ジェイクとKong

Kongはフードの詰め方で難易度が変えらて、難易度をうまく変えていくことでフラストレーションの耐性がつくともいわれています。

うちではイライラし過ぎないよう比較的簡単な詰め方をしているので、ココはすぐに終ってしまいました。

知育玩具に苦戦する2で書いたことがありますが、ジェイクはペロペロ作戦一本で中々終わりません。

この状態で1時間以上ですよ・・・。

ペロペロでウエットのフードを押してしまって余計取り出すのが難しくなっちゃった様子。

ちょっと心配になったので、ココも一緒に餌撒きをしたら、Kongは一時休憩して餌撒きのほうへ参加したので、固執しているわけでもなさそうでした。

餌撒きが終わったらKongに戻ったので、ココはジェイクが2つ目のKongもらったと思ったのか「私のはどこ?」ってなっちゃいました。

餌撒きの時間もいれて一時間半ぐらいたったので、手伝って中のフードを出しやすくしました。それでも、すぐにペロペロです。

かなり心配になってきました。

そして、おっさんが起きてくる音がした後、Kongを床にたたきつける音がしました。

Kongをチェックするとカラになっていました。

えーーーー、ジェイクペロペロで時間かけて楽しんでいただけ?

それで、おっさんにとられると思って、すぐに食べちゃったのか?

Kongの後はぐっすり寝ていました。

コメントを残す

いただいたコメントは承認後サイトに反映されます。