ペットショップからの情報?

犬蹴り上げ動画の飼い主の女性にインタビューしている番組がありました。

一貫してしつけだと主張している飼い主。

しつけだと動物虐待にとわれないので、この時点でしつけだと主張するのもわかるんですが、ナルシストな性格と間違った情報で思考が歪んでしまったんじゃないかなぁと思いました。

「人間の言葉を理解するように、一緒に人と生活するようにってことで、」寝るのも一緒だったそうです。

外につなぎっぱなしとか、長時間留守番させていることが問題なくって、24時間一緒で子供同然に接している「私」がどうして問題なのよと言わんばかりです。

インタビューでは、主語が抜けていたのですが、テロップで(ペットショップから)となっていました。

「(ペットショップから)教えていただいた頭なでてね、そういうしつけをした後はよくかわいがるといいって。。」

ペットショップからの情報?

この方法は、昨年話題になったNHKの番組にでていた訓練士の方法と同じです。

蹴った後、可愛がるってDVじゃないですか。

排泄の問題は「ペットと飼い主の知恵比べみたいな」状態だったそうです。

ペットと知恵比べとか、力関係を心配しなければいけないほど弱いなら動物と暮らす必要はないじゃないかと思います。

保護後、病院での検査で、重度のぼうこう炎であることが分かったそうです。これきいて自分が間違っていたことに気づいてほしいけど、難しいだろうなぁ。

「足をつかったしつけ」は前からしていたそうですが、これはTVの影響でしょうか?

犬はもうすぐ16歳ということなので、ペットショップからの情報といっても16年ほど前の古い情報だと思うけど、やっぱり「飼い主免許」のようなシステムが必要なのかもと思わされました。

この飼い主のようなケースは、動物保護法で罰せるようにするより、再教育の機会が与えらえるようなシステムのほうが良いと思います。

でも、何を基準にすればよいのかさえ分からないという状態が一番問題なんじゃないかなぁと思います。それにしても、「ペットショップからの情報」は一旦捨ててほしい。

「ペットショップからの情報?」への6件のフィードバック

  1. 私も見ました。その動画。あの蹴り方だと本人がしつけって言ってもどう見ても虐待だと思います。 子供への虐待もそうですが大体がしつけとか言いますよね。 暴力でないとしつけできないってほんと脳みそ空だなーって思います。 あと犬に対してああいうことができる人は、基本的に感情のストッパーが外れやすいんじゃないかとおもうので、危険人物認定でいいと思います。 個人的には、子供と動物、弱い者への暴力をする人に対してのセカンドチャンスはなしでいいと思っているので、できることならどこかにぶち込んでいただきたいと過激な私は思ってしまいますね。 動物相手だとそうもいかないので悲しいところですが。

    1. こういうタイプの人が動物買えちゃうのが問題だと思うのですが、子供のころから必要なサポートを受けるシステムがないっていうのも社会として問題があるのかなぁと思います。

      女性や動物をいじめて刑務所にはいると、刑務所でいじめられてるっていいますよね。

  2. 戸惑わず暴力の被害者を守れる社会の基準がないと、困りますよね。蹴られた犬の飼い主、救助に来た女性を包丁で脅したから警察が来たんですよね?犬が蹴られてる、でも警察は来るんだろうか?

    しかし、虐待したヒトが「虐待しました」って言うわけないですよね!!ペットショップが、って言えば納得させられると思ってる、日本のペットショップの価値も怖いです。たぶんまた、ペットショップから一匹買うでしょうね。

    1. 彼女の話し方、全部誰かに言われて正しいことをやった的な表現でしたよね。でも、夫は口下手でフォロが悪いっていうのが笑えました。

      犯罪だとしてレポートするのは難しいけど、飼い方に問題を感じて連絡できるところがあるほうがいいのかなぁと思います。早い段階で指導がはいることが頻繁になって、動物を飼うことが面倒になったほうがいいような気がします。

  3. お散歩中のレトリバーの飼い主さんと、あの動画の話が出ました。

    「イヌとの正しい接し方をちゃんと教えていく必要を感じて
     今は、この子(鈴ちゃん)と、小学校に動物介在教育のボランティアに行っているんですよ」と伝えました。

    そうやって、一歩ずつ、少しずつ世の中を変えて行かないと・・・と
    思っています。

    1. 新しい世代にたくすしかないのかなぁとおもいます。体罰が普通だった世代がペットショップからペットを買うという悪循環もなんとかならないかなぁとおもいます。

コメントを残す

いただいたコメントは承認後サイトに反映されます。