ボケとツッコミ

七日でもっと自信をつけましょうというFDSAのワークショップをまた購入してしまいました。

ユーモアと遊び心を通して犬に意思決定する機会を与えるアクティビティが分類別に紹介されていました。

その中でも重要な項目が目新しさに価値を持たせるというものでした。

毎日、見慣れたものを家の別の場所に置くという簡単なものです。犬が怖いものの位置を変えるときは食べ物を隠しておくそうです。

こういうのって三日坊主になりやすいけど、一年続けるのが大切とのこと。(七日間じゃなかったの?)

ものがあるべき所にないってだけで想像以上に犬を怖がらせてしまうこともあるので、そうなったときの対応にもふれていました。

デモのビデオで、例えばこれはいつも前足をのせたりトレーニングにつかっているカゴです。それを(人の)頭にのせてみましょう。

(これで素直に頭にのせちゃった犬バカです。後でおっさんが見て「クレイジー」って言ってました。苦笑)

[注意:ふれられていなかったけど、リソースガードする犬とはやらないほうがいいじゃないかなぁと思いました。先生も立ってやっていました。]

犬は、好奇心の反応というのをみせていました。ちょっと心配そうだけど、なになに?とハンドラーにかけよっていました。そして、自分で状況を確認して、何も心配することはないと情報をプロセスすることで、良い気持ちを持たせることが目的のようです。

アメリカの笑いにボケとツッコミはないとおもったけど、これってボケとツッコミじゃないか!とおもいました。

ボケとツッコミのお笑いのセンスを犬相手に取り入れられるって先生すごい。

やっぱりお笑いや遊びってユニバーサルなんだなぁと思いました。

でも、ジェイクはのってくれたけど、ココはやっぱり冷ややかです。

ココはノイズと物を押す遊びのほうがいいみたい。フード付きだしね・・・。

シャカシャカの音がでるようにアルミをしいたやつも用意しました。

ジェイクは、火災報知器の一件のあと音に敏感になっていたけど、油関係の音でなければ平気みたいです。

犬たちもゲームを楽しんで、順調とおもっていたけど、ポークをオーブンで焼いたら警報を2度も鳴らしてしまいました・・・。

ジェイクまた固まってしまいました・・・。

しばらくしたら、キッチンまでおねだりに来ていたから大丈夫かなぁ。

ワークショップのほうは今月末までFDSAから購入可能です。おすすめです。

コメントを残す

いただいたコメントは承認後サイトに反映されます。