拾い食い

散歩中の拾い食いで愛犬がなくなった話を聞いて、気持ちがどんよりしてしまいました。

直接会ったことないけど、ネットで知っているだけでも哀しくなることありますよね。

犬が食べても安全なものだったけど、2次感染的なものだったようです。

うちでは拾い食いを全面禁止にはしていませんが、安全確認がとれないものは食べてほしくないので、自制のトレーニングはしています。

自制のトレーニングは、かわいそうって思われがちですが、止めなきゃいけない行動が止めやすくなるので、犬にとっても利益はあると思います。

ナゾの食べ物が公園に捨てられていました。

ドイツのような動物の福祉がすすんでいるイメージがある国でも、毒入りのソーセージがまかれることもあるので、拾い食いしないトレーニングは大切なんだそうです。オフリードの時でもしないようにするのは大変だけど、そのレベルまで頑張っているようです。

ジェイクがうちにきたころ、ビーチでの拾い食い(おっさんも、食べて問題が出るという問題意識がありませんでした。)で生死をさまよったことがあるので、今回の話で余計にショックを受けました。

それにしても、ジェイク生き延びてくれてよかった・・・。

より良い方法を考える

犬のトレーニングは何をとっても批判がつきものです。生き物を相手にしているわけだし、「これだ!」と思った方法が古くなることがあっても当然だと思います。

最近、意図的なストレスをかけたほうがよいかというのが、論議のポイントになっているのをよくみかけます。

こんなに簡単にしちゃっていいのかぁ?って思うぐらい、簡単にしちゃってるんだけど、古典的条件付けに重点を置いているので、簡単で楽しい~という気持ちを植え付けることのが優先するってことなのかなぁと思います。

自制のトレーニングも、刺激コントロールであるという見方で我慢を強いることがない方法が出てきています。

それで、ココもジェイクも「ゼン・ロジック」でやり直すことにしました。

「イッツ・ユア・チョイス」も、自分が人の手を動かしているっていると感じられるタイミングで出来れば、目がキラと輝く犬もいたけど、クレクレと興奮気味の犬だとストレスをかけ過ぎないでやるのも難しいと思います。(友達の犬とやって咬まれた人もいます。)

「ゼン・ロジック」は食べ物をカバーするステップがなしで、待つことを教えられるので、ストレスのレベルが高い状態で、少しでも自制を入れたいときに有効なんじゃないかなぁと思います。でも、ココもジェイクも自制のトレーニングしたことあるので、どの程度ストレスなく出来るのか不明ですが、シェルターなどで使えたらいいなぁと期待しています。

古典的条件ベースか、選択ベースで、どのような違いがでるのかなど、興味があります。

陽性強化バージョン2と称して、従来の陽性強化のトレーニングに改良をくわえる動きもあるので、「やっぱり殴らないとダメだよな」と後退するより、子供がみて可哀想になる方法を使わなくてもよい方法を考え出すよう前向きの姿勢が必要なんじゃないかなぁと思います。

ペットショップからの情報?

犬蹴り上げ動画の飼い主の女性にインタビューしている番組がありました。

一貫してしつけだと主張している飼い主。

しつけだと動物虐待にとわれないので、この時点でしつけだと主張するのもわかるんですが、ナルシストな性格と間違った情報で思考が歪んでしまったんじゃないかなぁと思いました。

「人間の言葉を理解するように、一緒に人と生活するようにってことで、」寝るのも一緒だったそうです。

外につなぎっぱなしとか、長時間留守番させていることが問題なくって、24時間一緒で子供同然に接している「私」がどうして問題なのよと言わんばかりです。

インタビューでは、主語が抜けていたのですが、テロップで(ペットショップから)となっていました。

「(ペットショップから)教えていただいた頭なでてね、そういうしつけをした後はよくかわいがるといいって。。」

ペットショップからの情報?

この方法は、昨年話題になったNHKの番組にでていた訓練士の方法と同じです。

蹴った後、可愛がるってDVじゃないですか。

排泄の問題は「ペットと飼い主の知恵比べみたいな」状態だったそうです。

ペットと知恵比べとか、力関係を心配しなければいけないほど弱いなら動物と暮らす必要はないじゃないかと思います。

保護後、病院での検査で、重度のぼうこう炎であることが分かったそうです。これきいて自分が間違っていたことに気づいてほしいけど、難しいだろうなぁ。

「足をつかったしつけ」は前からしていたそうですが、これはTVの影響でしょうか?

犬はもうすぐ16歳ということなので、ペットショップからの情報といっても16年ほど前の古い情報だと思うけど、やっぱり「飼い主免許」のようなシステムが必要なのかもと思わされました。

この飼い主のようなケースは、動物保護法で罰せるようにするより、再教育の機会が与えらえるようなシステムのほうが良いと思います。

でも、何を基準にすればよいのかさえ分からないという状態が一番問題なんじゃないかなぁと思います。それにしても、「ペットショップからの情報」は一旦捨ててほしい。

犬蹴り上げ動画、しつけならよいのか?

飼い主が散歩中の犬を蹴っている動画が拡散され話題になっています。

動画をみた動物保護団体によって犬は保護されたそうです。よかった。

16歳のラブラドール・レトリバー。

撮影をした人は、飼い主と直接話をするのは怖かったので、ネットを通して拡散することにしたそうです。

16歳の犬を蹴れる人に話しかけるのは確かに怖いかも・・・。

飼い主は、「たった一か所だけ見て判断するのはいい加減にしてほしい。」と言っていました。そして、しつけだと主張しているそうです。

動画では、何を基準にして蹴っているのかわかりませんでした。飼い主の足の動きで蹴られるのがわかっていて、蹴りを入れる少し前に犬は飼い主のほうをみているようでした。それで、飼い主のことを上目遣いでみるのが気に入らないとかっていう理由かなぁと思いました。

メディアからの情報だと、「家中でおしっこをする」からと説明しているとなっていました。

散歩中に用をたさないから、イラっとしたとか・・・。

サービス犬かなぁと思ったほどおっとりした感じのラブでした。これからは優しい人間に囲まれて幸せな時を過ごしてほしいと思います。

犬映画番外:Dog Wick

ジョン・ウィック2の公開前に作られたジョン・ウィックのパロディーです。

設定が犬とジョン・ウィックが逆になっています。バイオレンスなシーンがあるので苦手な人はパスしてくださいねぇ~。

ジョン・ウィックは初回から犬がらみのストーリーで犬好きをターゲットにしているのか、孤独な人間は犬をよりどころにしているといいたいのか2でも相棒としてピットブルが出演しています。3の予告編では、マリノアを2匹つれた女性が登場していたけど無理やり犬がでてくるように脚本書いたのでしょうか。犬が出ていないと映画観ない層が増えてきているのかも?

またまたビーチ散歩

晴れたのでビーチ散歩。

冬の良いお天気は貴重なので、ココもジェイクもハイテンションです。

犬も冬のドンヨリは感じているだろうなぁ。

おっさんの横で一休みのジェイク。

ココにしては珍しく、ゴロゴロの姿勢でジェイクとじゃれていました。

こんな流木をみつけたので、ココを登らせて記念撮影です。

ちょっと嫌だったみたいだけど、自信をもってのぼってました。

貸し切り状態でビーチで遊べたのでココもジェイクも満足だったと思います。

元保護犬が主役の犬映画「A DOG’S WAY HOME」

今年の犬映画は、今劇場公開中の「A DOG’S WAY HOME」です。

撮影中の動物虐待の疑いがかかった犬映画「A Dog’s Purpose」と同じ原作者の本の映画化です。

この原作者、例の動物保護団体に目をつけられているみたいで、「A DOG’S WAY HOME」が出版された時にも批判されていたようです。野生動物との交流や野生動物の習性を正しく表現していないとかの理由だったみたいです。フィクションなんだけどね・・・。そのシーンは映画でもCGが使われてもっとリアルに表現されているので、また文句がでるかも?

ストーリーは、大好きな飼い主と楽しい生活を送っていたけど、迷い犬になってしまった犬が、いろんな人や野生動物に出会いながらも、飼い主のもとへ帰ろうとするお話です。

主役の犬、ベラを演じるのは元保護犬で今はセラピー犬をしているシェルビー。このビデオで、シェルターの犬舎にいるシーン、実際のものなのか、再現なのか微妙ですね。。。元飼い主がみたらびっくりかなぁ。ところどころこの犬に似た犬かCGが使われているのかなぁともおもうんですがどうなんでしょうね?

前回の犬映画に続いて、予告編でストーリーがわかっちゃうので、映画観る予定だと予告編は見ないほうがいいかも。アメリカ人って結末が見る前に分からないと映画観れないのかなぁ。

インターナショナル版の予告編は、さすがに最後までみせてませんね。(苦笑)CGやアクションシーンが強調されています。

犬の帰巣を描いた古典的なテーマなので安心して楽しめそうな映画だと思います。オンラインで観れるようになったらみようかなぁ~。

追記:スタントとトリックを担当しているのはホワイト・ゴッドの主役の犬なんじゃないかなぁと思います。でしょ?使われた犬の裏話知りたいです。

barkpostより

最近人気のココ似の犬種

ドックスポーツをする人たちの間で、Koolieというオーストラリアの犬種が人気になっているそうです。

wikiより

Koolieってコリー(collie)の綴り間違いだと思っていました。ボーダーコリーの血筋に問題が多すぎるというのも人気が出来た理由みたいです。ボーダー可哀そう・・。

ココ似の毛色も。

wikiより

オーストラリアの犬種をいろいろ混ぜた雑種って感じもしないでもないですが、厳しい土地で開発された犬種だから丈夫なのかも。ボーダーより短髪なのも手間がかからなくってよさそう。

オーストラリアの牧羊犬種は、単独で仕事をするので独立心がつよいとか、ちょっと繊細なところがあって、ボーダーコリーが好きだった人が好きになるものかなぁと疑問に思う点もあるんですが、人気が出ても犬種を壊さないようにしてほしいと思います。

新しいカメラで新年

私は不便を感じていなかったんですが、おっさんがクリスマスプレゼントに勝手に新しい携帯をくれました。

いつものカメラとちょっと違う感じのうつりかなぁ?


昨年は私にとってもつらい年でしたが、学びもあったと思います。

ココが元気なうちに羊追いをさせてあげたいという目標はまだまだ遠いけど、平凡な散歩で満足してくれるココに感謝しています。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。 にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

ジェイクとリッチなドックパーク

クリスマスは街中がよいとおっさんがジェイクを連れて街へ出てきました。

ダウンタウンで用事を済ませた後、高級住宅街にあるドックパークへ。

ジェイクは、前回いったドックパークでちょっと迷惑なヤツになっていたのでどうなるかちょっと心配でした。

思っていたより混んでいたので、さすがのおっさんも「ジェイクはリードのままだなぁ」と言っていました。

でも、入っていきなりジェイクをオフリードにするおっさん・・・。

ジェイクは嬉しすぎて困惑しながら、相手してくれる犬を探してました。

ここのドックパークやっぱり、来ている人の雰囲気が違うのは、ジェイクも察したようで、いつもより抑え気味でした。

小さい犬ともうまく遊べました。

メスのレトリバーにちょっと相手してもらってまた調子にのってきたので、レトリバーは水へ避難。

ココはマイペースでボール遊び。

ジェイクにとっては楽しい祭日になったと思います。

後で、おっさんもジェイクの場を読むスキルには感心したと言っていました。

ジェイクもちょっぴり大人になったなぁ~。

森のクリスマスツリー

いつもの散歩道で、クリスマスツリーをみつけました。

ツリーの前で座ってくれたけど、いつものごとく撮影に協力的ではないココだけど、季節ものの写真少ないからこれでもいいよね。

いつかサンタさんと記念写真とれる日はくるのかなぁ~。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。 にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

チルアウト

ジェイクは興奮症なところがあったので、室内ではリラックスしてすごせるように行動を強化するように気を付けてきました。

もうすぐ4歳なので、年齢も関係あるかなぁともおもうけど、何もないときは、くつろぐのが得意になってきました。

0から8ぐらいまで一瞬だからまだまだ気を付けないといけないけど、庭でつながれて飼われていたら、もっと激しくなったタイプだと思います。

近所に庭にずっと出されているジェイク似の犬がいるけど、ビデオに撮りたいぐらいかなり激しいです。

仕事するために作られたようなハイドライブな犬種はくつろぐことを教えないとずっとスイッチがONのままだとか。

先日、刺激もないのにずっとスイッチがONなのはハイドライブとは言わないんじゃないかという話をしていたトレーナーがいました。スイッチがずっとONな犬をよいことだと解釈して繁殖するブリーダーもいるみたいです。理由もなく、ずっとONのままなのは犬にっても辛いことなんじゃないかというお話でした。

でも、やんちゃなジェイクが恋しいなと思っていた矢先に、建物の裏でシカやコヨーテをみたので最近狩猟本能がマックスに・・・。

木にものぼっちゃいます。

狩りをしていないときは寝ているライオン?

ココは牧羊犬なのか24時間忙しそうで、ジェイクみたいにチルアウトすることがないので、休めるのはいいことだなぁと思います。

アオレンジャー・ジェイク

これもおっさん提供の写真です。

ジェイクの写真撮るのにハマったみたいです。苦笑

先日かったジャケット、リバーシブルで表は青でした。

一応カメラ目線だけど、やっぱりおっさんがカメラマンだと表情硬い・・・。

おっさん、ジャケット買った時、新しいものにはしゃぎすぎて、一緒に買ったジェイクのおやつ何処かに置き忘れてしまって機嫌なおすのに数日かかってました。でも、お店の人がみつけてくれたそうでまたはしゃいでました。

ジェイクとおっさん、似た者同士。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

いなかっぺジェイク

おっさん提供の写真です。

ジェイクが寒がりなのに気づいたみたいでちょっと大きな町へ買い物へ行ったときにジャケット買ったそうです。

はんてんみたいだけど、ジェイクを気づかって買ったものだからいいかなぁと思います。

おっさんが写真撮っているので、ジェイクの顔は緊張してますが、おっさん曰くジェイクはジャケットを気に入っているそうです。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

勇気をだそうゲーム2

ペットボトルを倒す遊びです。

ココにとって遊びなのか謎ですが・・・。

はじめはカーペットの上で、Do As I Doでボトルを倒すことを教えました。

階段の上からも落としたんですが、2度目は階段に落ちないようにボトルを倒していました。

やっぱりココ、怖いもの回避の学習は早い。

ちゃぶ台返しのトリックにしてみようかなぁ~。

ココとジェイクに応援のポチッをお願いします~。
にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

食べる時間

人のプチ断食もちょっと流行っていましたが、犬も8時間から10時間の決められた時間枠に食べると良いという話をしている人がいました。

犬を使ったリサーチは見つからなかったんですが、ネズミを使ったリサーチで似たものがありました。

9時間から10時間の間に食べるようにすれば、肥満や糖尿病などの予防に効果があるという内容です。

Eating in 10-hour window can override disease-causing genetic defects, nurture health

うちの場合だと午前6時半から午後4時半の間に食べることになります。

夕食が午後4時半ってちょっと早いかなぁと思ったけど、夏時間の5時半なのでココは早く食べられてうれしいみたいです。(昨年は冬時間になれなくって4時に食べてました。)

4時半に食事が終わって、次の食事まで14時間寝ててもよいと思うけど、昼間も暇なときな寝てるし、退屈しないかなぁと心配になったので、カミカミするものを提供してみました。

ココ、鹿の角噛まないのにすごい不満そうです・・・。

ソフトなタグトイで納得してくれました。

他にもスキンシップタイムも試していますが、これはすごく迷惑がられているかも。

活発な時間とまったりな時間とメリハリついて、ココもジェイクも調子いいみたいです。

でも、プチ断食は、私が一番必要かも。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

遊びについて

遊びと脳の関係が注目されるきっかけとなったスチュアート・ブラウン医師のマイクロソフトでの講演をみました。

[youtube検索すると出てきます。Play: How it Shapes the Brain, Opens the Imagination, and Invigorates the Soul]

同タイトルの本も翻訳されているようです。

遊びスイッチ、オン!―脳を活性化させ、そうぞう力を育む「遊び」の効果

スチュアート・ブラウン医師は1960年代におきた銃乱射事件の犯人の過去を調査した人です。その過程で、犯人が子供時代に遊びを禁止されていたことなどから、遊びと脳の発達の関連性に興味を持つようになったそうです。

体験的に感じていたこともあったけど、ハッとする発見もいつもありました。

遊びのシグナルは、言語より前に発達したもので、動物共通ってなんかうれしくなってしまいました。

人の幼稚園での遊びについて語られていましたが、激しい遊びは成長過程で大切なものだけど、いじめや自分勝手な行動など反社会的な行動は大人が適切に止めなければいけない。

ブラウン医師曰く、「適切な遊びは親たちが嫌がるような遊び方」なんだそうですが、どこで止めるかは子供でも犬でも判断が難しいと思いました。

講演とは関係ないビデオですが、犬たちが激しい遊びをしていてもお互い遊びだとわかっているいるのがいいなぁとおもいました。

遊べるかどうかっていうのは、頭の良さや社会性の高さを示し種族保存の基準にもなっているようです。

人も犬も、一生遊び続ける大人にならない動物。

遊ばないと脳も古びてしまうので、遊び続けるというのが若さを保つ秘訣なんだそう。

[遊びなので、逃避が目的の快楽とは別です。]

そして、最後にながされた病院を訪問するピエロの男性の言葉から大きなことを学んだと思いました。

とてもつらい状況にある相手とも「遊び」使って深いレベルで通じ合うことができる。

遊びだから、自分の状態を説明する必要もなければ、達成しなければいけないノルマがあるわけでもない。

そこで、装着が難しいハーネスを指定されているシェルター犬のことを思い出しました。

嫌がって逃げる、吠えるで、私もすぐにあきらめていたけど、頑張ってみようと。

遊びのシグナルを出すことで敵意がないことを相手に伝えることができるかもしれない。

ハーネスを装着できた人のメモ参考にして、再トライ!

いつもなら視線外して吠え終わるの待っていたところで、「遊ぼうよ」風にオスワリとお手の合図でおとなしくハーネスをつけさせてくれました。

メモにも合図ややさしく話しかけるとよいと書かれていたので、これがその犬とってわかりやすいルールなんだと思います。

視線外して吠え終わるの待つってなんか愛想なかったなぁと・・・。まだまだ、犬たちに鍛えてもらっています。

本のほうでは、遊びのタイプも説明されていて、自分探しにも良いのではないかと思います。

What’s Your Play Personality?

ちなみに、ココは探索家と体を動かす遊びのタイプかなぁ。

講演のほうは最後のQ&Aの質問も興味深かったです。

本のほうも機会があれば読んでみたいと思います。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

トレイルがあった!

久々の初めての場所です。

ココ、7歳のLLWトレで、スポーツフィールドがある公園へ行きました。(*LLW: リードを引っ張らないで歩く)

今まで気づかなかった橋があったので、行ってみるとトレイルになっていました。

トレイルからちょっと外れたところでキャンプしている人たちもいたのでちょっと警戒モードなココです。

引っ張り癖は、ココをアダプトしたときに取り組んで、私の腕が痛くならない程度まで改善したので、メンテもしないでほったらかしにしていました。6-8割は横について歩ける感じです。

なんらかの興奮する要素があるときはできないので、初めての場所や興奮しやすい状況でも落ち着けるようになるためにLLWトレがいいじゃないかなぁとおもって取り組むことにしました。

ここでもパピー状態で興奮していたので、場になれるのが早くなるように練習していきたいと思います。

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村

信頼の修復

イカツイおやじがすごいセクシーで紹介したことがあるNew York Bully Crewの映像がThe Dodoで取り上げられていました。

強面の男性の優しさって癒されますね~。

彼のレスキューが男性に対してすごい攻撃性をみせるピットブルを引き渡したいと依頼をうけます。

口輪をしていなかったら、レスキューのスタッフも噛まれていただろうという勢いです。

女性の話によると、犬は元彼の犬で、だんだん飼い主の男性のことを信頼しなくなってしまったそうです。でも、本当のことを言いづらそうです。

レスキュー側が、「元カレが犬を殴っていたか」とダイレクトな質問をすると、いつも殴っていたわけじゃないけど、犬を蹴ったりしていた。とはっきりと暴力をふるっていたことをみとめません。

殴ると蹴るは違うとか?

女性は、試せることは試したし、犬をシェルターに連れていくことかんがえられない。悪い犬じゃない、私の家族のことも愛しているといいます。

レスキューの男性ははっきりと、「いや、悪い犬ですよ。でも、犬の責任じゃない。だからと言って、改善がみこめないわけでもない。この犬は、環境の産物で、環境がめちゃくちゃ(放送禁止用語)だったんだ。」といいます。

そして、車に犬を乗せて、「一週間で俺のこと好きになるからなぁ。」、かっこいい~。

8日後: 口輪をとって散歩できるようになります。そして、彼は、「愛」と「時間」と「忍耐」があれば、どんな犬もよくなる、壊れた犬なんていないといいます。

9日後: 静かにそばに寄り添って、「撫でて」というのを待ってあげています。

11日後: ほかの犬と一緒に散歩もできるようになりました。対犬の攻撃性があると聞いていたけど、他の犬をみても反応しません。[この時にはチョークチェーンも外していたので、大丈夫だとレスキュー側も犬を信頼し始めたんでしょうね。]

15日後: おもちゃを交換できるようになります。

17日後: ボールを投げてもらうのにオスワリも出来るようになります。

26日後:   男性の側を歩けるようにもなりました。

ディーゼル、また人のことを信頼してくれてありがとう!

にほんブログ村 犬ブログ MIX中型犬へにほんブログ村