ジェイクのノーズゲーム

ジェイクは拾い食いの癖があるので、ノーズゲームは避けていたんですが、タスクに集中する癖もつけた方がいいかなぁと思ったので、リビングでトリーツ探しに挑戦しました。

何をするか分かってないようだったので、ココも一緒にさせてみました。

DSC05057

でも、ジェイクはおねだりで解決しようとするし、ココは写真に映らないぐらい必死・・・

ほぼ全部ココにとられちゃいました。

ジェイクは、欲しいものがあるときは要求するか、自力で手に入れるので、こういう遊びは面倒なのかも。

ココより鼻がよさそうなので、キノコ探知犬になってくれるかなぁという期待もあったのに。

今度は箱使って試してみたいと思います。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へ

「ジェイクのノーズゲーム」への6件のフィードバック

  1. ジェイクくんのこの表情に、ココちゃんの顔がブレブレの必死さ
    状況が面白いくらいに伝わってくるショットですね☆
    思わず笑ってしまいました。
    うちのココも拾い食いの悩みがありますが・・・大丈夫でしょうか。
    あんまり考えずにやってみちゃいましたが
    気を付けることありますか?
    ちなみにうちのココも必死ですよ
    集中力半端ないです。

    余談ですが、子供に写真見せたら、ココの後姿に、そっくり!
    って、また興奮しています

    1. 私が参考にした本は、北欧の著者で考え方がおおらかなのか、特に、注意はありませんでした。(読み逃したのかもしれませんが・・・)
      場所を決めてやるというトレーナーもいました。やらない日があるとイライラするぐらい頻繁にし過ぎない方が良いみたいです。

      日本のビデオ見ていると、拾い食いを懸念する人が多いみたいで、見つけて知らせるとか、自分で出せないようにして飼い主さんが出してあげる、皿の上からとか工夫しているものが多かったです。

      鼻を使うと落ち着くそうなんですが、本来ならもっとのんびりと探して楽しむもののようですが、ココはちょっと興奮しすぎです。

  2. ジェイク君、一昔前の男気を感じます。いいなぁ~その調子♪

    確かアメリカのトレーナーだったと思いますが、「トリーツをちまちまあげるなんて、共産主義みたいだ!」と言っていて、思わず笑ってしまいました。たまにドカーンと塊肉を与えると、犬は勝手に付いて来ると。
    ジェイク君もそのタイプなのかもしれませんね!(たぶんうちの犬も。。。)

    1. アメリカ人のオーナーのトリーツのあげ方は半端ないですよ。
      食べ物を使ったトレーニングでお腹壊したとかっていうクレームも出るそうなんですが、そりゃそうだっていう量です。

      うちのおっさんも、私なら50回分ぐらいになる量を一度に何もしてないのにあげるから、犬たちからVIP扱いです。おっさんの言動にすごい注意を払っていて、ココは猫やリス追跡中でも戻ってきます。

  3. あはは、おっさんあっぱれ(笑)!
    ジェイク君と良いコンビなんですね。
    でも、細かいところを補助していくCocoさんが大変そう、、。これが一番大変な作業なのにね(苦笑)

コメントを残す

いただいたコメントは承認後サイトに反映されます。