デルタ航空 ピットブルタイプのサービス犬乗機禁止へ

デルタ航空がピットブルタイプのサービス犬の乗機を禁止することを決めました。

アメリカの場合、サービス犬、エモーショナルサポート犬を利用する際、証明書のようなものの提示を求めることはプライバシーの侵害になることがあるので(利用者の医療関係の情報に関係するため)、口頭でサービス犬、エモーショナルサポート犬ですといえば認定書のようなものがなくても飛行機にのれることが以前から問題になっていました。

なので、ピットブルタイプ以外の犬や動物でも危ない動物がサービス犬として乗機していると思います。

デルタ航空は座席の下に入るサイズの犬なら犬と一緒に旅行できるドックフレンドリーな航空会社として知られていたので、今回犬種をひとまとめに禁止すると聞いておどろきました。

ピットブルタイプの犬っていうのも曖昧なので、空港でもめそうですね。

ピットブルタイプの犬だって職員が決めるんでしょうか?

ニュースで、デルタからの声明で70ポンドの犬がアタックしたってってハイライトされていたけど、70ポンドってピットブルじゃないし・・・。

ジェイクは、ドキュメントもラブでおっさんもラブミックスだとおもっているけど、9割がたの人はピットブルだといいます。

見た目だけで犬種を排除しようとするのはとても難しいし、民主社会において公平な対応とはいえないと思うので問題だと思いました。

乗客から怖いと苦情がでてるのかもしれないけど、実際にピットブルタイプのサービス犬が起こした事故の数字(ドックバイトORG以外の団体からの数字で)を出してほしいと思います。

アメリカ人も自分たちが作り出した世界一サービス犬に向いている犬を認めればいいのにと思います。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

「デルタ航空 ピットブルタイプのサービス犬乗機禁止へ」への6件のフィードバック

  1. デルタはもう利用しませんわ・・・
    最低な会社です。
    おまけに「ピットブルタイプ」って何じゃ?

    噛むイヌの統計をどこかで見たことがあります。
    確かゴールデンレトリバーだったはず。
    ピットブルじゃないですよ。あり得ない・・・

  2. なんという雑な...一般的にピットブルと人が呼ぶ犬なんて大抵ミックスだし、見た目で犬種を正確に言い当てられる人なんている?犬のことを知らないエラいさんが決定したんだろうか。まるで人種差別問題!

    偽装サービス犬問題含め、協会がもっと力を持ってこういうことから犬と利用者を守る措置をとれないんでしょうか。

    1. すごく適当だよね。空港でケンカになりそうな気がします。

      アメリカのサービス犬って協会とかプロの訓練受けた犬でなくてもいいし、人の道徳心に頼っているから難しいのかなぁ。

      極端な話、トラとかでもOKなわけでしょ?それでピットブルダメって嫌がらせにしかみえないよね。

  3. 大概、事件として扱われるのはピットブルタイプの犬ですよね。というのもピットブルタイプじゃなかったら人々の興味をひけないからテレビ局に言ってもニュースにしないそうです。 まぁ人の興味をひかないニュースを報道しても仕方ないって感じでしょうか。そしてピットブルじゃなかったとしてもある程度の体重があればピットブルタイプとして報道するみたいですね。実際犬なんて同じような顔してるから、何となくその感じがあればそれでいいんでしょうね。 私もデルタには二度と乗らないでしょう。セラピー仲間とデルタのターミナルで抗議でもしようかな

    1. 捕獲する時の映像でも、もっと野生ポイ犬だと捕まえるときも大変だけどピットブルタイプの犬ってすんなり捕獲されて、車も自分から助手席に座ったりしてますよね。

      デルタ安いし、庶民的な航空会社だから、無茶する客も多いんだろうなぁとは思います。

      デルタのターミナルで、ボケたふりして、この犬ピットブルタイプの犬にはいりますかって聞いてみるっていうのはどうでしょう?ターミナルかも出てくれって言われるのかなぁ?そうすればニュースネタになって、良い方向に行くってことないのかなぁ。

コメントを残す

いただいたコメントは承認後サイトに反映されます。