元保護犬が主役の犬映画「A DOG’S WAY HOME」

今年の犬映画は、今劇場公開中の「A DOG’S WAY HOME」です。

撮影中の動物虐待の疑いがかかった犬映画「A Dog’s Purpose」と同じ原作者の本の映画化です。

この原作者、例の動物保護団体に目をつけられているみたいで、「A DOG’S WAY HOME」が出版された時にも批判されていたようです。野生動物との交流や野生動物の習性を正しく表現していないとかの理由だったみたいです。フィクションなんだけどね・・・。そのシーンは映画でもCGが使われてもっとリアルに表現されているので、また文句がでるかも?

ストーリーは、大好きな飼い主と楽しい生活を送っていたけど、迷い犬になってしまった犬が、いろんな人や野生動物に出会いながらも、飼い主のもとへ帰ろうとするお話です。

主役の犬、ベラを演じるのは元保護犬で今はセラピー犬をしているシェルビー。このビデオで、シェルターの犬舎にいるシーン、実際のものなのか、再現なのか微妙ですね。。。元飼い主がみたらびっくりかなぁ。ところどころこの犬に似た犬かCGが使われているのかなぁともおもうんですがどうなんでしょうね?

前回の犬映画に続いて、予告編でストーリーがわかっちゃうので、映画観る予定だと予告編は見ないほうがいいかも。アメリカ人って結末が見る前に分からないと映画観れないのかなぁ。

インターナショナル版の予告編は、さすがに最後までみせてませんね。(苦笑)CGやアクションシーンが強調されています。

犬の帰巣を描いた古典的なテーマなので安心して楽しめそうな映画だと思います。オンラインで観れるようになったらみようかなぁ~。

追記:スタントとトリックを担当しているのはホワイト・ゴッドの主役の犬なんじゃないかなぁと思います。でしょ?使われた犬の裏話知りたいです。

barkpostより

「元保護犬が主役の犬映画「A DOG’S WAY HOME」」への2件のフィードバック

  1. 「今年の犬映画」ははは、犬映画を待っている層があるもんね(自分だ)。タイトルからして、ラッシーのようにちゃんと帰って来そうで心配ないですね!
    シェルビー、犬映画の主役にはめずらしいルックス...こんな、よくいないタイプの子役(犬)を用意できるなんて、ハリウッドはすごいなあ。

    1. ハリウッドも「犬映画」意識して狙っていると思います。笑

      迷い犬の張り紙の写真とか、歩いているだけとかはシェルビーってわかるんですが、トリックがあるシーンは似た犬な感じしませんか?マーキングが同じになるようにメイクしたのかなぁとか、気になります・・・。

      追記で足したんですが、ホワイト・ゴットの犬(兄弟で2匹使っていたと思います)が主に演技していて、その見た目に近い保護犬が起用されたのかなぁと思います。

コメントを残す

いただいたコメントは承認後サイトに反映されます。