ビデオ: Do As I Do (模倣学習)で教えたトリック

Do As I Do (模倣学習)で教えた新しいトリックです。

普通のクリッカートレーニングで教えたのと同じになってしまって違いが分からない画像ですが、食べ物などで誘導したり、シェイピングで新しいトリックの情報を得る部分がハンドラーの動きを観察して情報を得るだけで、他は同じなんじゃないかなぁと思いました。

物を使ったトリックを教えるのに優れているそうです。

箱に入るトリックもココは箱が怖かったのか中々教えられなかったんですが、Do As I Doだと一発で出来ました。

私が箱の中に入っているの見たから大丈夫だとおもったのかなぁと思います。

それを見ていたジェイクも一発で箱に入りました。

冬の室内のアクティビティによいとおもうのでおすすめです。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

ボクの家にネコがくるよ

東京都衛生局の動物愛護読本の名作「犬を飼うってステキですーか?」というのは有名ですが、動物愛護相談センター等から保護犬や保護猫の譲渡を受ける方法があることを紹介するアニメもあります。

保護猫、保護犬を迎える予定がない場合でも、参考になる情報だと思います。

東京都動物愛護相談センターから譲渡を受けるには、講習会が2回もあるって、面倒だというより、すごくお得感があるっておもってしまいました・・・。

うちにも猫が来るのかとちょっぴり心配のココに応援のポチィをお願いします。
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

ワンちゃんスペシャルの反響 (2)

NHKの番組に出ていた例の訓練士のところでダメになった犬をなおしているというビヘイビアリストの方がいました。

「最終手段で仕方がない」という理由は論破できると思います。

ドキュメンタリーのほうは意図的な脚色に影響されたくなかったのでみなかったそうです。

私も彼の前の獣医師さんが素晴らしい人だったので、その人と並べられて得した部分もあったんじゃないかと思います。

やはり動物虐待を美化し、正当化するような演出で放送されたことが問題だと私もその点に同意できました。

ちょっと怖かったのが、やっぱり訓練が終わった後も家で飼い主が同じようなことしなきゃいけないそうです。

詳細は書かれていませんでしたが、体験者が体罰の方法を身につけなければならないようなことを書いてあるのを読んだので、それってなおったとはいわないんじゃないかと思いました。

叱るしつけと褒めるしつけでダメになって、トレーニング不能になって訓練所に引き取られた白い犬、凶暴な犬の目はしてなかったし、保護してあげてほしいです。

(ビデオは1.5倍でもみてもいいかも。)

咬む犬で悩んでいる場合は、プロの手助けは必要だとおもうので、しっかりしらべて犬にとってもよい方法を見つけられるようにならなければとあらためて思いました。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

ビデオ:ジェイクの初泳ぎ

ちょっと古いビデオですが、キャンプシーズンが始まる前にココとジェイクを湖まで連れて行った時のものです。

ココは、ボールのために水に入るほどボール遊びが大好きになって、泳ぎも得意になってきたころです。

ジェイクは、初めから水は平気でしたが、泳ぐときに耳が水に漬かるのが嫌だったみたいで、ボールのために泳ぐ気にはならなかったので、ココの邪魔を楽しんだようです。

本当は泳げるジェイクに応援のポチッをお願いします~。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

愛とは

行動分析学の創始者スキナーの名言より

「愛とは陽性強化を用いることの別名である。」

愛の鞭なんてない。自分の脳をフル回転させて鞭を使わない方法を考えるのが愛だという意味かなぁと解釈しました。

子供でも犬でも抱えている問題が多ければ多いほど、より多くの強化子を受ける必要があると思います。でも、問題があるものに対して厳しさを強いてしまう、罰しないと気が済まないとかでどんどん強化子をうける機会が減ってしまう傾向にあるんじゃないでしょうか。

また、自分の人間の小ささに気づきました。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村