教える技術

私は教えるのが下手な先生が嫌いという生意気な子供だったんですが、やっぱり教え方って大切だとあらためておもった画像がありました。

釣り仲間がバイオリンを習いたいと言い出したので、葉加瀬太郎さん丁寧に指導しています。

誉め言葉のタイミングもよく、正し方も的確でソフト。

後ろに楽器がいくつか置いてあるのでもともと音楽できる人だと思うんですが、教えてもらっている方も「やったー!」とかとても楽しそうです。

一番すごい!って思ったのは、2音で自分と協奏させて「楽しい体験」をさせているというところです。

演奏が終わった後も自分からギコギコと正しい音を出そうとする行動が出ています。

これを犬のトレーニングに無理やり結びつけるのも失礼なんですが、叱ったり、褒めたりでも学習はできるけど、「楽しい体験」をさせるという要素がやっぱり大切だなぁと思いました。

でも、これ、今年バイオリンのオンライン教室始めたのでそれの前振りだったのかしら・・・。

お茶目な方ですね。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

「教える技術」への4件のフィードバック

  1. 葉加瀬さんに、指導してもらったら、楽しそー。
    なんて、バイオリンを大人になってから、少しやった私は思うけど

    何やるにも、楽しい体験大切ですよね
    やる気でますもん!

    1. わたしも大人のバイオリン試しました。苦笑
      私の場合は散財だったかなぁ・・。

      でも、またやってみたくなりました。ココには迷惑そうだけど。

  2. あらまぁ!奇遇ですね!!

    確かにココも迷惑そうに
    隅っこに行きます。
    むむむ音色のせいか?!(^^)

コメントを残す

いただいたコメントは承認後サイトに反映されます。