選曲で涙

マジックで泣いた、次は、フリースタイルの選曲で泣いてしまいました。

最近、涙もろくなってきたように思います。

涙もろくなる原因を調べてみると、年をとって前頭葉などの機能が低下してきた、女性ホルモンが乱れるいる、ストレスがたまっている、など・・・。

でも、泣きのつぼってあるとおもうので、そこを押されて泣いちゃったと言い訳しておきます。

選曲の方ですが、はじめはチャップリンのスマイルなんかがいいかなぁと思いました。

でも、上級向けの曲ぽくって、踊るのは難しい感じ。

そして、クリエイティブな才能もないので、マニュアル通りの選曲をすることにしました。

メトロノームを130BPMからはじめて、ヒールなどで動きやすいテンポを試しました。

125はちょっと遅すぎに感じたので、130で始めることに。

テンポからサーチできる音楽データベースで興味のある曲を探しました。(大学の個人のものだったけど、人類への貢献度高い人。)

そこでみつけたのが、クランベリーズ – ドリームス

歌詞の確認をしていると、こんな言葉が・・・

A totally amazing mind, so understanding and so kind You’re everything to me …. And oh my dreams, It’s never quiet as it seems Cause you’re a dream to me, dream to me

ジェイクにエネルギーとられてしまったり、かまわれるのも好まないから、ココとの関係がさめてきたように感じていました。

世間でいう良い犬の基準にはあてはまらなくっても、やっぱりココは私の犬飼いとしての夢をすべて叶えてくれた大切な犬であること、それはとても特別なことであること全身で感じました。

「自分に必要な犬を選べ」ってやっぱり本当ですね。

コメントを残す

いただいたコメントは承認後サイトに反映されます。