもそばにいるから名前呼ぶ必要がない)。

それに、急にやらなくなったらガッカリさせるだろうから、一生続ける決心もいるかも。

イギリスのビヘイバーリストが、「犬が毎日楽しみにしていること10つぐらいあるか」と聴衆に質問していたことがありました。

先日、「食事の時間だけを楽しみに生きている」っていう、つなぎ飼いを批判する画像があったけど、やっぱり散歩とかもいれて一日5つぐらいはあったほうがいいのかなぁ。

「一緒に寝る」はジェイクにとっては楽しみだけど、ココには迷惑かもしれません・・・。

ココも一緒に寝るを楽しんでくれると楽なんだけどなぁ~。やっぱりココは羊と寝たいのかも。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

目標達成!

オンライン教室での目標にしていたココとの引っ張りっこ、かなり苦戦したけど目標達成しました。

まだまだ条件がそろわないとダメですが、遊びを続けようと自分からオスワリしたりするようにもなったので、楽しくなってきたのかなぁって思います。

オンライン教室のほうでは、いつでもどこでもタグで遊べるようにするのがすすめられているけど、ココの場合はそこまでおもちゃに興味がないし、人と引っ張りっこすることにかなり抵抗があったので、これでも合格だと思います。

「遊ばない」ではなく「遊べない」という状態なら、「引っ張りっこ、楽しいよ」って教えてあげることはココにとっても有意義なことなんじゃないかなぁと思います。

犬がすぐに興味を示さないと、「好きじゃないんだなぁ」って思いがちだけど、周りが気になるとか、飼い主の意図を勘違いしているなどで「遊べない」状態なことが多いんじゃないかなぁと一年近くかけて引っ張りっこに取り組んで、気づきました。

[複数のトレーナーがいっていたけど、ハンドラーの遊び方が悪いっていうのが主な理由みたいです。]

おもちゃ好きの犬って、どうしておもちゃのご褒美のために一生懸命になれるのか不思議で、「遊び」の機能についても調べました。

ストレス発散とか、ルール解禁の解放感など、スッカっとすることが強化子になってそうです。

ココの場合は、飼い主と対立したくないという気持ちが強かったので、「これは遊びだよ」ということを教えることが楽しみつながるとふみました。

私が持っているおもちゃを咥えるというところから始めて、私に飛びついたり、高い位置のハンドタッチでジャンプとかして遊びました。「遊び」のクラスもとりました。

遊びの開始の合図や遊びの時にしか使わない口調などで、遊んでいることを伝えるようにしました。

「ウルフ」っていう掛け声も気に入ったようです。

引っ張りっこの後に、冷蔵庫まで走っていって、ご褒美なんってせこい手もつかったけど、人の遊びのシグナルを理解できるようになったのが一番効果があったと思います。

あー、大きな仕事した感ありました。

ココもがんばったね!

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村